本日は青山霊園で納骨して参りました。

本日は青山霊園にて納骨をして参りました。

嬉しい事にお客様よりプログにアップしても良いという許可が得られましたので写真をお載せします。

石に詳しい人が見たらすぐに解ると思うのですが、高級石材のインパラブルーとアーバングレー(MD5)で施工しています。

ここ最近、インパラブルーの石目は悪くなりつつあります。中には色が薄れてしまい、殆どグレーに見える物も多いです。

ですが、当社であれば、その中でのお話しになりますが、何とか他よりも色の濃い上質な物を手に入れる事も可能。

見て頂くと解る通り、色が濃く上質なのが何となく写真からでも解ると思います。

また、MD5(アーバングレー)も上質な物なのが写真からわかると思います。

何となくですが青々(実際には緑緑ですが)しているのが解ると思います。

しかも「張り合わせで1つのパーツを2つの石で作る技術も使っています。」

これが美術工場レベルの墓石の仕事です。

本当の激安墓石販売は、「安い物を安く売る」のではなく、「価値のある物やお客様が満足する物」を販売する。

それにつきると思います。

石の坊では拘りの墓石、思いの籠った墓石の制作も格安でお作りします。お気軽にお問合せ下さい。

違う石での墓石修復(国産墓石の修復に中国材を使う。)


墓石の修復でたまに、「香炉が割れたから交換して欲しい」「花立を交換して欲しい」そういう依頼があります。

そこで重要になるのが石目合わせです。国産の石でもう採れてない石もあります。

そんな時に以外に探して見ると中国材で似た目の石がある時があります。

写真の香炉はNA50で制作した物ですが、昔の福島の石で似た石があり案外マッチしています。

国産墓石のまま修復したいけど予算が無い、又元の石が取れていない。そんな場合は「似た石」を探して石目合わせ
するのも良いかも知れません。

これが、総額30万円のお墓です。騙し無しで本当に建てます。



これが実際に施工した総額30万円のお墓です。見ての通り石塔は洋型の最高級型で出額付きです。

お客様のプライベートに触れるから彫刻は消していますが、しっかり彫刻もしてあります。

墓石代金、文字彫刻料金、積立費、基礎代金、戒名彫刻2霊、ステンレス花立、香皿つき

しかも、都営霊園の工事申請も初回の納骨手数料もサービスとなっております。

実際に「多磨霊園」「八柱霊園」には複数建てています。税込み324000円、石は3種類から選べます。

2㎡以下ならこれ以外一切お金は掛かりません。

これが石の坊が提案している「激安価格の墓石」です。変な物を安く売るのではなく質の良い品を安く提供。それが本当の激安販売店です。良く、「うちも安く出来ます」なんて石材店もいますが、殆どの石材店は「総額30万円ではつくってくれません。

