インド黒 偽PANや偽クンナムについて

 

最近、この辺りの話をよく聞きます。

またこういう事を書くと何か言われそうですが、個人的には『偽物』でも良い気がします。

あっ誤解しないで下さい!

「ちゃんとお客様に偽物であると告知をして、石の素性を説明して、尚且つちゃんと安い金額で販売していれば」の話です。

勿論『偽物を本物として販売するのは犯罪です』ですが、ブランドと違って墓石の場合は『偽物』を違う石の名前で販売して格安で販売するなら悪い事ではないと思います。

例えば、当社の場合は平成時代に「クンナム付場」という石を販売した事があります。これは「クンナムE」の偽物でかなり安く手に入りました。

悪い石材店はクンナムEとして販売していましたが、この石はクンナムEの丁場から少し外れている為にクンナムEとして認可されていない石でした。

これをクンナムEとして販売するのは言語道断です。

ですが、素性を話して、販売するのは有りだと思います。

『だってクンナムが欲しいお客様で予算がないお客様には欲しい石なのですから』

ちなみに、無くなった物を含むなら「偽本小松」「偽真壁小目」「偽稲田」なんかもあるし、紛らわしい物に「中国稲田」「中国万成」「中国本小松」等もあります。

こう言った石は『予算の無い方の修復』には持ってこいです。

拝石が割れてしまった、香炉が壊れた…だけど予算が無い。

そんな方に『似た石』での提案をしている墓石店は多いです。

 

それと、一部で噂になっている「偽PAN(インド黒)」ですが、此方は素性が全く解りません。

ですが、一時期『信じられない位安いPAN』があり、話を聞いた所偽物だと教えて貰いました。

それがこれです。

 

 

見た感じどうでしょうか?

石見本を並べなければ 「インド黒PANです!」って言われても墓石店でも「そうですか」って納得するほどですね…

販売していた、商社が「割れの保証」をしますと言うので売り込んだのですが…当社の場合は全然売れませんでした。

2㎡位の墓石で「20万の差額なら本物を買うよ」「偽物って言われるとね」という感じです。

ですが20万円が勿体なく、どうしてもPANに似た石目の墓石が欲しいなら『あり』だと思います。

私が言いたいのは『偽物を本物として売るのは犯罪』だけど『偽物を偽物』として安く販売するのは有りだと思います。

私は面白いのが好きなので『偽物』も紹介する場合もあります。

『付場石』『モドキ石』として紹介する場合もあります。

ですが…インド材は『偽物』も含んで今は手に入りにくい状態です。

 

 

 

 

クンナムEは偽クンナムなんですか?



「クンナムEは偽クンナムなんですか?」最近、その様な質問を受けました。

そこで、その方への回答に少し付け加え書いてみようと思います。

昔し、「クンナム」と呼ばれていた石は日本には1種類しかありませんでした。

その後にクンナムEが入ってきました。

そして、その時、最初に日本にあったクンナムの石を「本クンナム」

その後に入ってきたクンナムEを「偽クンナム」と呼んでいた時期がありました。

確かに名前だけ聞けば「偽物」と取られるかも知れませんが、実際の石の金額は
クンナムEも元からあったクンナムも殆ど変わらなかったと思います。

そう呼ばれていた時期がある。それだけです。

もし、偽クンナムという言葉を使うのであれば「最初のクンナム(本クンナム)は実際に
もう流通していない」

ので、今だとすべてのクンナムという名前の石は偽クンナムという事になると思います。

ただ、この話しはもう30年以上も前の話で「関東の研修会」で聞いた話しです。

地方によって、もしくは専門家によって見識が違う方もいます。

ちなみにEという丁場がインドには無いという方もいますが、Eは丁場ではなく採掘会社の名前です。

昔は丁場ではなく、「売り込んだ会社」が名前をつけていました。E(会社名は悪用されるといけないので書きません。)という会社が採掘したクンナムという意味が正確です。

ちなみにこの会社は今でもクンナムと名前がつく石を2種類発掘しています。信頼のおける会社です。

ちなみに「イースト」とはちがう石です。ただ、当時は知識が少なく、平気で図鑑にもクンナムE(イースト)と書いてありましたので、間違えていても仕方ないと思います。実際に大手石材店勤務の私もEとイーストを混同していました。

ちなみに、石自体もそっくりです。

「偽クンナム」というと嫌な感じにとれますが、実際の石質は退色の殆ど無い良い石です。

又、高級な石なので安心です。ただ、偽物も多いですが、、、、

 良い石かどうかなら、クンナムEであれば退色の少ない

良い石です。