石屋の社長の飲み会の話し。

実は当社、石の坊は利益を余り取っていないから儲かっていませんが、「お墓の販売数はかなり多いみたいです。」石の仕入先の1番多く仕入れている中国の商社に聞いた所「いしのぼうさん、最近多いほうよ」との事。「沢山販売して、売り上げも高いのに何故うちはお金が無いんだ」と石屋さん同志の飲み会で思わず酔って叫んだ所。「「「利益取らないからだよ」」」と突っ込まれました。良い友人達なのですが、高級車に乗る友人や背広姿が似合う友人に会うと(全部墓石関係者です。) 「何か、自分だけ石屋のおやじだな」と思うのです。石材関係の仕事をして20年、、同じ石屋でも何か自分だけ違う人になったみたいです。反面、作業着姿の社長やヨロヨロのポロシャツの社長と居ると(この人達も石材関係者です。)何だか「ほっとします」若い頃あこがれた「ダンディでおしゃれな石材店の社長」には私は成れそうもありません。 

最近、他社の墓石の仕入れの担当者と遭いました。

最近ちょっとした事から、他社の墓石の仕入れの責任者とあう機会がありました。私から見たら「墓石の売り上げランキング」にも入るような大きな会社の方で、「雲の上に住んでいるような偉い人達です。」そこでのお話しなのですが、、、「中国から墓石を仕入れているのに加工賃を気にしているのです。」 当社の場合は「石の坊さんとは加工が違うから高くて」そのような発言を他の墓石会社からも聞きました。私の会社も実は殆どのお客様がかなり加工をつけていますが(最低でも、最高級型がスタートなので) せいぜいが才(30cm立方)辺り5ドルも変わりません。(蓮華とかは別です。)そう考えるなら、茨城や群馬で3㎡クラスで普通に作って50才前後。1ドル125円計算でしても才辺り625円。50才のお墓を立派に作っても31250円の差しか原価で出ないという事になります。だから、当社の場合はお客様がシンプルにしてといわない限り、最初から最高級型です。加工の金額を気にしないで作れるからこその「中国加工」です。なぜ気にしなくてはいけないのか? 不思議に思います。

最近、他社の経営者や役職者によく会うのですが、、、(墓石店)

最近、何故か他社の経営者に遭いたいと言われ遭う機会が増えてきました。勿論、総てが墓石の関係者です。その殆どの方が情報交換と言いながら、「自分の所との兼ね合いを探っているような気がします。」特に、「お客様が相見積もりになっているかどうか?」を気になされています。ですが、、、、直接ストレートには言いませんが、気にする必要は無いと思います。何故なら、「当社で墓石の検討しているお客様の大半はそちらの会社に問い合わせもしないからです。」理由は凄く簡単です。当社にお問い合わせ頂くお客様の大半はネットからのお問い合わせです。その為、最初からネットの段階である程度会社を弾きます。その為、全部とは申しませんが相見積もりの相手に大手会社が入っている事は少ないです。大手でも「激安価格で墓石を販売している会社は別です。」少なくとも、大きな展示場を構えていたり、誰もが知っているような昔からある会社との相見積もりは20件あって1件あるかないかです。どちらかと言うと「墓石の安売り四天王」(会社名は書きませんが)との熾烈な品質、価格の争いをしています。例えば、「2㎡クラスの墓石で最高級加工で白御影で60万以下」で販売しているような会社が競合相手です。、、、だから気にする必要は無いと思います。「良い墓石を格安で買いたい」「他の会社では作れないといわれた」そういうお客様こそが当社のお客様なのですから、、競合しませんよね。

激安の墓石店の場合、墓石の写真の掲載が難しいと思うのですが、、、

当社の場合、激安で墓石を販売しているせいか、墓石の写真の掲載が難しいです。安く販売しているので、お客様も当社で購入されたのを知られたくないみたいです。実際にお墓の購入の際にお客様が「掲載OK」と言われても、いざ掲載をするとご家族から「掲載をやめて欲しい」と言われる事もあります。 よく当社のように安くお墓を販売している石材店で「コメント」や「写真」が掲載されているお店がありますが、どういう努力をして掲載しているのでしょうか?正直、羨ましく思う今日この頃です。

農薬等による、墓石の変色について

最近、墓石の色が変わったという症例がありました。恐ろしいですね、当社の墓石だけでなく、近隣の墓石まで周り全部が、虹焼け?を起してました。クンナムも、M1-Hも皆んな変色、、、原因は農薬か、除草剤の可能性が高いのですが、一対、何を使うとこうなるのでしょうか? 当社が建てた墓石だけでなく、他社で建てた墓石も含み近く全部です。 とりあえず、お客様と会いお話ししてみますが、こういった外的な要員まで当社のせいみたいに言われるのはむなしいです。 本クンナムを販売したお客様でしたが、、確かに「本クンナムは色あせないし50年でも100年でも綺麗なままです。」と伝えてます。「他の石と違って薬品も使ってないから大丈夫」とも言っていますが、流石に「外からの要因はどうしようもありません。」大手石材店でも保証しない内容なのに、思わずため息がでてしまいます。落ちると良いのですが、、、、、お詫び、この記事を書いたその後、理由説明があり、正式には、「農薬が染み込んで取れなくなった」というのが正しいようです。訂正として載せさせていただきます。又、今日現在、墓石の染み抜き処理で綺麗に取れています。DSCN0137

高庵寺 長谷川御住職様、富山の営業マン宮崎様 応援ありがとうございます。

いつも、ご紹介して頂きありがとうございます。私も気の聞いた記事でもお書きしたいのですが、方や御住職様方や墓石の専門家なので記事にしてお返ししてあげる事が出来ません。「利益にとらわれず、しっかりした記事を書く人達です。」とか「相談するに値するしっかりした人です。」「信頼できる方です。」と当たり前の事しか伝えようがありません。ちょっと歯がゆいですが、ありがとう御座いました。

極上の糠目石が入荷の目処がたちました。

私が石屋でまだ駆け出しの頃、外国産の石で「究極」と呼ばれる糠目石がありました。この石は糠目石なので水は他の糠目石と同じで吸うのですが、この石の特色としまして吸っても吐くのです。しかも、目が細かいといわれる。632や632Hですら並べると目が粗く見える程きめ細やかです。ただ、入手先が日本なので「日本加工」限定になってしまいます。シンプルな墓石でお墓を建てたいなら絶対にお勧めです。是非お問い合わせ下さい。

中国~石が入らなくなったら

余り、気にする必要は無いと思います。今現在でも、アフリカ、フィンランドをはじめブラジルやスエーデンなどから原石は入ってきています。なので気にする必要はありません。又茨城の石も恐らくすぐに無くなるような物でありません。その時には多分別の流通経路が見出されています。気にする必要は無いと思います。

高庵寺長谷川ご住職様、富山のお墓の営業マン.宮崎様 ありがとう御座いました。

記事についてのコメントありがとうございました。私は石材店なので、どうしてもプログなどの文章にする際に伝えたい事を旨く伝えられない事が良くあります。親切丁寧にかみ砕いてご説明して頂けて嬉しく思いました。ありがとう御座いました。