墓石のショールームの展示予定品


ショールームに展示予定の物を現在考察中。一応決めているのが「日本加工」の墓石のミニチュアと幾つか都営霊園で実際に建てている墓石のミニチュア、ここまでは現在確定中です。今まで、「多磨霊園」「谷中霊園」「小平霊園」「八柱霊園」「青山霊園」「八王子霊園」で直接ご案内してきたのですが、そこまで見に行かなくてもショールームに着て頂ければ構造や石について勉強出来るような物にする予定です。宜しくお願い致します。

国産墓石を国内加工で建てるこつ


国産の石で国内加工でお墓を建てるコツは複雑な加工をしない事です。加工賃が国内加工は高いので、写真のように標準加工でお墓を作れば「多分皆さんが思っているよりはるかに安くお墓がつくれます。」写真のお墓は福島産の青葉ですが、同じような感じで茨城産の真壁石や稲田石であれば80万円もあれば写真のような物であれば制作可能です。 都営霊園の2㎡でも稲田石で全部作って加工証明、産地証明つきでも70万円~作った実績があります。立派に作っても120万もあれば制作可能です。石の坊では、国内加工の国産墓石に力を入れています。まずはその一弾として本当に最高級の「真壁青小目」「稲田石」の販売に力を入れています。気になりましたら、「参考までで構いません。」お見積り、図面作成依頼お願い致します。 国産墓石も 石の坊まで

「やさとみかげ」という選択

img_20161204_194853_r
日本の石と言えば「庵治石」「大島石」「真壁石」「稲田石」この辺りが有名です。その中で、国産で割と安く手に入る石と言えば「真壁石」「稲田石」を選択する方が多いと思います。ですが、それ以外の選択として「やさとみかげ」は如何でしょうか?水は吸いにくいし、探してみても霊園とかだと僅かしか建っていません。そして価格も割とリーズナブルです。国内加工の国産墓石を希望ならお勧めの一品。もしご関心がございましたら、石の坊までお問合せ下さい。

ポーチョンで墓石を作ってみませんか?

img_20161204_205747_r
ポーチョンという韓国の御影石を知っていますか?見た目で言うなら日本の万成を薄くしたような石です。谷中霊園や青山霊園、多磨霊園、八柱霊園等、の都営霊園を見て歩くと古い石の中に万成そっくりだけどなんか石目が薄いな、ピンクが凄く薄いな、、、そんな石を見たことがあると思います。ピンクの石というと皆、663桃山を選ぶと思いますが、韓国にもピンクの石があります。しかもおしゃれな感じのピンクなので和型で作っても違和感がありません。昭和のおしゃれな方はこの石を使って「隠れおしゃれ」を楽しむように墓石を作っていました。もし、ご関心がございましたら、石の坊までご連絡下さいませ。

クンナムEEの日本加工がクンナムの最高峰かも知れません。

img_20161204_194802_r
クンナムという石について今回はプログを書かせて頂こうと思います。私に「最高のクンナムっ結局どれなの?」そういう質問に対してお答えしていたのが「本クンナム」が最高です。そうお答えしていました。ですが、もう「本クンナム」は他の専門家がおっしゃる通りもう過去の石です。今でも実は当社は「持っている商社は知っている。」ので手に入るのですが、今手に入る「本クンナム」は並べてみると、クンナムEより劣る石しか見かけなくなりました。並べてみて凄いと思う感動はもうありません。石目も粗くなってきたのでクンナムEの方が良い石に見えます。とうとう原価も「良い石の在庫が無いからという理由でクンナムEよりわずかですが安くなりました。」レアはレアですが。では、今一番綺麗なクンナムはどの石でしょうか?こういうと所説わかれますが、多くの石屋さんが「クンナムEもしくはクンナムS」そのどちらかを答えると思います。私はあまのじゃくなので、「クンナムEEE」が最高と答えていました。余り流通しない石なので知らない人の方が多いと思います。ただ、正直原価がクンナムEより高く、劣化が他のクンナムり更にしない。だから最高。そういう意味で答えていました。ですが、、、もし、今最高のクンナムをと言われたら、「国内加工のクンナムEE」が最高と答えます。先日、日本の商社さんに見させて頂いたのですが、「昭和~平成の初期」に出回った輝きのあるEEでした。なので「国内加工でつくるクンナムEE」が最高のクンナムかも知れません。多少高価ですが、その輝きは最高です。そして劣化が全く無い事に関しては、お寺や霊園に建っている昭和のお墓が物語っています。 シンプルなデザインで良いなら最高の物。そう言いきれます。クンナムEEの国産加工墓石は石の坊までお問合せ下さい。

