石目について…ほぼ同じとしか答えられません。

最近、良く「この石目で間違いないですか」契約前に確認をとるお客様が良くいます。

石の坊では『ほぼ一緒です』としかお答えしません。

石見本は、商社から頂いた新しい物で、いまある原石と同じですがそれでも『全く同じ』とは言えません。

他の物に例えるなら『犬』や『猫』です。

チワワが欲しいと言って、ペッショップを見て歩いても1匹として同じワンコは居ません。

それと一緒です。

車やPCなら同じと言えるかも知れませんが…石は天然物です。

だから、細かい事を言えば『この世の中に全く同じ墓石』はありません。

あくまで『ほぼ一緒』であって同じではありません。

良く、「同じです」「これより綺麗です」という営業も居ますが、多分それは嘘の可能性が高いです。

特に、流石に日本の石は「古ければ古いほど良い石が多く、新しくなるにつれ悪い石になる傾向があります」(あくまで一般論です)

「ほぼ同じ」 これが一番無責任ではなく、誠意ある回答だと思います。

最近は10件に1件程、契約を断るケースがあります。

ここ暫くは、コロナの影響で暇になるかと思っていましたが…

当社に限っていうなら、忙しい状態ですが、売り上げが下がる。

そういった状態になっております。

理由としては

①墓石を購入するお客様の単価が下がった事。

以前は2㎡辺り50万円前後のお客様が多く居たのですが、今では30万円代のお客様で『これで良い』そういうお客様が多くなりました。

実はこれは当社にとっては嬉しいお客様なのです。

当社の場合は一部の墓石を除き、利益を固定していますので『安いお墓を即購入』こういうお客様が一番好ましいのです。

ただ、困るのが

②どんなお墓が作りたいのか『自分でも解らないお客様』が増えた事。

最近はコロナの影響なのか、時間があるお客様が増えました。

石の話から始まり、何回も図面を書いてようやく決まった。

その瞬間に、やっぱり違う石と図面で…を繰り返しするお客様が増えてきました。

勿論、一生に一度の買い物だから拘りたいのは解りますが…ゼロから再度スタートはキツイです。

当社の場合は…お墓や石を時間を掛けて見学して『これで建てたい』そう思った時から考えた方が良い。

そうアドバイスしています。

③色々な石屋さんに聞いて頭がこんがらがっているお客様が増えた事。

石屋さんは皆が同じ意見ではありません。

一つの図面に対するこだわりも石材店によって全く違います。

例えば、石の品質…仕入れ先が違えば見解も違います。

施工の仕方。

その石屋さんにより拘りがあります。

その為A社とB社で全く違う事を言う。

そんな事は山ほどあります。

当社とは言いませんが『信頼できる1社が決まったら、他の墓石店の意見はきかない』それがベストです。

特に相見積で負けた石材店は『嘘を言う』事も多いので注意が必要です。

当社の場合は②③の場合は契約を断るケースが御座います。

 

