歴史のある石材店、実は余り墓石店に歴史は関係ありません。

よく、墓石店の中に「自信の会社の社歴の長さ」を自慢する石材店が多く、中には「歴史の浅い石材店は駄目だ」と言い切る社長もいます。実際の所はどうなのでしょうか?「はっきり言いまして25年、もう少し大目に見ても30年前のお墓の技術は殆ど使い物になりません。」これは実際に私が大手石材店に居た時にした調査なのですが、昔しの技術で建てたお墓のうちかなりの数が「竿石を押したら簡単に動きました。」また、少しでも職人が楽に施工出来るように「芝台を割ったり」少し大きな部材があったら割るのが当たり前。そんな感じの石の切り方をしています。 これが施工がしにくい場所ならいざ知らず、大きな道路に面した場所ですら、その様に施工します。 又、昔は、今なら必ずしっかりした基礎を作る地域でも「基礎なんて要らない。」そう言って基礎すら打たない、打っても3㎝から5㎝。15㎝も打てば素晴らしい基礎だ。そんなのが当たり前だったのが30年前。又、昔の石材店の一部は「わざと壊れるようにお墓を設計している会社もありました。」例えば、大谷石を大量に使う。見えない所は壊れやすい部材を使う。「わざと壊れるよう」に書きましたが、これは「10年位で壊れるように作るのではなく、80年位で壊れるように作るのです。」何故、壊れるように作るのか、表向きは「一世代で1回お墓に携わる事をすれば運が開けるから。」裏の意味では「自分の子供の世代でも仕事が欲しいから」になります。つまり、僅かに時代を遡れば、「壊れやすいお墓を作るのが当たり前。」そんな時代にお墓に関してはなってしまいます。実際に昭和60年代に書かれたお墓の本に「お墓は1代位で手直しがある作りが好ましい。」と書かれ、、「本小松のように劣化していく石や山崎(国産の方です。)のような石が好ましい」と書かれています。墓石業界は先人が苦労をし、試行錯誤しながら進んできた世界です。ですが、、事新しい技術や施工方法が進んだのはまだ、最近になります。 古い物に捕らわれずに新しい技術で施工する墓石店こそが良いお墓を作れるお店だ。少なくとも私はそう思います。 ちなみに当社の施工法は前回の震災の時に「茨城で倒れなかった施工」を用いて施工しています。無骨に見えるかも知れませんが、丈夫さは折り紙つきです。 

石の坊が他の激安石材店(墓石店)と違う事


石の坊が他の激安墓石店と違う事。それは「私がしっかりと経験を積んでいる事」だと思います。様々な大手を含む石材店で働きながら身に着けた物を基準にしたお墓作りをしています。だからこそ、品質、価格には自信があります。 石の仕入れ先は「大手石材店時代に開拓した商社」から仕入れていますし、中国にも行きまして工場をまわり、日本の石材店がどこの商社から仕入れているか検証し、その中からしっかりした商社を選んでいます。又施工に関してはこれ又、「勤め人時代から知っている業者にお願いしています。」 「つまり大手と同じ仕入先から石を仕入れて」「大手と同じ施工をしています。」それでお安く販売しています。「特に今回売り出しで税抜き総額35万円のお墓」は大手石材店時代に120万円前後で販売していた物です。(全く同じにすると問題があるので多少デザインは変えています。)その為、絶対の自信があります。もし気になりましたら石の坊までご相談下さい。

国産墓石には二級品やB級品はありますが、海外産の墓石には基本、B級品はありません。


よく「安い墓石店はB級品の墓石を使っているから安いんだ。」そのように主張する石材店が多くあります。実は国産の石材には二級品とありますが、海外産の石材の殆どにはB級品は存在しません。国産の石で例えば、稲田石辺りだと、1級と2級があります。大島石にも特級、1級、2級があります。通常は善良な石材店ならこれに関してはちゃんと告知して販売するので問題は無いと思います。勿論、当社でも国産の石を販売する時には産地証明や等級を証明する書類をおつけ致します。 逆に海外産の石材については如何でしょうか? 基本的に中国の工場や商社をまわると、「うちは才単価幾らです。」こういうお話しをします。才単価とは(30㎝立方辺りの石材の値段です。)勿論、高い商社もあれば、安い商社もあります、ただ、G623辺りで安い商社と、高い商社で8ドル位しか差はありません。1ドル100円で考えて1才辺り800円の差です。都営霊園のお墓で20才位の物で考えて16000円位の差額 。実は少しでも安くという考えは案外、大きな石材店や老舗の石材店の考えに多く見られます。実際に「仕入れ担当部長」と役職の時には「一生懸命値切っていました。」又少しでも安い石を購入していました。今現在の私の考えは「わずかな金額をケチって問題が起こるなら、値切らない方が良い。」むしろわずかな金額の差なら高い石を買う。その考えにつきます。ただ、実際に高い石を買っても半分保険のような物なので実はそうは違いはありません。 実は本当に気にしなくてはいけないのは「石の値段」より次の段階の加工の方です。これは大きく分けると中国では4ランクに分けられます。当社の場合はこの加工には特に気を付けまして美術レベルの工場を使います。 石についての知識とかは石材店に聞くよりも利益に関係のない専門家に聞いてみた方が良いです。(石材店は高い物を売りたいから安くて良い石があってもけなします。)実際に623なんて安くて欠点らしい欠点もないのに「悪い石」なんて言い張る石材店も多いです。 悪いと言い張るくせに「予算の無い方には普通に販売しています。」利益を気にしないで石をチョイスする。そんな墓石店こそが理想だと思います。

