お墓の相見積もりは極力会った方が良い。

当社のホームページのポリシーには「お会い頂けない方には図面もお見積もりも出しません。」と書いております。これは決して意地悪で書いているのではありません。だって、提案できないなら「当社のお墓の良さを解って頂けないからです。」 石の品質や加工の良さ、施工の説明それすら聞かないなら「品質」が解らないそういう事になります。 加工を悪くしたり、工場のランクを落とせばお墓の金額は幾らでもやすくなります。どうして安くできるのか?加工、品質の良さ。それを説明するなら、最低でも2時間は掛かります。簡単な見積もりでも図面作成や場合によっては現地調査も必要になります。購入するしない、相見積もりはお客様の自由です。ですが、手間かも知れませんが、その際には必ず墓石店に会う事をお勧めします。お会いしないなら「その墓石店の本当の実力が解りません。」案外、あって話しを聞けば、こんなに品質が違うの?と解る事も多いです。

大幅な個人値引きをする墓石店は最低だという認識が必要です。

石屋さんによっては、相手の墓石の見積もりが自分の所より安いと併せて値引きをする石屋があります。私個人の考えでは「この石屋さんが営業としては最低」だと思います。「5万円未満の値引きや端数を切ります。」これなら良いのですが。先日、当社と相見積もりなった石屋さんなんですが、最初は140万の見積もりを出していたのですが、当社の見積もりをみて80万の見積もりまで値引きしました。(同じ図面の同じ石でです。)それでも当社には届かず、結局当社で決めて頂いたのですが、私個人の考えでは大幅な値引きは「お客様に対して失礼」だと思うのです。だって、今回の場合、黙って購入したら60万も高く購入させられたのですから。過去、私勤め人時代のトラウマです。「同じお寺の同じ大きさの墓所でこれまた同じ石」で片方の方に150万、片方の方に110万で販売した事があります。どちらもチラシを見てきて来たお客様で150万で購入してくれた方は「一切値切りもしないで説明を良く聞いてくれて購入してくれました。」もう一人の方は「とにかく値引け」と一点張り。当時の支店長がその期の数字が落ち込んでいたので「俺が決済してやるから値引いて売ってしまえ」そう言われたので40万も値引きして販売しました。勤め人で新人の時の話しです。、、、ですが思うのです。これでは「自分を信頼してくれたお客様に高く販売して」逆に「ありがたくないお客に安くお墓を販売する。」つまり「嫌なお客程得をして良いお客程損をする。」そういう事になります。又「最初に高い見積もりを出したなら、ボロうとした。」そう思った方が良いと思います。つまり何も知らなければ高額で商品を販売しようとした訳ですから。 良いお客様にこそより得をして頂きたい。それが石の坊の気持ちです。

墓石のインド加工と中国加工について

墓石の加工について書いてみようと思います。最近一部の墓石店や東京近郊の専門家の中に「中国加工はよくないからインド加工が良い」そう述べている方がおります。ですが、、、、まず加工賃についてですが、「実は中国加工よりインド加工の方が安いんです。」物凄く安くなる訳ではないのですが、2㎡前後の「都営霊園」におよくあるデザインだと、大体2~3万円安くなります。だったら「インド加工の墓石の方がいいんじゃないか?」そう言われるかも知れません。ですが、ここで日本からの距離の問題が発生します。インドの加工で墓石を作るなら最低で2ヶ月出来る事なら3ヶ月は納期を見なければなりません。つまり、何かトラブルに見舞われると、「まず納期に間に合わなくなってしまいます。」そして、又他の問題もあります。私はインドの石材商社は一部しか付き合いがありませんが、少なくても私の知る限り、インドでは「文字彫刻」が出来ません。その為、日本についてから「文字のみ日本の工場で彫ります」ここで差額が発生して、中国での加工の方が安くなったりします。 距離があり短納期で納める事が出来ず、トラブルに会うと納期遅れになる可能性が高い。字彫りを日本でやらなければならない。まだまだ、墓石の加工については個人的には「中国加工」にアドバンテージがある。そう思います。