相見積について

ここ暫くは、おかげさまで、30万円台~40万円代のセール品のご依頼が多く忙しくてプログの更新が止まりかちでした。

今回のテーマは墓石の『相見積』についてです。

私の会社でも『相見積』を推奨しておりまして。

3社から5社にお見積りをとる事を推奨しています。

問題はその後です。

相見積の結果、1社で決めた後は『他の会社の話や意見を聞かない様にしましょう』

当社でも偶にあるのですが『石の選択』『デザインの仕様』『工事の仕方』について契約前に決めており、契約をしたのですが…

契約が終わった後、もしくはその直前に「他社の意見では」と急に違う仕様の話に変わるお客様が居ます。

お墓は大きな買い物なのでお気持ちは解りますが。

『見積もり、契約は、その会社のサービス内容や技術も含んで決めるべきです』

結構、営業マン等には『相見積』に負けた腹いせに逆恨みから『とんでもない事を言う』営業マンも居たりします。

先日、真壁石の相見積で当社が勝ち、契約になった所、競合会社の営業から連絡があり『もっと品質の良い石で安く作れるから話を聞いて下さい』とお電話があったそうです。

勿論、真面な話なら良いのですが…

なんと『庵治石細目極上 共石で 1.8㎡の墓石を作って税込み70万円』で作るからと言ったそうです。

しかも国内加工で…

どう考えても材料費も出ません。

石屋さんなら絶対に出来ないと解かる筈です。

ですが、お客様にはそんな事は解りません。

そして、その結果『キャンセルしたい』と言われました。

契約して翌日なのと、入金前なのでキャンセルを受けましたが、その日から4日間して再度契約をしたいとご連絡を頂きました。

詳しく話を聞くと、その会社に契約をする旨を伝えたら『出来ない』と断られたそうです。

しかも営業はそんな事言ってないの一点張り。

このお客様に何があったのかと言えば…『営業マンの腹いせ』に乗ってしまったのです。

営業マンによっては自分が売れなかったお客様に『腹いせに損した気分にさせたい』そういう悪質な者もいます。

その為『絶対に他社が出来ない事を悔し紛れに言った』そういう事です。

通常であれば『もう他で買った後なのでお客様は悔しい思いをするだけです』

まさか、キャンセルして買いに来るとは思いません。

その結果…こんな事になったのです。

相見積で負けた石材店は『悔しい』そういう思いを持っています。

私にもそういう気持ちはあります。

その為他で決まったお客様やもう購入した墓石の鑑定を頼まれるのですが。

『購入した墓石店を信頼するべきです』

『墓石の作り方は複数あり、会社によって作り方も違います』

としか言えません。

事実、都立霊園ではいい加減な基礎で傾いている墓石が多くでています。

その結果、最近の工事規定には『基礎について』の一文も加わりました。

結局は…『信頼できる石材店に頼む』、それしか無いと思います

 

 

納骨手数料について

偶に『納骨手数料』って何でしょう?

こう聞かれる事があります。

勿論、この金額は『お骨を納骨室に納めるお金』業者が貰うお金です。

大体の相場が3万円~3万5千円で行っている会社が多いです。

しかも、最初の納骨は『自分の会社』でやって下さい。

そういう会社が多いです。

当社では少しでも安くしたいとご要望があり『当社で購入したお客様に限り 1万5千円で受けて貰える職人を紹介しています』

これは当社ではなく、職人に直に払って貰っています。

この金額は…そうです原価なのです。

間に私が入る事によって生じるお金を無くすために『納骨.文字職人』に直に頼んで貰っています。

勿論、これは利益をとらない話なので『当社で作った方のみ』の特典です。

この1万5千円で

墓石の清掃 ←

花筒の設置や飾りつけ

納骨室の開け閉め

コーキング

こんな作業をしています。

ですが、当社の場合は『予算が無いし、納骨は楽そうだから自分でやりたい』そういう方もおります。

実際に慎重に出来る方なら、簡単な構造のお墓が当社は多いので自分でやって頂いても構いませんし、可能です。

まぁ、コーキングも今はDIYが流行っているので簡単です。

 

ただ、一つ、此処で考えなくてはならないのは『清掃』です。

初めて建った墓石の清掃は何時行うのでしょうか?

これは一般的なお話しですが、都営霊園の場合多くの業者は『完了届け』を出した後ではなく、『納骨』の時に行います。

この理由は3つあります

作ってすぐでは墓石用の耐震ボンドが完全に乾きっていないから触らない方が良いという実質的な考えがあり、水は使わない方が良いからです、その為簡単な、からぶきしかできません。

