物流を知らない墓石店には注意が必要です。 桜田石はB級品ではない事を知らないなんて!

たまに、ホームページにて「桜田石やG603をB級品」として名指ししている業者をたまに見かけます。

それで、お客様に、桜田石ってB級品なんでしょう?

そう聞かれた事があります。

ですが、桜田石はB級品ではありません。

もし、桜田石をB級品と呼ぶのであれば、G623はC級品と呼ばなければならなくなります。

才単価(30㎝立方の石の価格)で言うなら、基本的に桜田石のほうがG623より高いからです。

しかも、桜田石を扱っている大手石材店では「安い石の中でG688についでクレームが少ない」そういうデーターもでています。

G603については確かに一部で錆がでたデーターはありますが、大手石材店も含み、日本での販売実績では30年以上もあります。

実際の、今でもかなりの数の民間霊園の価格表に名前が残っています。

大手石材店でも多くの石材店が扱っています。

お寺の敷石などにも使われ、大田区の大きなお寺の塀、台東区の納骨堂….変わった所では地下鉄のタイルにも使われています。

流石に官公事業で使われている、そこそこメジャーな石をB級品とは呼べないと思います。

では、何故、桜田石やG603をB級品とか、良くないと決めつけるのか?

それは、「その会社の物流が弱いからです」

つまり、安い石を仕入れるルートや検証をするデーターを持ってないからです。

例えば、日本の商社、それも石に詳しくない商社だと「桜田石」を仕入れるルートが無かったりします。

しかも、そういった会社は中国に出向かないのでしょうか?しきりに「今現在のデーターより数年前のデーターで話をします」

今現在、中国にいって見れば解るのですが、(私も少しさぼりかちですが)丁場もかなり閉鎖され、新しい石もかなり発掘されています。

こういった現状は、年に数回で構わないので中国に顔を出すか、代わりに誰かに情報を貰わなければ解りません。

「安い墓石はG623で作れば良い」そんな考えは物流を知らない石材店の言う事です。

G623も確かに良い石ですが、同じような金額で選べる石も多々あります。

最近では老舗や大手でも扱われる桜田石、B級品なんて言っている会社があったら..もう時代遅れですね。

ちなみにB級品の石はちゃんとあるのですが、その正しい名称を書くと真似されるので書きません。

ただ、B級品はじつは高額な石材にのみある物なんですが…

正しい知識で、激安墓石を建てたいなら石の坊まで

国産墓石には二級品やB級品はありますが、海外産の墓石には基本、B級品はありません。


よく「安い墓石店はB級品の墓石を使っているから安いんだ。」そのように主張する石材店が多くあります。実は国産の石材には二級品とありますが、海外産の石材の殆どにはB級品は存在しません。国産の石で例えば、稲田石辺りだと、1級と2級があります。大島石にも特級、1級、2級があります。通常は善良な石材店ならこれに関してはちゃんと告知して販売するので問題は無いと思います。勿論、当社でも国産の石を販売する時には産地証明や等級を証明する書類をおつけ致します。 逆に海外産の石材については如何でしょうか? 基本的に中国の工場や商社をまわると、「うちは才単価幾らです。」こういうお話しをします。才単価とは(30㎝立方辺りの石材の値段です。)勿論、高い商社もあれば、安い商社もあります、ただ、G623辺りで安い商社と、高い商社で8ドル位しか差はありません。1ドル100円で考えて1才辺り800円の差です。都営霊園のお墓で20才位の物で考えて16000円位の差額 。実は少しでも安くという考えは案外、大きな石材店や老舗の石材店の考えに多く見られます。実際に「仕入れ担当部長」と役職の時には「一生懸命値切っていました。」又少しでも安い石を購入していました。今現在の私の考えは「わずかな金額をケチって問題が起こるなら、値切らない方が良い。」むしろわずかな金額の差なら高い石を買う。その考えにつきます。ただ、実際に高い石を買っても半分保険のような物なので実はそうは違いはありません。 実は本当に気にしなくてはいけないのは「石の値段」より次の段階の加工の方です。これは大きく分けると中国では4ランクに分けられます。当社の場合はこの加工には特に気を付けまして美術レベルの工場を使います。 石についての知識とかは石材店に聞くよりも利益に関係のない専門家に聞いてみた方が良いです。(石材店は高い物を売りたいから安くて良い石があってもけなします。)実際に623なんて安くて欠点らしい欠点もないのに「悪い石」なんて言い張る石材店も多いです。 悪いと言い張るくせに「予算の無い方には普通に販売しています。」利益を気にしないで石をチョイスする。そんな墓石店こそが理想だと思います。