国産墓石についての考え。



国産墓石の国内加工について、今回は書かせて頂きます。

国産墓石で国内加工で墓石を建てるなら、基本はシンプルに建てるのが理想です。

何故なら、複雑な加工やオリジナル墓石を国内加工で建てても、それは「国内加工」には見えません。

実際に真壁近辺の石材店に聞いても、「総丸面取り加工」を施すようにお願いすると

「中国加工にしか見えなくなるけど大丈夫か?」そう言われます。

「国内加工の良さはシンプルさにある。」私個人としてはそう思います。

都営霊園の古いお墓を見て頂ければ解るのですが、凝ったデザインのお墓は少なく

石はふんだんに使ってはいますがデザインはシンプルな物が多いです。

地域差はあると思いますが、少なくとも「都営霊園」で考えるなら、青山霊園も谷中霊園も、多磨霊園、

小平霊園、八柱霊園も国内加工のお墓はシンプルな物が殆どです。

30年くらい前だと石屋の親父はオリジナル墓は嫌いな方が多く(東京近辺だけかも知りませんが)

「そんなチンドン屋みたいな墓は作れるか。」そうお客を怒鳴る人も居ました。

ですが、この無骨な親父が作るようなお墓にこそ「国内加工」の良さが染み出てきます。

写真は当社の展示場にある、国内加工の真壁石のお墓です。案外加工が少ないのが解ると思います。

ちなみに加工が少ないので、思った程は高額にはなりません。

都営霊園で2㎡位までなら、予算が100万も見て頂ければ「加工証明」「産地証明」のしっかりついた、

真壁石と稲田石のお墓がしっかり作れます。 国産墓石も石の坊までご相談下さい

ショールーム準備中


まだご契約期間前ですが大家さんのご厚意で荷物の搬入を許可して頂けました。写真の石材見本は「国産墓石」の石材見本です。左2列が「中国加工可能な国産石材。」「真ん中付近の石材は国内加工の国産墓石で使う石材見本です。」一番右が「海外の石ですが、日本以外仕入れていないので国内加工でしか手に入らない墓石用の石材です。」 これから、中国で作成した墓石のミニチュアが4基、国内で加工したミニチュアが2基展示して飾りつけや写真を展示して完成です。 本当に狭い展示室ですが、都営霊園のご説明に充分な物にするつもりです。なかなか時間が取れない方や仕事帰りにお墓のお話しをしたい方等、予約制ですが夜間対応可能なので是非ご利用下さいませ。 墓石のご用命は石の坊まで墓石のご用命は石の坊まで