ここ暫く工事に余裕が出てきました。



ここ暫く、ご見学や見積もりのお問合せは沢山来ているのですが、都営霊園に当選したばかりの方が多く

ゆっくりと考える方が多いので、工事の方に若干余裕がでてきました。

7月までの忙しさが嘘のようにしっかり週に1日休みがとれています。(それでも忙しいのかも知れませんが)

実は、関東の場合は、一都三県で何処かの地域が忙しいと他の地域が暇という都市伝説のようなお話しがあります。

私の周りだけかも知れませんが、今は千葉が物凄く忙しいそうです。

先日、飲んだ際にお話しした石材店さんでは、もう年内の仕事が全部埋まってしまって身動きできないそうです。

正直言いまして、高額で販売している石材店なので、私を始め「安売り組」の石材店からしたら羨ましかったです。

何しろ、本当かどうか解らないですが「三か月で土地付き一戸建て2件買える位利益があった。」というお話しですから、、、、

「うちだったら、その1/3で余裕で販売してあげるんだけど」というのが我々安売り組の石材店の気持ちでした。

当人曰く「営業の腕だよ腕」だそうです。

それは、さておきまして、最近私は「野墓地」にはまっています。自由な発想で販売できる野墓地の仕事は楽しくてなりません。

もし、野墓地の仕事がありましたら頑張らせて頂きますので宜しくお願い致します。

エフロカットを使わないのかな。墓石のエフロ(白華現象)について


最近、地方の墓地をを見た時にエフロが殆どの墓石、外柵下にでている墓地がありました。たまたま指定石材店の無い墓所で他の会社の方が施工していたので「エフロ(白華現象)が凄いですね。この辺りは良く出るのですか」と聞いた所、、エフロについて知らなく「エフロって何」と聞かれてました。「お墓の下の白いのです。」と説明したら、「ああこれね、東京あたりじゃあまり見かけないのかね、この辺りは出るのが当たり前なんだよ。ただ別に耐久に関係ないからもし、この場所で墓石を作って出ても気にしなくて良いから。」そういう話しでした。「エフロカット」使わないんですかと聞きましたら「エフロカットって何」と聞かれましたのでご説明。「良い情報を聞いたけど、多分お金がかかるならうちの社長はやらないかな。」という事でした。確かにエフロってお墓の耐久には関係ない(本当かどうか解りませんが勤めていた会社の研修でそう言われました。)と言われていますが、最初から解っているなら見栄えが良いので使ってあげても良いと思います。 ただ、エフロカットを使っても100%でないとは言えないのですが、出るのがわかる地域はやらないよりはやっておいた方が良いと思います。特に地方の霊園で先に建てているお墓が一つでなく沢山ある場合は必要です。