国産墓石の再現を中国で行ってみました。何と45万円で販売可能です。

新作墓石プランを追加しました。

今回のテーマは国産墓石です。

国産墓石は欲しいけど予算が全然ない、そんな方に朗報です。

加工は中国ですが、限りなく日本に近い加工が出来る工場をついに探しました。

何故、そこまで自信があるのか? それはこの工場には日本人の指導者が居たからです。

そして、今いる職人のうち数人は技術を身に着ける為に日本の工場で修行しています。

その為、日本の加工や日本で墓石を作る際のルールも精通しています。

そんな、国内加工の方法に精通している中国の工場に、実際に国内加工で制作したことのある図面を提供して作成します。

その為、限りなく純国産墓石に近い物を中国加工で再現しました。

まさに限りなく日本加工に近い中国加工の墓石です。

今回は、都営霊園にある、日本加工で制作した物に近い和型。

鎌倉等で人気のあった、和洋中間型に当たる ご平がた。

そして、無骨な日本加工に近い洋型です。

日本墓石の神髄はシンプルイズベストです。

日本の指導員の居る工場は中国の工場でも加工賃は高いのです。

その技術の集積が詰まったこの墓石が何と総額45万円で販売します。(都営霊園限定)

墓石は何と茨城県産の真壁石と稲田石から選べます。

しかも、今回は販売を記念して、それぞれのデザインで各1名限定、消費税サービスします。

日本の墓石は欲しいけど、高いから無理、そう考えていた方、チャンスです。

このキャンペーンの詳細はこちらをクリックしてく下さい。

純国産墓石に近い物を中国で作る

純国産墓石を中国で再現する。

またこういう内容を書くと嫌われると思いますが、最近の私のテーマになります。

実は、純国産墓石の多くは加工をつけて作らない。

そういった前提で作ります。

国産の加工料金は高く、僅かな加工でも高額です。

その為、古いお寺等を見て回ると解るのですが、国産に拘って作ったお墓の多くは加工が余りついていません。

又、純国産加工に一目で解るようにするなら石の組み方にも拘らなければなりません。

特に、沢山の加工をつけてしまうと、関東辺りだと見た目が中国加工に見えてしまいます。

そこで、私の考えたのは私自身が墓石屋経験が永いので国産加工で作った図面を結構な数持って居ます。

その図面を元に中国で加工する。

その加工をする工場は「真壁で修行した職人がいる」「日本人の指導員がいる」「日本人の職人から指導を受けた事がある職人がいる」「日本の老舗の石材店の仕入れ先になっている」

その辺りを中国の工場からピックアップ。

文字に関してもメイドインジャパンの文字彫刻ソフトを使っている業者を選ぶ。

これで、加工は中国で行いますが「技術は日本の技術」で制作した、純国産墓石に近い、中国加工の墓石が作成できます。

真壁小目辺りや大島で作って見るのも良し、 クンナムやインドPAN等の高級な石材で作って見るのも面白いかもれません。

もし、ご関心がございましたら石の坊までお問合せ下さい。

中国の石を使って国内で加工する。、、、実は関東ではあります。


中国の石を国内で加工して販売する事はあるのか、、、通常であればありません。ですが、関東だけかも知れませんが「ある事はあります。」ちなみに「うちは中国の石も日本で加工している。」そう言って加工が多く安い場合は偽物が多いです。全部では無いですが。「中国の石でも国内で加工すれば高額になります。」そして必ず「加工証明」がついて、その住所にいけばちゃんと稼働している工場があり、「国内加工の中国墓石」「国内加工のインド墓石」やそれらの原石があります。何故あるのか? その理由としては、20年~30年遡ると中国加工の質が低く、中国の石でもインドの石でも日本で加工していた時代がありました。その頃は墓石工場に行くと、「インドの石は固いから加工が面倒でかなわん。」なんて職人が言っていた物です。 今でも、その流れで中国の石だろうとインドの石だろうと国内加工してくれる場所はあります。ただ、金額は高額です。 石の坊では過去に クンナムEEのお墓をお客様のご要望で国内加工で行った事があります。(写真は国内問屋の写真、赤い石はインド赤の原石。) ただ、国内加工の場合はシンプルなデザインで中国の石で作っても高額です。 ちなみ614で8寸角で国内加工なら、、中国加工の真壁石より高いです。 ありますが高額、それが正しい認識です。 国内加工がご希望なら少し高くなって良ければ承ります。 国内加工の墓石も石の坊まで。