公営 稲城・府中メモリアルパーク 今年の夏に完成予定。

府中市と稲城市で作られる。新しい市営霊園について、、 いよいよ、稲城市民、府中市民待望の市営霊園が誕生します。現在工事も順調に進んでおり、今年の7月~8月に完成して第1回目の募集は9月になるのではないかというお話しです。 府中市には都営の多磨霊園がありますが、市営霊園としてははじめての霊園となります。 稲城市には南多摩都市霊園があり、稲城市民区分もありましたが、専門の墓地はありませんでした。第一回墓地使用者募集は平成27年9月ごろで 芝生墓地 2,955基 、一般墓所 353基 。もし当たりましたら、おもいっきりサービスしますので是非、当社 石の坊までご用命下さい。

今ある石見本(石材サンプル)と同じ石でお墓を建てる事の重要性。

CIMG5990
CIMG5989
これは当社が認めている数少ない「本物の墓石専門家」が述べていますが非常に重要な事です。ご契約や商談の際に石見本を見せて頂くと思うのですが、この石見本を更新(交換している)している石材店がかなり少なかったりします。ひどい会社の見本では、「石自体が貼り付けてあり外せなかったりします。」石には旬があり、同じ石でも取れる時期によって石目が違います。「 何年も前の石見本では石によってまったく違って見える程の違いがあります。」その為新しい石材サンプルに入れ替えていく事は当たり前の事です。ですが、実際に行っている石材店は非常に少なく関東、特に東京近辺では少ないです。当社では写真のように石材サンプルに日時を記入した状態で産地の仕入れ業者から送って頂きます。その為、今、まさに使っている石その物のサンプルをお見せしています。 最新の墓石情報でお墓を建てるなら当社にご相談下さい。

高庵寺の長谷川ご住職様のプログについて

こちらも又、信頼の置けるプログです。宮崎さんのプログについて書きましたのでこちらも書かせて頂きました。私の頭の中でのお墓のプログのランキングでは長谷川ご住職のプログが1位で2位が先程書きました宮崎さんのプログです。長谷川ご住職様のプログは、石材店や石関係の方でなく、利害が発生しないので「石屋では語りにくい事」が書かれています。お墓を検討されている方、ゆっくり考えていきたい。色々な墓石に対する知識を得たい。そう考える方には一番のプログだと思います。又、私のプログだと解りにくい内容を詳しく説明してくれていたりして大変感謝しています。 高庵寺 長谷川ご住職様のプログはこちらです。

お墓の営業マン・宮崎さんについて

当社のコメントも書いて頂いていたので実名で書いていいのかなと思い書かせて頂きました。個人的にはこの方のプログは素晴らしいと思います。私自身会った事は無いのですが、過去に何度かメールを交わした事もあります。「何より、解らない事は、ご自身で何でも調べてから書いてます。」取材をされ、記事も偏って書いてないので「信頼の置ける墓石の専門家」の一人だと思います。実は当社もインターネットで営業している為、ご契約したお客様の中にもこの方の記事を参考にしている方も多くおられます。(1割近くの方が記事にマーカーして持ってたりします。)私自身、良くお客様に「インターネットの情報はあてにならない事が多い」とご説明をしております。それは石材店の関係者が書いているので、自分に不利なことは書かれない、又自分が有利になる記事を書く事が多いからです。このように中立で考えてくれる方の記事を読まれるのもお墓に対する見解を深めるのに有効だと思います。 宮崎さんのプログはこちらです。

