純国産墓石に近い物を中国で作る

純国産墓石を中国で再現する。

またこういう内容を書くと嫌われると思いますが、最近の私のテーマになります。

実は、純国産墓石の多くは加工をつけて作らない。

そういった前提で作ります。

国産の加工料金は高く、僅かな加工でも高額です。

その為、古いお寺等を見て回ると解るのですが、国産に拘って作ったお墓の多くは加工が余りついていません。

又、純国産加工に一目で解るようにするなら石の組み方にも拘らなければなりません。

特に、沢山の加工をつけてしまうと、関東辺りだと見た目が中国加工に見えてしまいます。

そこで、私の考えたのは私自身が墓石屋経験が永いので国産加工で作った図面を結構な数持って居ます。

その図面を元に中国で加工する。

その加工をする工場は「真壁で修行した職人がいる」「日本人の指導員がいる」「日本人の職人から指導を受けた事がある職人がいる」「日本の老舗の石材店の仕入れ先になっている」

その辺りを中国の工場からピックアップ。

文字に関してもメイドインジャパンの文字彫刻ソフトを使っている業者を選ぶ。

これで、加工は中国で行いますが「技術は日本の技術」で制作した、純国産墓石に近い、中国加工の墓石が作成できます。

真壁小目辺りや大島で作って見るのも良し、 クンナムやインドPAN等の高級な石材で作って見るのも面白いかもれません。

もし、ご関心がございましたら石の坊までお問合せ下さい。

クンナムEは偽クンナムなんですか?



「クンナムEは偽クンナムなんですか?」最近、その様な質問を受けました。

そこで、その方への回答に少し付け加え書いてみようと思います。

昔し、「クンナム」と呼ばれていた石は日本には1種類しかありませんでした。

その後にクンナムEが入ってきました。

そして、その時、最初に日本にあったクンナムの石を「本クンナム」

その後に入ってきたクンナムEを「偽クンナム」と呼んでいた時期がありました。

確かに名前だけ聞けば「偽物」と取られるかも知れませんが、実際の石の金額は
クンナムEも元からあったクンナムも殆ど変わらなかったと思います。

そう呼ばれていた時期がある。それだけです。

もし、偽クンナムという言葉を使うのであれば「最初のクンナム(本クンナム)は実際に
もう流通していない」

ので、今だとすべてのクンナムという名前の石は偽クンナムという事になると思います。

ただ、この話しはもう30年以上も前の話で「関東の研修会」で聞いた話しです。

地方によって、もしくは専門家によって見識が違う方もいます。

ちなみにEという丁場がインドには無いという方もいますが、Eは丁場ではなく採掘会社の名前です。

昔は丁場ではなく、「売り込んだ会社」が名前をつけていました。E(会社名は悪用されるといけないので書きません。)という会社が採掘したクンナムという意味が正確です。

ちなみにこの会社は今でもクンナムと名前がつく石を2種類発掘しています。信頼のおける会社です。

ちなみに「イースト」とはちがう石です。ただ、当時は知識が少なく、平気で図鑑にもクンナムE(イースト)と書いてありましたので、間違えていても仕方ないと思います。実際に大手石材店勤務の私もEとイーストを混同していました。

ちなみに、石自体もそっくりです。

「偽クンナム」というと嫌な感じにとれますが、実際の石質は退色の殆ど無い良い石です。

又、高級な石なので安心です。ただ、偽物も多いですが、、、、

 良い石かどうかなら、クンナムEであれば退色の少ない

良い石です。