墓石を安く建てるなら石の坊までご連絡下さい。

これが総額35万円で施工可能なお墓です。



これが実際に施工した総額35万円のお墓です。見ての通り石塔は洋型の最高級型にスリンをつけて出額付きです。

お客様のプライベートに触れるから彫刻は消していますが、しっかり彫刻もしてあります。

墓石代金、文字彫刻料金、積立費、基礎代金、戒名彫刻2霊、ステンレス花立、香皿つき

しかも、都営霊園の工事申請も初回の納骨手数料もサービスとなっております。

実際に「多磨霊園」「八柱霊園」には複数建てています。税込み378000円、石は3種類から選べます。

2㎡以下ならこれ以外一切お金は掛かりません。

これが石の坊が提案している「激安価格の墓石」です。変な物を安く売るのではなく質の良い品を安く提供。それが本当の激安販売店です。

墓石を安く建てるなら石の坊までご連絡下さい。

多磨霊園のリフォーム工事

今回は多磨霊園でのリフォーム工事について書かせて頂きます。 お客様よりプログの掲載をしても良いと許可を頂きましたので載せさせて頂きました。1枚目の写真が元のお墓の写真です。そして2枚目が解体撤去した写真なのですが、何かおかしく思いませんか? そう基礎が無いのです。そう、ただ土を叩いて置いてあるだけでした。一応掘って見たのですが、下には砂利すらありませんでした。昔のお墓をリフォームして思う事は「昔は墓石店の仕事にかなりの差がある事なぁ」という事です。それこそ、これでもかという深い基礎工事もあれば、「あれっ基礎が無いよ、このお墓」ってものまであります。これこそが、「私が老舗の墓石店でも信頼を置けない墓石店もある。」そういう一つの理由です。お墓のリフォームの面白さは壊してみないと解らないことにあります。今回の場合は、基礎が無い状態でしたので、鉄筋入りの布基礎を作って新たな外柵を設置させて頂きました。外柵の石には珍しいG639という石を使わせて頂きました。「このG639という石ですが、日本には余り入ってこない珍しい石です。まず、他社では扱いがありません。石目はG623とMD5を足して2で割って少し茶色を足した感じです。国産の元の石との色合いも悪くありません。香炉も墓石に似た色で新調しました。 多磨霊園のリフォーム工事も多数実績があります。お墓のリフォームも何なりとご相談下さい。

参考までですがここまで作っても石の坊なら総額68万円です。


石の坊が安いのは石を使わないデザインだから、その様に言われた業者があるそうです。ですが、石の坊の本領は実は、「豪華であれば豪華である程実は他社に比べて安くなります。」図面の墓石は実際に依頼のあった物です。千葉のお寺様に納品予定です。石は白御影(G697 623や614よりは高級です)ですが、墓石代金、外柵代金、墓誌代金、塔婆立て代金、積立費、彫刻費、戒名彫刻費、基礎代金まで全部入って税抜き総額68万円消費税を入れても総額で73万円です。茨城、群馬で修行したので結構豪華なデザインも石の坊は得意です。もし豪華な墓石がお好みであれば、豪華なデザインとご指定頂ければ、豪華なデザイン墓石も激安価格で提供させて頂きます。

新しい試み デザインの向上(都営霊園)


ここ暫く、平日に少し時間の余裕が出来たので、都営霊園の見学に行く時間が増えてきました。価格面はかなり頑張り、30万円総額の墓石を提供できるようになったのですが、デザイン的にも安くても良い物が作れないか工夫をしはじめました。工夫の成果が最近実を結び他社で60万円前後の墓石も30万円台で提供可能になりました。図面のお墓も安い石であれば30万円台前半で提供可能です。ご興味がございました、石の坊までご連絡下さい。

青山霊園当選後の注意

今回の記事は都立青山霊園についての記事を書かせて頂きます。

青山霊園の墓所はある意味「当選後もう一度抽選がある」そう考えた方が良いかも知れません。

その理由としましては「当選場所による運、不運」があるからです。

1.立地による運、不運

この立地による幸運と不運が実に多いのは青山霊園です。日当たりの良い凄く綺麗な墓所もあれば、日当たりが悪く
じめじめした墓所もあります。最悪、日影が多くじめじめした場所では蚊が多く発生していて、納骨の際に沢山の蚊に
かまれた事もあります。それでも場所が青山なので高額です。当選した後に「あたった嬉しい」それだけじゃなく
霊園を1週散歩して「本当にこちらで良かったのか?」それを検証した方が良いかも知れません。立地によっては
見送って、再度抽選に挑むのも一つの手です。

2.墓石の立てやすさの運、不運

青山霊園の墓所を見て頂くと解るのですが、平地と傾斜地があります。傾斜地だと、基礎の打ち方やお墓の建て方
のコツがいるので、慣れてない墓石店だとうまく建てれない事があります。

この二つを考えながら、墓石の計画を考えて行くと良いかも知れません。

偽 激安墓石販売店の注意


ここ暫くの事です。「本当にこの金額でお墓が建てられるのか?」そういうお問合せが増えてきました。中にはもう既に墓石を購入した後での問い合わせも多数あります。理由を聞くと「同じように激安と宣伝している石材店で嫌な思い」をしている人が多いそうです。その偽激安墓石店の言い訳について書いてみようと思います。 

