インド黒ならどんなに安くても問題はおきない!

最近ではインド黒であっても品質が悪くなった。

そういう話を聞きます。

クンナム8、この石は元から黒く無くやや茶色と言うか緑と言うか変わった色です。

ですが、一般的なインド黒であれば、正直、関東であれば何を選んでも問題が無いと思います。

その根拠がこれです。

この墓石…何と45年前のインド黒の墓石なんです。

撮影している私と後ろのカロートが写る位綺麗です。

勿論、当時の技術は今の技術より遙かに劣っています。

今より遙かに磨きが悪く技術が無い時代の墓石が45年たった今でも此処まで綺麗なんです。

 

しかも、当時はいい加減で「インド黒」という名前の石は一つしかない墓石店もありました。

つまり、得体の知れないインド黒で技術が劣った墓石が今でも綺麗です。

恐らくは決して高い金額の石ではないと思います。

だからこそ、インド黒であれば例えどんなに安い物でも一定の水準はあると思います。

しかも、普通の人が見たら、クンナムより安いインド黒の方が綺麗に見えます。

もし、インド黒を使って安く墓石を作りたいなら石の坊まで問合せ下さい。

クンナムが本物かどうか? 結論から言えば全部偽物ですよ!

最近、クンナムに対するお問合せがまた入るようになりました。

そして、お客様より見積もりの金額を見て安いので「これは本物なのですか?」と聞かれます。

私が何と答えるか「偽物ですよ!」と普通に答えています。

だって、今現在本物のクンナムを販売している会社なんて1社も無いんですから。

「えっ嘘でしょう?」

違います、「本当です」

そのわけは、「クンナムE」..はい偽物です!

「クンナムK」はいこれも偽物です」

「クンナムJ」これも偽物、「クンナム8」これも偽物..

クンナムの後に記号や数字が入っている物は全部偽物なんです。

良いですか! 全部偽物なんです!

クンナムと言う事なら全てが偽物なので気にする必要はありません!

クンナムという石で本物が流通していたのは恐らく30年近く前だと思います。

当社では7~8年前にこの原石を持っている会社を見つけて10件前後販売しましたがそれだけです。(本クンナムという名称で販売しました)

下の資料が当時の資料です。

解りますか?

クンナムという名前の石は一つしか無いですよね…

しかもこの石、今現在のクンナムの丁場からかなり離れた丁場の石という話ですから…

最初から、今のクンナムの定義から外れます。

つまり、最初のクンナムは地域に関係なくつけられた名前になります。

そして、クンナムという石が最初の石についた名前なら…この石以外は全部偽物です。

ですが、それで良いんじゃないですか?

「山﨑」…日本の石ですね、 「新山崎」中国の石ですね..「河北山崎」中国ですね。

ですが、新山崎や河北山崎を山﨑の偽物とは言わないですよね。

だから、クンナムという石は最初に入った石..それ以外はあり得ない。

だから、

「クンナム」ですかと言ってしまえば、「クンナムE」は偽物。

そして、「クンナムS」や「クンナムK」も偽物。

「クンナムE」の本物ですと言えば「クンナムE」の本物になります。

「クンナムS」の本物ですかと言えば「クンナムS」の本物になります。

そもそも、どの石も品質も良く、価格も高いですが、最初に入った「クンナム」

が高級感があり良く売れたのであやかって「クンナム」という名前を冠むりにつけたのだと思います。

だから、あやかって付けた「クンナム」にそこ迄拘る必要が無く、「自分の目で見て綺麗」だと思えばそれで良いと思います。

クンナムという名前を冠した違う石と考えれば 偽物、本物なんて考える事もないでしょう。

そんな事に拘っているのはクンナムだけですよ…

インド山崎、インド黒山﨑、新山崎、中国山﨑、河北山崎…こんなに沢山山﨑の名前がついた石があるのに…

インド山崎は石目も全然違って 日本の石でも無いから「山﨑」(本山﨑)の偽物なんです。

そんな石屋はいません。

何故、ここまで「クンナム」と名前がついた石にだけ必要に審議するのか可笑しいですよね。

偽物って言うなら クンナムEですら偽クンナムと言う人がいうので、今現在流通している石は全部全部..偽物と言う事になるます。

他の例えで言うなら、車で トヨタ車と言っても高いのから安いの迄様々です。

このトヨタがクンナムと考えても良いかも知れません。

ご参考下さい

墓石についての質問がありましたら 石の坊まで

 

 

 

 

 

本クンナムについて


最近、お客様や同業の方に「本クンナム」について良く聞かれます。 どんな石なのか? 諸説ありますが石の坊では一番最初に「クンナム」を名乗っていた石を「本クンナム」にしています。上の資料は25年以上前に商社や大手石材店が使っていた資料を抜粋した物です。見ての通り「クンナム」という名前しかありません。当時、日本に入ってきた石の中で「クンナム」という名前で販売されていた石は1種類しかありませんでした。その後、クンナムEとかクンナムの名前の後に番号がついた石が入って来ましたが、それは厳密にいえば「クンナム」ではなく「クンナムE」という別の石とも取れます。今ではクンナムとつくすべての石が「クンナム」扱いです。そこで1番最初に日本に入ってきて「クンナム」と呼ばれていた石を当社では「本当のクンナム」と考え「本クンナム」と呼んでいます。 当時の資料を見ると日本の紀山や万成と同じ価格と考えると高額な石だったのが解るとと思います。この石は古くから石材店に勤めていないと解りにくいと思います。茨城の真壁辺りの石材店の置き場とかに、会社の人も知らない状態で眠っていたりします。

クンナムEEの日本加工がクンナムの最高峰かも知れません。

img_20161204_194802_r
クンナムという石について今回はプログを書かせて頂こうと思います。私に「最高のクンナムっ結局どれなの?」そういう質問に対してお答えしていたのが「本クンナム」が最高です。そうお答えしていました。ですが、もう「本クンナム」は他の専門家がおっしゃる通りもう過去の石です。今でも実は当社は「持っている商社は知っている。」ので手に入るのですが、今手に入る「本クンナム」は並べてみると、クンナムEより劣る石しか見かけなくなりました。並べてみて凄いと思う感動はもうありません。石目も粗くなってきたのでクンナムEの方が良い石に見えます。とうとう原価も「良い石の在庫が無いからという理由でクンナムEよりわずかですが安くなりました。」レアはレアですが。では、今一番綺麗なクンナムはどの石でしょうか?こういうと所説わかれますが、多くの石屋さんが「クンナムEもしくはクンナムS」そのどちらかを答えると思います。私はあまのじゃくなので、「クンナムEEE」が最高と答えていました。余り流通しない石なので知らない人の方が多いと思います。ただ、正直原価がクンナムEより高く、劣化が他のクンナムり更にしない。だから最高。そういう意味で答えていました。ですが、、、もし、今最高のクンナムをと言われたら、「国内加工のクンナムEE」が最高と答えます。先日、日本の商社さんに見させて頂いたのですが、「昭和~平成の初期」に出回った輝きのあるEEでした。なので「国内加工でつくるクンナムEE」が最高のクンナムかも知れません。多少高価ですが、その輝きは最高です。そして劣化が全く無い事に関しては、お寺や霊園に建っている昭和のお墓が物語っています。 シンプルなデザインで良いなら最高の物。そう言いきれます。クンナムEEの国産加工墓石は石の坊までお問合せ下さい。