国産墓石の再現を中国で行ってみました。何と45万円で販売可能です。

新作墓石プランを追加しました。

今回のテーマは国産墓石です。

国産墓石は欲しいけど予算が全然ない、そんな方に朗報です。

加工は中国ですが、限りなく日本に近い加工が出来る工場をついに探しました。

何故、そこまで自信があるのか? それはこの工場には日本人の指導者が居たからです。

そして、今いる職人のうち数人は技術を身に着ける為に日本の工場で修行しています。

その為、日本の加工や日本で墓石を作る際のルールも精通しています。

そんな、国内加工の方法に精通している中国の工場に、実際に国内加工で制作したことのある図面を提供して作成します。

その為、限りなく純国産墓石に近い物を中国加工で再現しました。

まさに限りなく日本加工に近い中国加工の墓石です。

今回は、都営霊園にある、日本加工で制作した物に近い和型。

鎌倉等で人気のあった、和洋中間型に当たる ご平がた。

そして、無骨な日本加工に近い洋型です。

日本墓石の神髄はシンプルイズベストです。

日本の指導員の居る工場は中国の工場でも加工賃は高いのです。

その技術の集積が詰まったこの墓石が何と総額45万円で販売します。(都営霊園限定)

墓石は何と茨城県産の真壁石と稲田石から選べます。

しかも、今回は販売を記念して、それぞれのデザインで各1名限定、消費税サービスします。

日本の墓石は欲しいけど、高いから無理、そう考えていた方、チャンスです。

このキャンペーンの詳細はこちらをクリックしてく下さい。

大島石に対する考察。

最近、大島についてお話を聞きたいというお客様から問い合わせを頂きました。

頭の中で「あぁ大島かぁー」つい考えてしまいました。

実は大島が一番難しい。(私の中では)

例えば、幾つかの採石している業者に「大島特級」の石見本を貰うとそれぞれが違う目の石を送ってきます。

正直いってどれも特級なので悪い石ではないけど、好みは別れると思います。

先日、谷中霊園にて当社で建てた大島をお見せしたのですが、片方は綺麗だという感想だったのに、片方は余り好みではない。

そういうお話でした。

これが真壁石みたいに青々している石は良い石だという基準があれば良いけど、大島には特には無い。

やや茶色い感じの大島でも特級もあれば、青い感じの石でも特級もある。

仕方なく、当社では最近「青い感じと茶色い感じどちらが好みですか?」と聞いたり、一番高い物を特級としています。

「だけど、一番安い会社から購入する特級と一番高い会社から購入する特級でかなり差がある」そして石目も違う。

個人的には大島に関しては、幾つか石目を見て気に入ったのを購入するのが良いかも知れない。

又、特に「大島」に拘りが無く、似てれば良いのなら「中国材に似た石があるのでそれで良いかも知れない」

「絶対にこれが素晴らしい」そういう基準が難しい石だと思います。

今現在、8寸角1本 建てて300万円の大島は凄いと思うけど…それ以外なら、特級でも好き嫌いが本当に分かれる石だと思います。

純国産墓石に近い物を中国で作る

純国産墓石を中国で再現する。

またこういう内容を書くと嫌われると思いますが、最近の私のテーマになります。

実は、純国産墓石の多くは加工をつけて作らない。

そういった前提で作ります。

国産の加工料金は高く、僅かな加工でも高額です。

その為、古いお寺等を見て回ると解るのですが、国産に拘って作ったお墓の多くは加工が余りついていません。

又、純国産加工に一目で解るようにするなら石の組み方にも拘らなければなりません。

特に、沢山の加工をつけてしまうと、関東辺りだと見た目が中国加工に見えてしまいます。

そこで、私の考えたのは私自身が墓石屋経験が永いので国産加工で作った図面を結構な数持って居ます。

その図面を元に中国で加工する。

その加工をする工場は「真壁で修行した職人がいる」「日本人の指導員がいる」「日本人の職人から指導を受けた事がある職人がいる」「日本の老舗の石材店の仕入れ先になっている」

