都営霊園のルールには各霊園事にルールがあるので注意が必要です!またそのルールは変わってしまう場合もあります。

都営霊園の場合は作り方や寸法にルールがあり、そのルールの仕様通りに作れば基本的に良いのですが…それ以外にも各霊園事に独自に決めたルールがあります。

そのルールは管理事務所で聞かないと解らないという難しさがあります。

例えば、上のお墓です。

7年前には普通に「施工届け」を出して多磨霊園で作れたお墓ですが、今現在は作れません。

今この墓石を作ろうとして「工事申請」を出すと申請の段階で落とされます。

多分、この写真を見るだけで、多磨霊園に詳しい石材店ならその理由が解る筈です。

ですが、都営霊園に詳しくても、多磨霊園に詳しくないと???になります。

ですが6年以上前には普通に工事申請で通っていて…多磨霊園でも数墓建てています。

ですが、今はこのお墓は「多磨霊園」では建てられないのです。

ですが…「染井霊園」「谷中霊園」は問題無く建てられます。

実は、久しぶりに先日、当社でも図面の訂正を指示されました。

簡単な訂正なので直ぐに対応しました。

このホームルールは実際に建てた事が無いと解らないので、都営霊園で墓石を建てる際には、「都営霊園」に詳しい石材店に頼まないと大変な事になります。

都営霊園の墓石は石の坊までお問合せ下さい

 

 

多磨霊園の切図閲覧の注意! 個人の閲覧は「埋蔵施設使用許可証が必要」

つい先日の事ですが、お客様の家が霊園に近かったので、切図での寸法確認をお願いいたしました。1年前には現地確認、採寸をしたのですが、寸法が正しいかどうかを多磨霊園で、切図で再度確認をお願いした所…その結果は何と出来ませんでした!

その理由は個人の場合は身内や本人であっても、「埋蔵施設使用許可証」の原本を持参しないと切図は見せて貰えないとの事です。

コピーと免許証持参でも駄目だそうです…ご注意ください。

何故切図の閲覧を自分でするのか?

その理由は、それさえ押さえて置けば、「自分の区画番号を教えずに、石屋に見積もり」を依頼出来るからです。

多磨霊園で、間口1m×奥行き1.8m これだけ伝えれば、見積もり依頼ができます。

相見積をとられる方は、「区画番号を石材店に教えると嫌な思いするかも知れません」から相見積するのであれば、埋蔵施設使用許可証を管理事務所に持参の上、切図を見せて頂き、正しい間口×ただしい奥行きを自分で覚えて置いた方が得です。

ご注意下さい!

 

 

 

 

 

 

コロナウイルスの墓石への影響。

最近、色々な石材店がコロナウイルスの影響を言っているようですが、今現在はほぼ影響は出ていません。

しいて言うなら、石の加工でなく物流ででていますが、それも多少納期が遅れるだけです。

コロナウイルスの影響を考え、墓石の購入を延ばそうという考えの方もおられましたが、「正直もったいない」と思います。

例年、春節の前後に石の価格が上がる事が多いのですが、今回は上がっていませんでした。

また、中国は今現在、コロナウイルスの影響ではなく、環境の問題で石材は値段が上がっています。

その為、良い墓石を出来るだけ安く購入したいのなら、少しでも早く購入した方がお得になります。

恐らくコロナウィルスの収束するであろう、5月末~6月末と現在では使う墓石によっては10万円以上の差額が出るかも知れません。

もし、墓石の検討をしているのであれば、気にせず話を進めた方が良いと思います。

都営霊園の墓石は石の坊まで

都営霊園の情報のずれ

ホームページを作り替えた関係でそれぞれのページにずれが出ています。

青山霊園  https://www.isinobou.com/toei-reien/aoyamareien.html

谷中霊園 https://www.isinobou.com/toei-reien/yanakareien.html

多磨霊園 https://www.isinobou.com/toei-reien/tamareien.html

小平霊園 https://www.isinobou.com/toei-reien/kodairareien.html

八柱霊園 https://www.isinobou.com/toei-reien/yabasirareien.html

八王子霊園 https://www.isinobou.com/toei-reien/hachioujireien.html

雑司ヶ谷霊園 https://www.isinobou.com/toei-reien/zousigayareien.html

染井霊園 https://www.isinobou.com/toei-reien/someireien.html

 

 

3/2新システムスタートです!

本日より新システムスタートです。

今迄以上に激安価格に挑戦する為に新しくしました。

その名も「建墓家」システムです。

ただ、中国への発注はやり取りや金額が変動する為、今迄通りで対応させて頂きます。

他の物については、HP通りの対応が可能です。

詳しくは当社HPをご確認下さい。

都営霊園の墓石を安く作るなら石の坊まで

 

都営霊園に万成は向いてない。

最近、よく「万成」で建てたい。そういう相談を受けるのですが。

個人的に余り、お勧め出来ません。

その理由は 都営霊園には本当に綺麗な万成が山ほど建っているからです。

G663等が入ってくる迄 色が珍しい石と言えば万成でした。

多分、30年前に ピンクの石が欲しいと言えば万成になった筈です。

そうなのです、都営霊園の多くにはお墓バブルの頃に作られた 万成が山ほどあります。

「旬の時期にお金を掛けた万成が沢山あります」

そこに建てると..やっぱり見劣る感はいとめないと思います。

10年以上前に万成の龍王を販売しましたが、やはり古い万成には勝てませんでした。

避けるのも一つの手だと思います。

写真はお参りの方にお願いして撮影した昔の万成。

今の万成より、色濃く綺麗なのが解かると思います。

電車で工事申請に行ってきました!

