都営霊園のルールには各霊園事にルールがあるので注意が必要です!またそのルールは変わってしまう場合もあります。

都営霊園の場合は作り方や寸法にルールがあり、そのルールの仕様通りに作れば基本的に良いのですが…それ以外にも各霊園事に独自に決めたルールがあります。

そのルールは管理事務所で聞かないと解らないという難しさがあります。

例えば、上のお墓です。

7年前には普通に「施工届け」を出して多磨霊園で作れたお墓ですが、今現在は作れません。

今この墓石を作ろうとして「工事申請」を出すと申請の段階で落とされます。

多分、この写真を見るだけで、多磨霊園に詳しい石材店ならその理由が解る筈です。

ですが、都営霊園に詳しくても、多磨霊園に詳しくないと???になります。

ですが6年以上前には普通に工事申請で通っていて…多磨霊園でも数墓建てています。

ですが、今はこのお墓は「多磨霊園」では建てられないのです。

ですが…「染井霊園」「谷中霊園」は問題無く建てられます。

実は、久しぶりに先日、当社でも図面の訂正を指示されました。

簡単な訂正なので直ぐに対応しました。

このホームルールは実際に建てた事が無いと解らないので、都営霊園で墓石を建てる際には、「都営霊園」に詳しい石材店に頼まないと大変な事になります。

都営霊園の墓石は石の坊までお問合せ下さい

 

 

多磨霊園の切図閲覧の注意! 個人の閲覧は「埋蔵施設使用許可証が必要」

つい先日の事ですが、お客様の家が霊園に近かったので、切図での寸法確認をお願いいたしました。1年前には現地確認、採寸をしたのですが、寸法が正しいかどうかを多磨霊園で、切図で再度確認をお願いした所…その結果は何と出来ませんでした!

その理由は個人の場合は身内や本人であっても、「埋蔵施設使用許可証」の原本を持参しないと切図は見せて貰えないとの事です。

コピーと免許証持参でも駄目だそうです…ご注意ください。

何故切図の閲覧を自分でするのか?

その理由は、それさえ押さえて置けば、「自分の区画番号を教えずに、石屋に見積もり」を依頼出来るからです。

多磨霊園で、間口1m×奥行き1.8m これだけ伝えれば、見積もり依頼ができます。

相見積をとられる方は、「区画番号を石材店に教えると嫌な思いするかも知れません」から相見積するのであれば、埋蔵施設使用許可証を管理事務所に持参の上、切図を見せて頂き、正しい間口×ただしい奥行きを自分で覚えて置いた方が得です。

ご注意下さい!

 

 

 

 

 

 

台風後の多磨霊園。

 

ここ暫くは忙しくプログの更新が出来ませんでした。

今回のプログは、台風後の多磨霊園です。

みての通り、幾つかの墓石が倒壊している地域があり、立ち入り禁止になっていました。

お墓の耐震技術が上がったのは精々が20年前位からです。

それ以前の墓石の多くは耐震施工は全くされてない物が殆どです。

墓石部分だけで良いなら10万円位から、耐震施工加工も可能ですので、

是非、ご検討下さい。

 

多磨霊園の台風の影響

本日、多磨霊園に完了検査に行ってきたのですが…台風の影響が凄かったです。

こんな大きな巨木が倒壊していたり、一部の倒木が道路を塞いでいて通れなかったりしました。

今迄、ここまで大きな木(目視ですが高さが20メーター以上)の木が倒れているの見た事がありません。

完了検査に向かう道も一部倒木があり迂回しました。

今回の台風の被害は、墓石であってもかなり影響がある..そう思いました。