その辺りを中国の工場からピックアップ。

文字に関してもメイドインジャパンの文字彫刻ソフトを使っている業者を選ぶ。

これで、加工は中国で行いますが「技術は日本の技術」で制作した、純国産墓石に近い、中国加工の墓石が作成できます。

真壁小目辺りや大島で作って見るのも良し、 クンナムやインドPAN等の高級な石材で作って見るのも面白いかもれません。

もし、ご関心がございましたら石の坊までお問合せ下さい。

国産墓石についての考え。



国産墓石の国内加工について、今回は書かせて頂きます。

国産墓石で国内加工で墓石を建てるなら、基本はシンプルに建てるのが理想です。

何故なら、複雑な加工やオリジナル墓石を国内加工で建てても、それは「国内加工」には見えません。

実際に真壁近辺の石材店に聞いても、「総丸面取り加工」を施すようにお願いすると

「中国加工にしか見えなくなるけど大丈夫か?」そう言われます。

「国内加工の良さはシンプルさにある。」私個人としてはそう思います。

都営霊園の古いお墓を見て頂ければ解るのですが、凝ったデザインのお墓は少なく

石はふんだんに使ってはいますがデザインはシンプルな物が多いです。

地域差はあると思いますが、少なくとも「都営霊園」で考えるなら、青山霊園も谷中霊園も、多磨霊園、

小平霊園、八柱霊園も国内加工のお墓はシンプルな物が殆どです。

30年くらい前だと石屋の親父はオリジナル墓は嫌いな方が多く(東京近辺だけかも知りませんが)

「そんなチンドン屋みたいな墓は作れるか。」そうお客を怒鳴る人も居ました。

ですが、この無骨な親父が作るようなお墓にこそ「国内加工」の良さが染み出てきます。

写真は当社の展示場にある、国内加工の真壁石のお墓です。案外加工が少ないのが解ると思います。

ちなみに加工が少ないので、思った程は高額にはなりません。

都営霊園で2㎡位までなら、予算が100万も見て頂ければ「加工証明」「産地証明」のしっかりついた、

真壁石と稲田石のお墓がしっかり作れます。 国産墓石も石の坊までご相談下さい

墓石の「ふ」「黒たま」についての考察


上の写真を見てどう思ういますか?

ものの見事に黒い玉が入っているのが解ると思います。 

実は先日、多磨霊園でお墓を建てている時に、女性の方から声を掛けられて見て下さいと言われたものです。

「何がなんだかわからずついていってみると写真の物を見せられました。」

「この墓石がどうかされたのですか?」その様に話すと

「うちのお墓に黒たまがあって気味が悪い」その様に言うのです。

確かに大きな黒玉のような模様が墓石の側面に入っています。

ですが、これは大小の差はありますが「真壁石」の場合は普通に入っている物なのです。

そこで「この石は真壁石という石でこのような「ふ」や「黒玉」が入っているのは当たり前の石なんです。

「えっそうなの」と驚いた顔をされて、せっかくなので、近くの真壁石をお見せして「皆んな入っているでしょう?」

とご説明しました。ですが、その女性からでた一言は「そんな石なら選ぶんじゃなかった。」でした。

詳しくお話しを聞くと、「国産の石の方が良いですよ。」と勧められてこの石を選んだのだそうです。

話を聞くともうかなり前で、当時、石塔だけで150万近くとられたそうです。

凄く立腹されていましたが、、、2段目を見て下さい。何も加工がされていないのが解ると思います。

そう、この石は「国内加工の真壁石」なのです。150万はどうか解りませんが、黒玉は入っていますが

青青した本当に良い真壁石です。

その事をご説明したら、喜んでいましたが、工事中の当社の石を見られて「この石綺麗ね高いんでしょう?」

そう聞いてこられました。実は建てていた墓石は「AG98」で外柵は「688」でした。

「貴方の墓石に比べたら全然安いです。」とも言えず、「そこそこですね。」とお茶を濁しました。

その後、この方から「仕事の邪魔をして悪かったわね」と職人人数分のジュースを頂きました。

ここで言いたい事は「販売会社はしっかりと良い石を選んで良い仕事をしています。」

ですが、「その石がどんな石でどんな特徴があるのか、そして石の良さをお客様にお伝えしなかった。」

結果、良い物を提供していたのに、「悪い物を掴まされた。」そうお客様に思われたわけです。

大変勿体ないお話です。

では「石の坊」だとどうするか?「多分真壁石その物を販売しません。」だってこの人は

「真壁石」が良いとも思ってないし、拘ってないのですから、それこそ「AG98」か「688」を販売した方が、

お金も使わず、理想に近いできで喜んだと思います。

我々、墓石店は「真壁石」「大島」「天竜」「庵治石」を良い石だと、頭の中で思っていますが、

知らない人が見たら、「どこにでもある普通の墓石にしか見えないかも知れません。」

実際に「稲田石」をお客様に見せたら「目が粗くて好みで無い」そう言われた経験もあります。

プロ意識も必要ですが、たまには「頭から知識を取っ払って」素人目線で石を見るのも必要だと思います。

国産墓石も激安価格で販売!