現状の万成について、、、良い物は「殆どありません。」

CIMG5972DSC_0231
現状国産の万成は良い石は手に入らない現状です。実際に岡山にある石材商社に問い合わせをしても、直接会いに行っても手に入りません。ちょっと見にくいですが写真をUPさせて頂きました。上の写真の左側が「今採れている万成の写真です。」この位の石なのに「ほぼ大島並み」の金額を出さないと手に入りません。真ん中の石が「龍王の末期」の写真です。いわずと知れた「万成の最高級品、、、但し手に入らなくなるぎりぎりの物なので龍王の中では余り綺麗ではありません。」これでも龍王なので金額は高かったと思います。そして右が中国万成、、、まぁ中国製なので「万成」では勿論ありません。見て頂くと解る通り、、、今の万成であるなら、見た目は中国万成の方が綺麗になります。勿論違う石なのですが、割り切って「中国万成」でお墓を作るのも一つの手かも知れません。 ちなみに下の写真が23年前に勤め人だった頃に販売した「万成」当時は普通に注文して龍王でなくてもこのランクの石が普通にきました。辞めてしまった会社の物なので全体はお見せできませんが、、、綺麗でしょう。先日、「万成」のお墓のお問い合わせを数件頂きまして、そのうちに1件の方が「本家が万成で良い石で建っているから、値段が張っても良いから」というので探しました。、、、ですがあるにはあったのですが、その会社の展示品で看板。「これは売り物ではない」というのです。「売りたくないけど、、どうしてもと言うなら字彫りまでして300万なら」これ勿論、原価で運送代も積み立ても入っていません。当然、激安を希望のお客様なので決まりませんでした。

関東近辺、特に東京近辺、関西の一部はお墓の外柵にはお金を掛けない事が多いです。

東京近辺~関東にかけては外柵にお金を掛けない。そういう考えも多くあります。 それは、少し前のこの地域の石材店の一部で「外柵は納骨官(カロート)だから昔は土に埋まっていた(地下カロート)もの」なので「外柵にお金をかける位ならその分、墓石にお金を掛けなさい。」そういう考えがあった為です。又、関西、主に岐阜の一部では凝った外柵は少なく、巻き石が多いのですが、注文する時に「捨石」という発注の仕方をする会社もあります。「捨石という注文の仕方は、何でも良いからともかく安い石で」という意味です。意外な事に最近では霊園、特に民間霊園ではこの組み合わせは多く採用されています。(これは構造という意味で無く、外柵には良い石を使わず623等安い石を使うという意味です。)

関東で高級なお墓を見たいなら、、、神奈川特に鎌倉近辺がお勧めです。

国産墓石で良いお墓って何処にあるの? 身近で見たいなら、有名人のお墓を探す事です。 関東の場合、本小松が多いですが最高の物が見られます。ただ、古いので痛んではいます。又、数少ないですが、庵治石もあります。流石に大名や藩主のお墓に使われているレベルなので、石屋が見ても惚れ惚れするような素晴らしい石があります。ただ、古い物が多く「墓石の専門家」や「ベテランの石材店」でないと解りません。 では高級な日本の石で比較的最近作られた墓石は何処にあるのでしょうか? 関東であれば神奈川県、それも鎌倉近く、バブルの頃に建てられた霊園に沢山あります。最近と違い、区画も最低が3㎡~で6㎡、12㎡、24㎡、36㎡、、、それ以上の大きさの区画があり、三千万位の墓石が安い方になる。そんな場所です。 億越えの墓石も山程あります。大きいから当然です。ですが、、、良い墓石を見たい。それしか参考に出来ません。庵治石でも、本小松でも万成でも幾らお金積んでもここまでの石は多分、手に入らないと思います。 墓石以上に私が驚いたのは砂利の代わりにタイガーアイを敷いていたお墓があった事です。ここまでするのか?という程ゴージャスでした。 墓石の専門家の方のプログに「万成」が色が薄いという事が書いて有りました。正にそのとうりで、 神奈川県に最近お墓を建てる事があり、「万成」希望でした。価格も拘らないというので最高レベルの万成の石見本をお持ちしましたが、、、そのお寺の古い墓石に使われている万成に比べても色が薄く違う石になりました。もう、最高と言われるレベルの国産の石は「過去のお墓」の中にしか見れなくなってきているのかも知れません。石によりますが、まだまだ綺麗な石が採れている国産の石もあります。出来るだけ早期の確保した方が良いかも知れません。