お寺等で墓石になるのは『魂入れ』してから、それまではただの石という考え。

折角、掃除しても納骨の日までにまた汚れるから。

等です。

そこで考えて貰いたいのは『納骨を自分でする』という事はこの掃除を自分で行わなくてはならないと言う事です。

納骨を業者に頼む場合は『心を込めて綺麗に掃除します』その時間はお墓によって違いますが大体30分から1時間です。

勿論お金を貰っていますから、職人は凄く丁寧に磨き上げます。

納骨する時にこの手間を惜しまない人はご自分でやれば、無料です。

ですが、折角だから綺麗な状態で納骨したいと言う方は職人に頼んで下さい。

その辺りの住み分けだと思います。

※私の知っている方は、最近出来た充電式の高圧洗浄機で掃除していました。

こんな方は.納骨を職人に頼む事は必要なさそうですね。

 

私のお勧めは『『初回のみ頼み』簡単に見えたら2回目から自分で』です。

最初位は頼んで全部やった方が気が楽だと思います。

自分でやる場合は『バケツ、雑巾、スポンジ、洗剤』などのご持参をした方が良いと思います。

 

 

 

 

「ふ」について②

国産墓石「ふ」

もう少し「ふ」についてのご説明をいれておきます。

この写真を見て如何でしょうか?

よく見て頂くと「黒い点」が竿石に幾つも入っているのが解ると思います。

これも「ふ」です。

勿論、黒以外に白もありますが、白は写真に写りにくいです。

花立のかさの上だから洋型の竿石にあたります。

これが綺麗だと思うかが、恐らく色々な面での分かれ目になります。

海外産の墓石より日本の墓石に良く現れます。

特に茨城県産の真壁小目や中目に現れ、この「ふ」の入り方こそが特徴です。

(写真は別の石)

結構沢山の「ふ」が入っていても、その事を良く知っている方は

「良い『ふ』が入っていますね」

「本当に一目でわかる素晴らしい墓石だわ」

と逆に喜ばれます。

国産の墓石にはこの「ふ」が入る物が多くあります。

嫌いであれば、インド黒などの黒御影を選ぶなど絶対に入らない石も選べます。

ただ。こう言った石目の「詫びさび」を楽しむのも、墓石の楽しみ方です。

国産墓石でお考えの方はご参考下さい。

 

 

 

 

 

特売のスターギャラクシー 追加

特売 墓石

此方がB級品スターギャラクシーの商品です。

見本で作成した物で、こちらの商品を更に特売価格で販売します。

B級品の理由は金のチップが少ない事。

逆をかえせば、普通のインド黒という事であれば凄くお得です。

インド黒の墓石を安く買いたいと言う方は必見です。

限定1名様

お問い合わせは 石の坊 まで

インド材 B級スターギャラクシー セール

 

以前に品質が悪い『スターギャラクシー』のお話をしましたが、実はこの度、僅かながらこの原石を購入しました。

何故質の悪い石を購入するのか?

確かに、金のチップも少ないし、色も良くない。

ですが、

 

 

安いんですよ…凄く!

確かにスターギャラクシーとして見たら良くは無い、ですがインド産の黒御影なのに、中堅所の白御影と同じ金額ならどうでしょうか?

絶対にお得です。

数量限定無くなったら終わりのセールです。

黒御影に手が出ない…そんな方、ぜひこのチャンスをお見逃しなく。

安いスターギャラクシーは石の坊まで『B級スターギャラクシー』とご連絡ください。

墓相学の本を手に入れました。

最近では余りお客様が気になさらなくなりましたが、お墓関係の学問で『墓相学』という学問があります。

これは『こんな風にお墓を建てれば運が開けます』『こんなお墓を建てたら不幸が起きます』という感じにお墓の吉凶の学問です。

実はこれについて書いてある本は少なく、多くは絶版になっているので、なかなか目にしません。

偶々、古本屋で見つけたので、買いました。

これで3冊目です。

 

墓相

 

もし『運が開けるお墓のデザイン』が気になったら石の坊までご相談下さい。

 

 

インド黒 偽PANや偽クンナムについて

 

最近、この辺りの話をよく聞きます。

またこういう事を書くと何か言われそうですが、個人的には『偽物』でも良い気がします。

あっ誤解しないで下さい!