大手石材店について(思ったより大規模なのです。)

たまに、大手石材店でも「社員の人数は10人位でアポインターさんが20人位」石材業界の大手でも実は規模が対したことない。そう書かれている同業者やルポライターがおります。当社には余り関係ない話しなのですが、余りにも規模が違いすぎますので書かせて頂きました。私は元々は大手石材店や中規模石材店で働いていてそこから独立して石材店を始めたものです。なので「大手石材店で実際に働いていたのです。」まず社員の人数ですが、大手石材店は支店の数だけで10を超えています。だから、社員が10なんて事はありません。社員が10人位だと中規模にも届きません。 大手石材店の中では比較的小規模な会社で、社長(経営者)専務(1名)常務(1名)部長(3~5名)課長(3~5名) そして支店長(各支店1名) 支店長補佐(各支店1名)その下に営業(各支店4名から8名位) アポ長(各支店1名)アポインター(各支店8名から16名) ざっとこの位はいます。その為、10支店もある石材店なら、正社員だけでざっと60名から80名パートを入れると更に160名最大で足すので240名位になります。更に民間霊園にまで入っていたら待機のパートも雇います。そう考えたら石材業界の大手と言えるのは大体300人前後の会社だと思います。案外、名前が有名な会社でも中規模会社も多数あります。その為営業はかなり頑張らないと大変なのです。ただ、大手石材店の重役は結構ダンディでかっこよく見えます。(スーツが良く似合う人も多いです。)昔は私も目指したのですが、、、何故かスーツが似合わない人間になってしまいました。

最近、自社のお墓が如何に優れているか書いてあるプログを見たのですが

最近、ある石材店の方の書いてある方のプログを見たのですが、会社名などはあえて書きませんが、「自分の会社の墓石に比べ激安墓石店の墓石が良くない」と写真付きで説明している物でした。、、、では何が問題なのかというと、「どう見ても公平な比べ方」をしていないのです。恐らく、激安店の写真の方は恐らく50万円位でそれなりに作られている墓石です。小さな写真でみる限りよくできています。それに対してその会社の墓石はインド産の緑色の石を使った多分200万円前後で販売している、そういう墓石です。もし、公平にプログを書くなら「同じ金額で作った墓石」で比べなければ意味がが無いと思います。相手が50万なら自分も同じく50万で作れる墓石で比べる。そして当社なら50万でもここまでの墓石がつくれるんだ。それなら「凄い」そう直に思えると思います。ですが50万円位の墓石の対して自社の高額な物をぶつけて「うちの墓石は凄いでしょう?」、、、「当たり前じゃないか」としか思えません。「車になおすなら80万円の車と320万円の車を比べて320万円の車の方が良いだろう。」うーんそれは当たり前の事ですよね。

安い石材店程、実は年間施工件数は多いのですが、、、


先日八柱霊園をご案内した時に聞かれたことです。「石の坊さんは年間どの位の数の施工をするの」と。詳しく聞いて見ると、「安い石屋さんには年間数件しか施工しない会社もあるって言われたから」と言うのです。これは実は逆です。高い石材店程、施工数は少なく、安い石材店程施工数は多いのです。その為「聞き間違いじゃないですか」と伝えた所「間違いなくそう聞いた」と言うのです。一応、説明させて頂きましたが、「当社の場合は1件平均利益が8万円なんですよ、、、10件しか年に売れなければ80万円、生活出来ないでしょう?」「確かにそうですね。」「だから、大体年に最低でも100件以上の仕事はしています。」ここまで説明してようやくご理解頂きました。石屋の世界で無くても「薄利」の会社は「多売」しなければなりません。その為、施工実績数は「安い墓石店程多いのが当たり前なのです。」 高庵寺の長谷川ご住職や富山の宮崎さんまで詳しくなれとは言いませんが、せめて普通に考えておかしい説明は辞めた方が良いと思います。

