最近また一件ご契約をお断りしてしまいました。


これはごく、最近の事でしたが物凄く文字に拘りのあるお客様に出会いました。当社の場合は「オリジナル建墓」を売りにしているので拘るのは問題は無いのですが、、、一番困るのは、拘るのに「こちらのお願いを聞いてくれないお客様」です。写真は某霊園の壁墓地のプレートでお願いしたことです。普通に●●家と彫る方が多く、通常は字体と文字の大小位にしか拘りません。 ですが、このお客様の場合はまず、そこから拘りがあり、現地案内の時に文字のバランスを見られました。その中から「当社制作の物で一番文字の配置が好みの物を選ばれ、この大きさと配置でお願いしたい。」その様に言われるのです。 ですが、この文字は実はそのお客様が用意した文字なので、通常の彫刻屋さんの文字の中にありません。お金の追加も極力したくないというので、中国の文字工場にお願いして「(番号)と同じバランスと似たような文字を選んで作成してと頼みました。」 本来は当社の場合は文字が決まらなくてもご契約をするのですが(ちょっとした物なら何でもサービスしてしまうので)この方の場合は「拘りがありそうだな。」と思い「文字見本を見て気に入って頂けたらご契約しましょう。」とこちらから延期。完成した文字見本をお見せすると、文字のバランスが好みで無いと言われます。具体的には「文字の中の1文字のみ大きさを変えて下さい。」と言うのです。「バランス的におかしくなりますよ。」とご提案すると、「それを決めるのは貴方でなくお客の私だから」まぁそうなのですが、文字工場に聞いて見ると可能だけど、数ミリ小さくした所で原稿には反映されないから「指示書で寸法を指示して欲しい。」そう言われました。そのままお客様に伝えると「反映されたものが見れないんだ。」と、「数ミリの差だと反映がされないので、そのままの原稿で数字のみの指示になります。」と説明。「それじゃ怖くてお願い出来ない。」その様に言われるので、「それであればご自身で用意して頂ければそのまま彫るので、作成してくれませんか。」「安く文字を書いてくれる書家の先生がネットでいますので正面文字のみ作成されては如何ですか。」そんな感じのやり取りをしました。「文字が嫌いなのでなくバランスだけなんだ」と言うので私の方も少し考えて上記の写真の様な物を作成して見ました。文字が嫌いで無いならこんな感じで寸法指定すればお客様の好みのバランスになると思ったからです。 結局、面倒臭くなったのか「最初のままで良い」に。次に引っかかったのは「建立者名」です。ここを伸ばして欲しい。との事でした。ですが、普通に考えて文字を間延びさせるのはおかしく見える可能性があります。これも文字工場に確認した所「可能だけど、おかしなバランスだからクレームをつけない条件なら」という事に。そのまま伝えると、これも「それじゃ怖くて出来ない。」そこで、もし宜しければ「文字の彫刻だけ日本にしますか」と提案します。勿論割り増しが掛かります。ですが、真壁に腕の良い彫刻屋さんを知っているので石だけ仕入れて「そこに彫刻を依頼」して直接お客様とやりとりさせれば良いか。そう判断しました。ですが、「それじゃせっかく石の坊さんで安く買えるメリットが減る」との事。次に当社から「当社でなく、ご要望通りのお墓を作れる会社をご紹介しましょうか?」と提案。
(勿論、紹介料なんて貰いません。)先輩の石材店で、元が文字彫刻屋さんからスタートした石材店があったのでそこを紹介しようと思いました。がそれも嫌だと言うのです。 そして最後が「妥協するしかないのかな。」、、これを聞いてしまったので、、、失礼かと思いましたがお断りさせて頂きました。 お墓は一生の買い物です。だから「妥協はして欲しく無いのです。」だって、100%の望むお墓が手に入る方法があるのに、、それを妥協して欲しくない。嫌な言い方かも知れないが、そこを妥協したら、「いつか自分のお墓に対しての愛着が持てなくなる。」そう思いました。当社は安いのでそのまま契約すれば良いのかも知れません。ですがここまで「妥協して契約して頂く」とその行きつく先は「あの石屋に頼まなければ良かった。」に繋がります。 実際にこの方の場合は実は神奈川なので霊園案内1回、自宅訪問2回しているので結構利益的にもきついのですが、気分を害するのも覚悟してお断りさせて頂きました。もし、拘りの墓石、妥協しないお墓を作りたいなら石の坊まで激安価格で対応させて頂きます。