「ちゃんとお客様に偽物であると告知をして、石の素性を説明して、尚且つちゃんと安い金額で販売していれば」の話です。

勿論『偽物を本物として販売するのは犯罪です』ですが、ブランドと違って墓石の場合は『偽物』を違う石の名前で販売して格安で販売するなら悪い事ではないと思います。

例えば、当社の場合は平成時代に「クンナム付場」という石を販売した事があります。これは「クンナムE」の偽物でかなり安く手に入りました。

悪い石材店はクンナムEとして販売していましたが、この石はクンナムEの丁場から少し外れている為にクンナムEとして認可されていない石でした。

これをクンナムEとして販売するのは言語道断です。

ですが、素性を話して、販売するのは有りだと思います。

『だってクンナムが欲しいお客様で予算がないお客様には欲しい石なのですから』

ちなみに、無くなった物を含むなら「偽本小松」「偽真壁小目」「偽稲田」なんかもあるし、紛らわしい物に「中国稲田」「中国万成」「中国本小松」等もあります。

こう言った石は『予算の無い方の修復』には持ってこいです。

拝石が割れてしまった、香炉が壊れた…だけど予算が無い。

そんな方に『似た石』での提案をしている墓石店は多いです。

 

それと、一部で噂になっている「偽PAN(インド黒)」ですが、此方は素性が全く解りません。

ですが、一時期『信じられない位安いPAN』があり、話を聞いた所偽物だと教えて貰いました。

それがこれです。

 

 

見た感じどうでしょうか?

石見本を並べなければ 「インド黒PANです!」って言われても墓石店でも「そうですか」って納得するほどですね…

販売していた、商社が「割れの保証」をしますと言うので売り込んだのですが…当社の場合は全然売れませんでした。

2㎡位の墓石で「20万の差額なら本物を買うよ」「偽物って言われるとね」という感じです。

ですが20万円が勿体なく、どうしてもPANに似た石目の墓石が欲しいなら『あり』だと思います。

私が言いたいのは『偽物を本物として売るのは犯罪』だけど『偽物を偽物』として安く販売するのは有りだと思います。

私は面白いのが好きなので『偽物』も紹介する場合もあります。

『付場石』『モドキ石』として紹介する場合もあります。

ですが…インド材は『偽物』も含んで今は手に入りにくい状態です。

 

 

 

 

拘りの基礎について

当社の場合は、基本的に「茨城、群馬を基準にしています」よく言われる尺基礎です。

これが都営霊園に限定するなら「ベストです」寒冷地ならさらに深い基礎がありますし60㎝越えの基礎がありますが、もし、それを都営霊園で作ると、後ろ側の墓石が傾く可能性が高くなります。

「他人の墓石を断崖絶壁の状態にして、自分の墓石の基礎に転圧をかける」

そして「墓石の重心は後ろ」

怖いですね。

自分のお墓は良いけど「後ろ側の墓石の人は気の毒です」

そう考えたら、尺基礎位の深さがベストだと思います。

※ 都営霊園に限定した話です。

最近、数名のお客様ですが「基礎に拘りがある方」や「コンクリートに拘りのある方」の相談を受けました。

当社からのご提案は「基礎は自分で作っても良いですよ」とお答えしました。

話しを聞くと「基礎屋さん」と「ガーデニング専門店」の経営者でした。

それなら、お客様の方が詳しいんだろうと思い、基礎作りはお任せしました。

勿論、基礎代金は販売金額からお引きしました。

「コンクリートに拘りのある方」のお墓は、頂いたメモの通りのコンクリートをして業者から職人に購入して貰いました。

勿論、その分の追加は掛かりましたが、コンクリートなんて1㎥辺り1万5千円~2万円もしないのでそんな物です。

実は鉄筋の配筋もコンクリートの調合も拘りだしたらキリがありません。

だから…お客様の要望があったら

お客様のしたい様にしてあげる、そのスタンスで良い。

そう思っています。