高額な墓石って必要なのでしょうか?

高額な墓石って必要なのでしょうか?

個人的には余り必要ないような気がします。

都営霊園あたりを暇な時に見て下さい。

万成や庵治石で建っているお墓もありますが、やはり多いのは真壁石です。

しかも、じっくりみて見ると 青みがなく白い石が多いです。

稲田石を見ても錆が出ている物が多くあります。

昔のお墓ですから今みたいに磨きも良くないし、施工だってモルタルではっつけているだけです。

中国から石を取る前の事ですから、当時の事情を考えると今は高い真壁石辺りが安い石だったはずです。

これが気候が大変な地域なら別ですが東京辺りなら、恐らく品質なんて気にならないと思います。

だって、民間霊園辺りだと標準がG623で、墓石だってG614、G654と水を吸う石が普通に建っています。

最近、よくお客様で吸水率や強度を気にする方が多く居ますが….正直言いまして、都営霊園辺りなら気にする必要は無いと思います。

但し、水を吸った状態の石を見て気にならないなら、という条件がつきますが…

正直言いまして、「国産の石は人を選ぶと思います」

例えば、真壁石..沢山のふが入っています。 このふを見て..わびさびを感じられる人のみが購入するべきです。

    稲田石もそうです、この石目を見て感動する人が購入するべきなのです。

    大島を見て、AG98辺りと比べても見抜く事が出来て、この石目を素晴らしいと感じる人が購入するべきなのです。

ですが、名前ばかりを気にして色々調べる癖に、「現物を見て感動すらしない人」にはまさに猫に小判…購入するべきではありません。

見る目を持たない人には「ただの石にしか見えない」のですから。

子供は素直です。 色が綺麗な方が良い墓石に見える事が多いです。

せっかく無理して 大島や庵治石で建てても子供や石を余り知らない人から見たら「インド黒」の方が高額に見えます。

せっかく、石善の大島特級で建てているのに、お孫さんに「黒い方がカッコ良い」と言われてしょげているお爺ちゃんがいました。

墓石の良さは万人全てに解るものではありません。

車のフェラーリや家でいう豪邸とは違い「周りで価値を解ってくれる人は少ないのです」

例え庵治石で建てたって解らない人にはただの「さざ波だった子汚い石」に見えるかもしれません。

だから、思うのです…高額な石で決める前に「その石の価値は貴方にとって本当に必要なのか」真剣に考えて下さい。

見栄で高額な石を購入するより、安い石でも沢山お参りしてあげた方が故人も喜ぶと思います。

お墓を購入する年齢の方にとってお金は大切な物です。

無理して高額なお墓を購入するより「老後の生活にゆとり」を持たせた方が良いかもしれません。

だから、私はお勧めを聞かれた時「何でもお勧めです」と答えています。

本当に、その高額なお墓は貴方にとって必要なのでしょうか?

安い墓石を購入して、子供に車をかってあげる、お孫様の学費を援助する、他に大切な使い道があるかも知れませんよ?

高額な墓石を購入する前に一度考えて頂きたいのです。

墓石に使う石は実は何だって良いんです! 安い石でも問題はありません!

「墓石に使う石は何が良いんでしょうか?」 良くお客様に聞かれます。

そういったお客様に良く答えるのが「どれを選んで頂いても大丈夫です!」そのように答えています。

だって、お墓に使う墓石って御影石なんです。

一番安いG623を選んだって、水を吸う石の代表G614を選んだって、都営霊園の地域ではまず問題はおきません。

実際に多磨霊園にも、谷中霊園、小平霊園にもG623やG614のお墓は普通に建っています。

G614は水を吸っていますが、国産の墓石だって同じ様に吸っている物もあります。

当社の場合は、現地案内を推奨していますので、「実際に水を吸った石もお見せしています」

その状態を見て気にならないなら、それはその人にとって悪い石ではなくなります。

石の品質に拘る、その気持ちは解ります。

実際に当社でも「評判の悪い石」は避けています。

ですが、極端に神経質になる必要はありません…..御影石なんですから!

少なくとも、安い石で施工したからって、簡単に壊れてしまう事はありません。

G614やG623は大手石材店が運営している民間霊園にも採用されている石です。

数万いや下手すれば数十万単位の施工されている石なのですから。

墓石に使う石について知りたいなら石の坊まで

石の坊なら一番安い価格でも数種類の石から選べます。

最近、当社と競っているいる石材店があるのですが、20万円代~50万円代のインターネットに載っているお墓は白御影(G623)だけで、
他の石材を選んだ場合は恐ろしく高額になる。
そういう話を聞きました。
G623、通称、桜御影石は実は欠点らしい欠点も無く素晴らしい石です。
ですが、石とは別に広告的な欠点があります。
それは、どの会社のチラシや展示場に激安品として掲載されてしまう事です。
気にしない人は気にしないかも知れませんが、「自分のお墓に使っている石がいつも特売品として売り出されている」
嫌では無いですか?
その為、石の坊では、一番安い特売品の墓石であっても最低三種類、多い時には5種類から選べるようにしています。
写真の石も何と、一番安い価格でも選べる石です。
ちょっと珍しく、取り扱う商社が少ない石なので、あえて型番はお教えしません。

珍しい石で安く墓石を建てたいなら石の坊までご連絡ください。

桜御影、桜石、白光という石について


これも、石材店が勝手に付けた名前です。なぜこのように本来の型番と違う名前をつけるのか?それは昔しの石材店が他社で相見積もり出来ないようにと「正しい石」が解らないに工夫した為です。又、独立して新しい石材店が出来ないようにと「石の名前が社員であっても解らないように工夫したからです。」例えば「623でこのお墓で」そう言われれば、どこの石材店でも金額を出す事が出来ます。ですが「桜御影で」と言えば「あれ、なんの石だろう」と解らなくなるからです。ですが、関東だと桜御影=623はもう既に有名で偽装は出来ないですが、、、書いてある「桜御影」「桜石」 「白光(これは石屋さんによって614の場合もあります。)」これらは全て623です。 よくピンク系の石と間違えられますが、623の事なので注意下さい。 もし、紛らわしい石材での相見積は石の坊まで、かなりの率で石材の解明もします。