物凄く安く墓石が買える「しのぎ契約」ですが、、



最近、お客様にお見積りを見せて頂いて、たまに「とんでもなく安い契約書」を目にします。

当社と同じように普段から激安で墓石を販売している会社なら良いのですが、

老舗で普段は高額な墓石店が「特別です。」とか「今回限り」という理由で安くなったら注意が必要です。

それは、「今、お金が必要だから値引いている。」そういうパターンもあります。

老舗の墓石店を始め、殆どの墓石店は、末締めの翌々月払いです。

その為、お客様から集金して納期が3か月であれば、4か月先まで支払わなくても納期どおりにお墓は建ちます。

「つまり100万円で墓石を販売したらそのお墓の石材費や職人への支払いは4か月後で良いのです。」

その為、お金が必要な時や借金の返済のためのお金や、資金繰りが旨く行かなくなると、

「社員に利益0円でも良いから」「最悪-10万でも良いから」現金の契約をとってこい。

そういう場合が結構あります。これを「取り回し契約」「しのぎ契約」と言います。

しのぎの意味は「その場しのぎ」の意味です。

この「取り回し契約」「しのぎ契約」がお見積りの場合だと激安の墓石店でもなかなか勝てません。

だって、尻に火がついているから利益0円でも赤字で墓石を販売しているのですから強敵です。

ですが、頻繁にこれが起こると怖いのが「一歩間違えれば倒産する状態」である場合が多いからです。

実際に私の勤めていた石材店では、私が集金してきたお金をその場で社員の給料として封筒に詰めていました。

墓石店が倒産しなければ、安く購入出来て良い話しですが。万が一倒産したらお墓が建ちません。

激安店でもないのに「自分だけ安くしてくれる」「原価よりも安い場合」は注意が必要です。

ただ、老舗や大手の墓石店の場合「高額な墓石が売れればすぐに資金繰りも回復します。」

一説によると「十一のサラ金からお金を借りてもちゃんと返せるのは石屋が多いそうです。」

チャンスととらえるか怖いから辞めると考えるかはお客様次第です。