最近、国産墓石も激安で販売します。そんなサイトをよく見かけるようになりました。ですが、実際に見て見ると本当の激安価格で販売されてないような気がします。そこで、今回当社の方では国産墓石に関するサイトとページを作ってみました。 一つは当社石の坊のホームページの中に国産墓石販売ページを設置。国産墓石販売ページを設置。 もう一つは国産墓石販売サイトを作って見ました。どちらも同じ内容ですが是非ご覧ください。

ショールーム準備中


まだご契約期間前ですが大家さんのご厚意で荷物の搬入を許可して頂けました。写真の石材見本は「国産墓石」の石材見本です。左2列が「中国加工可能な国産石材。」「真ん中付近の石材は国内加工の国産墓石で使う石材見本です。」一番右が「海外の石ですが、日本以外仕入れていないので国内加工でしか手に入らない墓石用の石材です。」 これから、中国で作成した墓石のミニチュアが4基、国内で加工したミニチュアが2基展示して飾りつけや写真を展示して完成です。 本当に狭い展示室ですが、都営霊園のご説明に充分な物にするつもりです。なかなか時間が取れない方や仕事帰りにお墓のお話しをしたい方等、予約制ですが夜間対応可能なので是非ご利用下さいませ。 墓石のご用命は石の坊まで墓石のご用命は石の坊まで

「国産墓石」と「純国産墓石」の違い。国産墓石の表記について


「国産墓石」について今回は書いてみようと思います。何故こんなプログを書くかと言うと茨城の知り合いの石材店からメールを頂いたからです。最近、インターネットやチラシで「国産墓石」と表示して販売している会社が増えてきてました。一般の方からしましたら、「国産墓石」なのだから、作っているのは「日本」だろう。そう思われるかも知れません。ですが、実は「国産墓石」と表示されている石の大部分は「中国加工品」です。「えっ中国加工だったら国産墓石とは言わないんじゃない?」そう思うと思います。 「国産」の意味を辞書で引くと「自国で生産・産出すること。」となります。墓石の例で見ます。まず「日本の石ですから日本で産出しています。」では生産については「生活に必要な物資などをつくりだすこと」とあります。「墓石に使う石材は勿論日本の石材丁場から切り出しています。」その為に「生産している」という事になります。結果として「中国加工の国産墓石は問題は無い」という事になります。実際に当社でも中国の「日本の石材に強い商社に良い石がある」時には「中国加工の国産墓石」も販売しています。ですが、それはちゃんと「中国の加工工場で加工します。」と伝えて販売します。そうしないとお客様が混同してしまうからです。 又、全部の工程を日本でするものは「純国産墓石」として販売。「純国産」という表記であれば加工も全部日本で行わなくてはなりませんので安心できます。 又、「純国産墓石」について知らない石材店、、、結構いるんです。そんな石材店の場合は「加工も日本ですか?」と確認するのも一つの手だと思います。ちなみに100万円前後での見分け方は「中国加工の国産墓石は加工が沢山ついた物」「国内加工の国産墓石は加工が少ない物」になります。ちなみに「純国産墓石」なら「日本の商社の産地証明(場合によっては採掘地記載)+工場の加工証明」が付きます。 「中国加工の国産墓石は」中国商社の産地証明か自社の産地証明がつきます。この辺りで見分けると良いかも知れません。写真は「純国産墓石」の写真。余り加工がついてないのが解ると思います。「純国産墓石」も「国産墓石」もお客様のニーズに合わせてどちらも激安価格にて販売しています。国産墓石のご用命なら石の坊まで
。「純国産墓石」も「国産墓石」もお客様のニーズに合わせてどちらも激安価格にて販売しています。国産墓石のご用命なら石の坊まで

高級石材も実は結構販売しています。

良く、激安の墓石店は安い石材ばかり販売している、そう思われるかも知れないですが、実は、石の坊の場合は「高級石材」も結構沢山販売しています。その理由は高額販売している石材店の614の価格でインド黒が建てられたりするからです。又、どんな石材を購入いただいても工場のランクから全部説明致します。その為、クンナムEレベルの石で年に十本以上、スエーデン黒レベルで年に3本~5本、国産大島で年に1~2本位はでます。 M1-Hやインパラブルークラスも結構販売しています。 特に最近多いパターンは他社の「インド山崎」の金額でM1-Hやクンナムが買えるんだと感動して購入して下さるお客様が増えてきました。 実際に都営霊園の現地案内をしても「高級石材も多いね。」と言われるお客様も多いです。 安い石を安く販売するのは個人的には本当の激安墓石店では無いと思います。高級な石材をも薄利で販売するのが激安の墓石店なのだと思います。 意外かも知れませんが、当社が文京区にあるせいか、六本木や青山や成城、田園調布の方からの墓石の建立依頼も多く受けています。高級墓石も石の坊にお任せ下さい。 (写真はクンナムEを美術工場レベルで加工した物です。)