この間、工事申請に各種、都営霊園に行ってみました。

「青山霊園」「小平霊園」「多磨霊園」「八柱霊園」「八王子霊園」に車ではなく電車で行ってみました。

いつもは車で行くのですが、あえて今回は電車でチャレンジ。

何故電車で行くかと言うと、もし電車で余裕で仕事がこなせるようになれば、「車を使わない」ように出来るからです。

多分、最後に経費削減できるのが車だと思います。

例えば 八王子霊園です。当社から車で行くと 高速道路の片道だけで2320円も掛かってしまいます。 往復4640円 それにガソリン代が掛かります。まぁ6000円位見とかなくてはいけません。

時間にしてすいていて片道1時間半。

お墓を建てる為に2回は行くとして、人件費除いて12000円は掛かります。

なのに、当社が八王子霊園での墓石販売の利益は3万円弱..つまりお客様との契約に1日使うと..3日間使った収入が18000円になります。

私はケチな人間です。

ですが、そうやって経費を削減した分は会社ではなくお客様に還元しています。

そこで、「車を使わないで」仕事ができないか挑戦中です。

上手くいけば、更なる墓石の激安化が期待できます。

写真は八柱霊園。

これは小平霊園。

案外、元々都営霊園は公園でもあるので、散歩も楽しめます。

暫く、体をつかってみて、辛そうなら元どおり車を使うかもしれませんが、

頑張ってみます。

安く墓石を作るなら 石の坊まで

 

 

 

 

現地案内会中止のお知らせ!

今迄、好評を頂いておりました。

各種、都営霊園での現地案内会を取りやめさせて頂きます。

その理由としましては

「最初から当社で購入しないのに見学をする方が多いからです」

ここ数件こんな事件がありました。

①当社独自の技術や石の話をすると嫌な顔をするお客様がいました。

先日、多磨霊園をご案内したら時の事です。

「この石は〇〇と言って扱っている商社が少なくまず手に入りません」

「その石の中国での仕入れ先を教えてくれないか?」

「この技術は当社独自の物で..」

「他の石屋さんがそれをやると、石の坊さんは訴えたりしますか?」

何か可笑しいですよね?

 

②「自分所でしか出来ない事を自慢するな」と怒るお客様が居た。

自分の所で作った墓石を案内した時に、技術や石についての説明をしたら不機嫌になった。

③「うちは原価から出していますから」そういう説明をしたら

そんな金額では真面な墓石は建たないんじゃないかと否定的。

どう考えても可笑しいので色々聞いてみたら。

「ネット販売の石材店が、当社は案内していないので石の坊さんで案内を聞いてきてください。その通りのお墓を作りますから」

「当社をライバル視している墓石店が、石の坊さんで案内を受けて、そのまま図面と見積もりを貰って下さい..同じ物を作りますから」

「遠隔地の石材店(茨城、群馬等)が当社で案内を受けて図面迄作って下さい」

いずれも自分の所で 都営霊園の現地案内をしない石材店が当社に案内させて図面を作らせていた事が解りました。

相見積りなら構いません..ですが「最初から買わない業者」に案内させるのは如何かなと思います。

高速代とガソリン代と半日を「買わない」業者に使わせるのはマナー違反としか思えません。

結果..かなり経営の圧迫がありましたので、暫くの間、現地案内を取りやめさせて頂きます。

 

 

 

 

 

 

良い墓石を激安価格で作る事は「より原価に近い金額で販売」する事です。

本当に、良い墓石を格安価格で手に入れたい。

その究極は、「原価に近い金額」で購入する事です。

例えば、同じ石が違う問屋にありました。 Aの仕入れ値が35万円。 Bの仕入れ値が42万円です。

石材店が、今迄Bの問屋で仕入れていたけど、お客が値引き交渉してきて5万円引いたから、「いつもはBで仕入れてきたけどAにしちゃえ」と仕入れ先の問屋を変えてしまう事があります。

これを「つけかえ」という悪い技法です。

何も知らないお客様は「5万円引かせてやった」と喜んでいますが、本来なら「磨きが綺麗で加工も上手いBで作られたお墓を手に入れられるチャンスが、値引きをさせた事だ、技術の低いAで作られた墓石を手にしてしまった。

そういう事になります。

「5万円儲かった」のではなく「2万円損した」事になります。

つまり、原価を下げる事により「利益を維持したり」「利益を上げる」事も可能なのです。

そう考えたら、お客様にとって本当にお得な墓石は、「より原価に近い金額で」手に入れた墓石だと思います。

原価が下がった分をそのまま反映してくれるなら..本当にお得だと思います。

 

最近、色々な石材店でこの「つけかえ」が多く見られるようになりました。

これを防ぐ方法は「仕入先を教えて貰う」「工事業者を教えて貰う」それが一番ですが、聞くとまず、教えて貰えません。

「墓石店の社長は自分のお墓を外注する場合は必ず聞いています」

知らない所で「誤魔化される」それが意外に多いのが墓石業界です。

今、殆どの墓石店はこの辺りは「ブラック」です。

 

今迄、高級石材店だった店が急に安売りになったりした場合は全部の仕入れ先を変える「つけかえ」が行われるケースが多いです。

(写真は 美術工場レベルの加工品)

また、特定の仕入れ先を決めていなく、広く多くの商社や工場から仕入れている会社も多いです。そういう会社は、技術が一定ではありません。

ただ、これはどうやっても「お客様」は知る事が出来ません。

もし、気になったら契約時に「仕入先の会社は何処ですか」「建込み会社は?」なんて聞いてみたら良いかも知れません。

自信がある会社だと、エピソードとか、そこに行くまでの経緯を教えて貰えるかも知れません。

教えてくれない会社でも優良店はありますが、簡単にでも教えてくれる会社は「確実に優良店です」

嫌な話ですが、この辺りも気にしてみないといけないのが世の中です。

墓石についてのお問い合わせは 石の坊 まで