お墓の目地(コーキング)について

最近、お墓のの納骨の後の目地(コーキング)について聞かれる事があります。古い石材店や石屋さんの中には「埋葬後、拝石部分(蓋周り)に充分に目地止めしておかないと、カロート内に雨水がたまってしまう。」そういう方がいまだに多くいられますが、、、10年位前から実はこの拝石部分周りの目地止めには余り意味が無いという事が解ってきました。 その理由としましては水が出る立地のお墓はこんな事では防ぐ事はできない。 あらかじめ水対策を講じたお墓の場合はコーキング等しなくても水は一切気にしなくてもよい。そういった理由によります。ちなみに、物凄く水が出る立地ではどう頑張っても水がでます。 当社で納骨の際に600件のお墓を調査した所(関東の都営市営霊園調べ)拝石を上に設置したお墓の殆どが水が入った形跡がありました。つまり、モルタルやコーキングをしても水は入ります。一番大切なのはお墓の作りです。水抜き穴を設置したり、水対策を取る事です。 目地止めは新しい作りのお墓(丘カロートや排水処理のあるお墓)のお墓ではただの化粧(デザイン)ですので見栄えが気になるなら入れない。そういう選択もありかと思います。 一部の民間霊園では「目地止め(コーキング)をしない。」そういう霊園もあります。最近、しっかり水対策されたお墓なのにものすごく厚く見栄えの悪い目地を後からされたお墓を見た時悲しくなりました。 節に新しい考えを導入して貰いたいそう思います。新しい考えのお墓なら「石の坊」までお問合せ下さい

古い技術でお墓を作る石材店にご注意下さい。

関東だけかも知れませんが、、、未だに古い技術でお墓を作る石材店がまだまだ多数あります。ちゃんとした接着もしないでモルタルを詰めただけ。そんな施工をします。結果どうなるか、、、数年で外柵は口があいて、墓石は押すだけで傾きます。意外にも老舗とか伝統を自慢する石材店に多く存在します。勿論、新しい技術を学び施工する歴史のある墓石店もあります。ただ、未だに古い技術で建てる石材店も多く存在します。 石材店を選ぶ場合はその辺りの注意も必要です。新しい技術のお墓は石の坊 まで
DSCN0422

お墓の清掃は真心よりも高圧洗浄機

私自信が墓石会社に勤めていた時。「お墓はまごころを込めて磨くんだ。」そう教わっていました。ですので、納骨の際には大体1時間以上前にお墓の前に行き真心をこめてお掃除したものです。ですが、最近では高圧洗浄機を使うようになりました。(うるさいので霊園によって使えない場合もございます。)それで実際につかってみると、驚く程汚れが落ちるので3年くらい前から使い続けています。これは墓石店ではなく、知り合いの「墓石の修復を得意とするサポート店の社長」から教わった事です。私が以前勤めていた石材店では未だに大手にも関わらず、雑巾でふくだけです。そう考えると真心より技術の時代が来たのかも知れません。 新しい技術のお墓なら石の坊まで