納骨で心底困った。 セラミックボンドで止まっていた。



最近、納骨で困った事があります。当社の場合は余り積極的に「他社の墓石の納骨をしていません。」

ですが、様々な理由で当社に依頼がくる事があります。

その中には大変困ってしまう事例もあります。

例えば物凄く大きな拝石(納骨の際に空ける蓋だと思って下さい。)の場合。

この間何と、幅が1.7m、奥行きが0.8メートルの大きさの物がありました。

到底1人では持ち上がらなく、結局予算も無いという事でお客様の息子さんと友人と一緒に持ち上げました。

(1度お断りしたのですが、予算の関係でどうしてもと頼まれ、職人をお願いしようとしたらその予算が無いそうです。 汗!)

まぁ、これ位ならまだ良いのですが、、、、

拝石がセラミックボンドで止まっていたお墓がありました。

写真のボンドがそれです。(墓石の接着につかうボンドで物凄く強固です。)

勿論、普通に空けられません。

何も解らずに納骨に行ったら、どんなに頑張ってもあきませんでした。

まさかと、思い拝石の下を見てみたら、少し浮いています。

お客様に連絡を取りまして開かない旨を報告します。

どうしても開けて貰わないと困るというので

「最悪、割れるかもしれない。」そう報告。

「どうにかして下さい。プロでしょう」と怒鳴られる。

仕方なく、近くのホームセンターで特殊なノコギリを購入。隙間から切断。結果

セラミックボンドと判明。

お客様到着、「セラミックボンドで止まっています。あけるのに時間がかかります。」と説明。

結局、開いたら携帯に連絡する。という事で一般お客様に引き上げてもらう。

1時間かかって切断。、、そして納骨。、、住職が居ない納骨で良かった。

お客様に事情説明。

「そんなもので止めていたなんてすいませんでした。」とご納得。

実はこれ、雨の中での作業でした。

「セラミックボンド」で拝石を止めるなんて、どんな石屋なんだ。ついそう思ってしまう経験でした。

ちなみに次同じ事があkつたら、「流石に断る」と思います。