ほ、ほ本当にその金額でお墓がつくれるの? (土砂災害地域の傾斜地)

先日、傾斜地の野墓地?のお墓の相談を受けました。「お客様より工事がかなり大変だ」というお話しだったので見に行った所、とんでもないレベルの傾斜地でした。山の中に舗装されていない道路を進んでいくとおおよそ10数件程のお墓があります。場所は許可を頂いてないので写真を載せられませんが、、、凄い傾斜です。 近所に住んでいる人から聞いた所「土砂災害地域」に指定されているようです。(写真は途中の道)
到底、尺基礎なんて物では歯なんて立ちません。 傾斜地なので地面から出ている下側部分の基礎でも周りのお墓を見たら1.3m近くありました。土に埋まっている基礎を考えたら恐らく1.5mの深さの基礎にはなっているはずです。いつも頼んでいる基礎屋さんでも、これはもう墓石店の基礎じゃないし「家をつくるレベルの基礎」が必要だよ。という事になり、更に建込みやさんと話しても「トラックを止めれる場所から数百メートル位 山道をカートクレーンを使って運んでいくしかも、舗装されていないからだましだましやるしかない。下手すればカートクレーン事滑り落ちる。運ぶのに補助も3人は必要、実質登山に近いね(笑)」そんな感じでした。
何しろ近場の家は2枚目の写真のような基礎を打つような場所です。(現場はそこから更に数キロ上です)
結果として、住宅の基礎を打つ業者を紹介して貰い。職人にいつもの2.5倍の建込み金額を支払う事でどうにかお見積りを出したのですが、、、、お客様に他社の見積もりを見せてもらったら、嘘、、ネット販売の墓石店が80万円~120万円(数社)で出しているよ。 ですが、基礎代が高くて20万円、、、尺基礎なのかな?、、、  お客様と話しした時に「石の坊さんだけ近くの石材店よりは安いけど、ネットの業者の中で(ネット専門の業者じゃないんですが)異常に高かった。」そう言われてしまいました。
正直、「負け惜しみではなく、契約にならなくてラッキーでした。納骨の際に水を抱えて登山しなくてはならないからです。」もう、縁が切れていますのでこの後の事は解りませんが、、どうなるのでしょうか? だって、当社が職人や基礎屋さんへ払う支払いだけでネット販売の墓石店の金額を超えます。、、、、逆に他のお客様で鎌倉では他社が700万の見積もりに対して「280万円」の見積もりを出して「山の上に建立する事を考えてない」とお客様よりお叱りを受けましたが、、計算にはいっています。結局は「安すぎて信頼におけない」そういう年長者の意見で中間位の金額「540万」の地元石材店でご契約するそうです。ちなみに、石の坊では都営霊園や市営霊園以外はきちんと調査します。 都営霊園はもう既に数えきれない程建てているので調査が必要ない位頭に入っているからです。