墓石は安い石材を選んでも良いんです! 

都営霊園での案内会や事務所での面談が盛況です。

そこで、最近良く、吸水率や品質を気にするお客様が結構います。

中には、図鑑やインターネットで細かく調べる方も居ます。

ですが、個人的に言わせて貰うと「そんな事気にしても仕方ありません」

お墓の場合は本来は「石の品質よりも実は立地」に左右されます。

家で考えて下さい。

川の傍に家を建てたら湿気が凄いでしょう?

海の近くに家を建てたら塩害が凄いでしょう?

石の品質に拘るのは「そういった場所」ならではと思います。

そういった場所で建てるなら、気にする必要もあります。

実際に当社でも九十九里や安孫子等で建てる場合は石の提案を厳選します。

ですが、そういった物の影響を受けない地域なら「どんな石を選んだって問題はありません」

但し、その石本来の状態を知った上ならです。

例えば、水を吸う石の代表に上げられる G614だって普通にお寺や霊園に建っています。

G645も同じです。 あえて選ぶ必要はありませんが、大手石材店が物凄い数を販売したので沢山建っています。

そして、その多くのお墓は普通に使われています。

水を吸った後の姿を見て気にならないなら…少なくとも東京近郊なら何の問題もありません。

当社の場合は、実際に現場で水を吸ったG654やG614をお見せする場合もあります。

「これの事なの? これ位なら全然気にならないよ」という方もおれば「やっぱり水吸うんだね」と気にする方も。

つまり、「これの事なの? これ位なら全然気にならないよ」というお客様にはG614だってG654だって悪い石ではなくなります。

逆に「やっぱり水吸うんだね」というお客様には良くない石になります。

自分にとってのベストの石は石材店のお勧めではなく「本当に自分が気に入った石」です。

アドバイスや情報に左右されるのではなく、本当に自分がその石が好きなのか考えて見るのも必要です。

写真は実際に外柵に使用されていたG654とG614です。

参考までですがここまで作っても石の坊なら総額68万円です。


石の坊が安いのは石を使わないデザインだから、その様に言われた業者があるそうです。ですが、石の坊の本領は実は、「豪華であれば豪華である程実は他社に比べて安くなります。」図面の墓石は実際に依頼のあった物です。千葉のお寺様に納品予定です。石は白御影(G697 623や614よりは高級です)ですが、墓石代金、外柵代金、墓誌代金、塔婆立て代金、積立費、彫刻費、戒名彫刻費、基礎代金まで全部入って税抜き総額68万円消費税を入れても総額で73万円です。茨城、群馬で修行したので結構豪華なデザインも石の坊は得意です。もし豪華な墓石がお好みであれば、豪華なデザインとご指定頂ければ、豪華なデザイン墓石も激安価格で提供させて頂きます。

高級石材も実は結構販売しています。

良く、激安の墓石店は安い石材ばかり販売している、そう思われるかも知れないですが、実は、石の坊の場合は「高級石材」も結構沢山販売しています。その理由は高額販売している石材店の614の価格でインド黒が建てられたりするからです。又、どんな石材を購入いただいても工場のランクから全部説明致します。その為、クンナムEレベルの石で年に十本以上、スエーデン黒レベルで年に3本~5本、国産大島で年に1~2本位はでます。 M1-Hやインパラブルークラスも結構販売しています。 特に最近多いパターンは他社の「インド山崎」の金額でM1-Hやクンナムが買えるんだと感動して購入して下さるお客様が増えてきました。 実際に都営霊園の現地案内をしても「高級石材も多いね。」と言われるお客様も多いです。 安い石を安く販売するのは個人的には本当の激安墓石店では無いと思います。高級な石材をも薄利で販売するのが激安の墓石店なのだと思います。 意外かも知れませんが、当社が文京区にあるせいか、六本木や青山や成城、田園調布の方からの墓石の建立依頼も多く受けています。高級墓石も石の坊にお任せ下さい。 (写真はクンナムEを美術工場レベルで加工した物です。)