歴史のある石材店、実は余り墓石店に歴史は関係ありません。

よく、墓石店の中に「自信の会社の社歴の長さ」を自慢する石材店が多く、中には「歴史の浅い石材店は駄目だ」と言い切る社長もいます。実際の所はどうなのでしょうか?「はっきり言いまして25年、もう少し大目に見ても30年前のお墓の技術は殆ど使い物になりません。」これは実際に私が大手石材店に居た時にした調査なのですが、昔しの技術で建てたお墓のうちかなりの数が「竿石を押したら簡単に動きました。」また、少しでも職人が楽に施工出来るように「芝台を割ったり」少し大きな部材があったら割るのが当たり前。そんな感じの石の切り方をしています。 これが施工がしにくい場所ならいざ知らず、大きな道路に面した場所ですら、その様に施工します。 又、昔は、今なら必ずしっかりした基礎を作る地域でも「基礎なんて要らない。」そう言って基礎すら打たない、打っても3㎝から5㎝。15㎝も打てば素晴らしい基礎だ。そんなのが当たり前だったのが30年前。又、昔の石材店の一部は「わざと壊れるようにお墓を設計している会社もありました。」例えば、大谷石を大量に使う。見えない所は壊れやすい部材を使う。「わざと壊れるよう」に書きましたが、これは「10年位で壊れるように作るのではなく、80年位で壊れるように作るのです。」何故、壊れるように作るのか、表向きは「一世代で1回お墓に携わる事をすれば運が開けるから。」裏の意味では「自分の子供の世代でも仕事が欲しいから」になります。つまり、僅かに時代を遡れば、「壊れやすいお墓を作るのが当たり前。」そんな時代にお墓に関してはなってしまいます。実際に昭和60年代に書かれたお墓の本に「お墓は1代位で手直しがある作りが好ましい。」と書かれ、、「本小松のように劣化していく石や山崎(国産の方です。)のような石が好ましい」と書かれています。墓石業界は先人が苦労をし、試行錯誤しながら進んできた世界です。ですが、、事新しい技術や施工方法が進んだのはまだ、最近になります。 古い物に捕らわれずに新しい技術で施工する墓石店こそが良いお墓を作れるお店だ。少なくとも私はそう思います。 ちなみに当社の施工法は前回の震災の時に「茨城で倒れなかった施工」を用いて施工しています。無骨に見えるかも知れませんが、丈夫さは折り紙つきです。 

都営霊園 和型墓石税込み総額39万円のお墓 多磨、谷中、八柱、小平、青山他各種霊園対応


先程は洋型の墓石をアップしましたので今度は和型の墓石をあげてみました。
このデザインで安めの石(3種類程度から自由に選べます。)
墓石代金、彫刻料金、基礎代金(尺基礎 鉄筋入り)戒名彫刻2霊 積立費、初回納骨手数料、工事申請代金
ステンレス花立、香皿。全部含みまして税抜きで35万円、税込み総額378000円のお墓です。
しかも10年保証と工程ROMつきです。
他社のように「墓石だけの金額」とか「彫刻代は別」とかではなく「これで全部はいった料金です。」しかも
通常なら別料金になる納骨手数料(3万円~5万円)も全部入っています。
しかも墓石はこれでもかという位加工が入った「最高級型の更に1つ上を行くデザインです。」
本当の薄利多売で頑張っている墓石店でお墓を建てるとこの位でお墓の販売が可能です。
最近、墓石販売店が「あの金額はカロートが入っていないですよ」とか「彫刻費用は別です。「墓石だけの金額です。」
と嘘をつきますが、本当に全部入った金額でこの位で作成しています。勿論、これはいつの例なので自由にお好きなお墓を
デザインされても材料費位し差額は出ません。
「多磨霊園」「谷中霊園」「八柱霊園」「青山霊園」なら2㎡以下なら税込み総額39万円 3㎡でも47万円あれば
少しですがお釣りがでます。「多磨霊園」「谷中霊園」「八柱霊園」「青山霊園」「小平霊園」でお墓を安く建てたいなら石の坊にご連絡下さい。

お墓に保証書は必要か?


お墓に保証書は必要なのか? 当社も他に合わせて、施工と墓石に保証を10年を付けていますが、、本来何も意味が無いような気がします。その理由としまして「いい加減な墓石店が建てたお墓でも余程ひどくなければ問題がまず起きないからです。」写真は実際に70年以上経過したお墓の腰石部分です。昔はこんなに雑に作っていたのに、今日現在お墓は傾いてなく、墓石は立派に建っています。つまり、それなりに雑に作られたお墓でも50年~60年何の問題もなく建っています。そう考えたら10年の保証とかあっても無くても良いのではそう思っています。 石の坊では本気で300年持つお墓作りに取り込んでいます。頑丈なお墓なら石の坊まで