当社の場合よく勘違いされますがWEBの石材店ではありません。


良く価格が安いのでWEBの墓石店と勘違いされますが、当社、石の坊は「普通の墓石店」です。 ご予約頂ければ「現地案内」をしまして実際の施工例をお見せします。又、当社事務所でお会いしまして写真等をお見せしながらお話しを聞く事も可能です。更に訪問説明や待ち合わせ説明も可能です。そして、1番の違いは基本的には対面販売しかしていません。

「その金額でも作れる詐欺」にご注意下さい。

 

最近、お客様から聞いた話しです。先日ご契約をしたお客様なのですが、「本当にこの金額でお墓が作れるのか?」そう何度も聞き返すのです。ご希望していたのは、当社で販売している35万円のお墓で消費税込みで378000円で販売している物でした。(この金額で工事申請も初回納骨手数料もサービスになっています。)「何故、そこまでしつこくきくのだろうか?」そう思って聞いてみましたら、他の墓石店で、当社のHPのお墓と金額を伝えたら「あれは質の悪い石を使って対した加工もついてないお墓だから安いんですよ。」そう言われたそうです。しかも、それだけならまだしも「あんな物ならもっと安く作れる。」そう言われたそうで、それならば「同じ物なら安くなる」と判断してお会いしたそうなのですが 最初は人当たりが良くお話ししてくれていたそうなのですが「同じ物で安く作って欲しい」と要望を伝えた所急に豹変して「まともなお墓を作りたいなら60万円は出さないと建たないよ」そう言われたそうです。ホームページにはしっかりと30万円台からお墓が作れる(実際には30万円台前半の金額が書かれています。)と書かれています。予算が無いから、どうしてもこのお墓と同じレベルで安く作って欲しいと言うと「30万円台って墓石だけの値段だから、彫刻料金は別、据え付け賃も別」とか言い出し、こちらの会社(当社)は全部含んでいると説明すると「どうしてもというなら作るけど、保証はつけられない。」「こんなお墓は碌な物じゃない。」「まともなお墓じゃない。」の一点張りどこがおかしいのか聞いたら、この金額で「まともなお墓が建つわけがない」と言われたそうです。結局この会社はこの方に「お墓を販売しませんでした。」正直申し上げまして「出来ないならHPには書くなよ」そう言いたくなります。この方の場合は家庭の事情で予算が無かったんです。都営霊園の永代を支払ったら一杯一杯だから、そこまで言われても30万円台のお墓が欲しかったのです。当社で「だったらとりあえず霊園をご見学しませんか? 実際に35万円のお墓も39.8万円のお墓も建っているから御覧になれますよ。」と説明をしましたら、「思ったより墓石大きいんですね」とか「スリンまでついているんですね。」と感動してすぐご契約頂きました。もう少し優しい営業って出来ないのでしょうか?少なくとも「出来ると言って会うチャンスを貰って、後でやっぱり出来ない」というのは詐欺に近いと思います。都営霊園の激安のお墓なら当社までお願い致します。本当に30万円台でお墓が購入可能です。

お墓の納期が何故3か月必要なのか


当社の場合は、お墓の納期を基本3か月頂いております。ですが、納期についてお話しをすると、「なんでそんなに遅いの、他は45日とか60日と言われたよ。」そう言われる事が多々ありました。実際の所はどうなのか?「当社の場合は3か月で契約しても早いお客様は大体45日から60日でお墓は建っています。」ですが、「何かあったら」そう考えると1か月の余裕は欲しくなります。 今回の写真はたまたま職人さんが昼休みに食事から帰ってくると、施工前の墓誌が置いていた場所の枕木から落ちていたそうです。見て見ると傷がくっきりとついています。 「誰かが足を引っかけたのではないか?」と考えられます。理由は特定できませんが、勿論交換しなければなりません。これが納期が45日か60日だったら、茨城の真壁に持ち込んで修復ですますしかありません。(勿論、傷はすっきり消えます。)ですが、納期が3か月あれば、修復で済まさないで、「部材交換」が出来ます。その為に「3か月の納期が必要なのです。」 納期3か月は「しっかりしたお墓を作りたい。」その気持ちの現れだと思って頂けると助かります。

本日は九十九里に行ってきました。

本日は、野墓地の改装工事のお話しをしに九十九里に行って参りました。実は、墓石店にとって野墓地の依頼程楽しい仕事はありません。何しろ規定が無いので自分で考え、お客様のご要望を聞く事が出来ます。昔しの石材店には「野墓地の仕事が出来て一人前」そんな言葉がある位です。 で話しは飛びますが、そこで私には到底できないお墓がありました。そのお墓は、、、何と多分ですが「アルミ」で出来ていました。しかも八寸角の和型です。しかも文字もしっかりと作られています。写真を撮りたくて仕方無かったのですが、、、これは多分金属会社が頑張って作った物だからまずいだろう。そう思い我慢しました。 又行くことがあったらゆっくりと眺めてみたいと思う。そこまで凄いお墓でした。