入手困難な石「細雪」手に入ります。

墓石に使う石の中で目の細かい物で「糠目」と呼ばれている石があります。その中でも特別目の細かい石は何ですか? そういう質問に対して私が勤め人時代に答えていたのが「「細雪」という石です。」そうお答えしていました。物凄く目が細かく、632や632H(623じゃないですよ632です。)ですら霞んでしまう程目が細かい石です。20年前販売していた価格は8寸角の石塔1本280万円でした。(大手石材店価格)今ではほとんど出回らないこの「細雪」という石が「日本加工で数量限定」ですが手に入ります。勿論、糠目石なので水はすいます。ですが、この綺麗さは他にはなかなか無い石です。先日も、見た瞬間に「敷居が高く、凄い」そんなお寺で1本佇んで建っていました。もし、ご関心がございましたら、石の坊までご連絡下さい。(ただ、糠目石なので寒冷地にはむいていません。)

外国産墓石の国内加工について検討中。

インドやスエーデンの石を国内で加工する。実はこれについても石の坊では考えています。勿論、しっかりした「国内加工の証明つき。」なぜ、こんな事をするのか? その理由としては日本の商社の一部には「最高に良かった時代の石が死蔵しているからです。」例えばスエーデン黒です。今だとファイングレンはなかなか無く、運よく見つかっても感動するレベルじゃなく「本当にファイングレン?」そう思う石目だったりします。ですが、、日本の商社の中には「一番綺麗だった原石」を持っている所もあります。ただ、黒石は固いので加工をしたがらない工場が多く又加工も結構高額になります。ですが、「日本加工のシンプルイズベスト」で作るなら、、、本当の意味で最高のお墓が作れると思います。又、思ったよりは高額ではなかったりします。少し前の日本人は偉人や有名な方でも「このシンプルイズベスト」そう思うデザインのお墓を好んでいました。鎌倉の歴史のあるお寺や高級霊園は実際に見るとシンプルな物が多いです。 高級な石を使った日本加工は如何でしょうか? 外国産墓石の国内加工も石の坊までご連絡下さい。

国産墓石の国内加工

国産墓石の国内加工と言うとかなり高額になるそう思っている方が多いと思います。その多くは「国内の石」は原価が高い。「国産加工」は高くて当たり前。そういう風潮があるからです。実際はどうなのでしょうか? 確かに高いけど「本当はそこまで高くない。」それが正しいと思います。 そんな事言うけど、、、「私は本当に高く買っているの」「300万位したのだけどこれを安いって言うの。」そう言われる方が多いと思います。ですが、、、都営霊園の2㎡クラスの大きさのお墓で真壁石の最高の品質の物で建てて外柵、稲田石で建てても、当社が見積もりを出したら、、「こんな物なの」って驚くと思います。 流石に庵治石や大島は少し高額ですが、 真壁石や稲田石なら思ったより安く建てられます。但し、「日本加工を行うなら、シンプルイズベスト」が条件です。だって、派手に作るなら「日本加工ってわからなくなります。」シンプルだけど綺麗なお墓、それが日本加工の良さです。もしご興味がございましたら、真壁石や稲田石も石の坊までお問合せ下さい。