1、「同じ物ならもっと安く作れるけど、作りたくない。」そういう言い訳をするお店

結局は難癖をつけて高額な墓石を売られます。実際に当社の35万円のお墓が希望だったお客様に最低でも65万はないと建たないと言われたそうです。

2、「その金額は墓石代金だけ、別に費用が掛かるんですよ。」

ちゃんとHPを見れば一発で解るのにその様に言うお店があります。そして、その場での即決を促されたそうです。

3、「その金額で作っても良いけど保証しない」

保証なしで売り付けて、しかも基礎すら打たないで建てたそうです。

正直、何をしているんだかと本気で思ってしまいます。嫌な言い方かも知れないですが「そんなにお墓を安く購入するお客様が嫌いなのか? そう思ってしまいます。前にも言いましたが、「激安墓」とは私の中で「本来は高いお墓を安く販売する事です。」粗悪品や欠陥品を販売する事でなく、ちゃんとした商品を安く販売する事です。「お客様を泣かせる位なら、うちは激安の墓石は作ってないんです。」とちゃんと断った方が良いと思います。安くてもしっかりした墓石なら石の坊までご連絡下さい

お宅で作った墓石が傾いたどうしてくれるんだ←勘違い


今日、朝6時にいきなりクレームの電話があり起こされました。クレームの内容が「お前のお墓で墓石が傾いた。どうしてくれるんだ。」そういう内容でした。寝ぼけた頭に活を入れお話しを聞いたのですが、ピザの斜塔の様に後ろに傾いたというのです。事細かにお話しを聞いた所、墓石だけが傾いた、そういうお話しでした。そこでようやくおかしい事に気が付きました。「当社のお墓は尺基礎に拘っているので外柵事ならいざ知らず、墓石だけが傾くとは考えずらいのです。」しかも、幾ら考えても、「そのお客様の名前が浮かび上がりません。」会社について調べてもそのお客様のお名前がなく、メールで傾いているお墓の写真と怒りの文章が送られてきていました。確かに当社のお墓に見えます。ですが送られてきた写真をよく見ると「巻石の内側に土が見えて雑草がありました。」 当社のお墓は「基本べた基礎の尺基礎」なので内側に土がある訳がありません。そこで、こちらから、再度お電話し、「お客様との契約書が無いので、図面ナンバーを教えて下さい。」と聞いた所、その図面ナンバーは契約になって無い事がわかりました。そこで「あの、その図面では契約してないのですが」そう説明した所、当社の図面を他の石材店に持ち込んだそうです。そうしたら「この石でこの工事なら安いのが当たり前、当社でも同じ金額で作れますよ。」と言われ墓石を作って貰ったそうです。「だったら、作って貰った墓石店にクレームを出せば良いじゃないですか」流石に少し強気に言うと、その方の言うには、建てた石材店が「持ち込んだ図面通りに安く建てただけ。こんなお墓はうちでは普通は建てないし勧めもしない。だから、ちゃんとしたお墓は65万円は掛かると言ったでしょう。」と逆切れされたそうです。そして「お宅の図面でえらい目にあった。いくら安いとはいえ、壊れるお墓を販売する態度が気にくわない。」当社に対してそこまで言うのです。流石に腹がたってきたので「あのお墓はしっかりと尺基礎(30㎝)の基礎を打って、その中の水抜き穴の中に御影石の地下カロートを作って、その上に施工するんですよ。」と説明。それでもなんだそれは見たいな事をいうので「べた基礎ってわかりますか?」と聞くと解るそうなので、「それを打ってから作るんです。」というとようやくわかった様子。そしたら今度は「基礎代は別に掛かるとか書いて置かないと不親切だ。」そういうので、「35万円の金額には基礎代も入っています。」と説明しました。最終的には「基礎を打ってないから倒れたのか。」で納得しました。ですが、正直クレーマーですよね。だって「勝手に当社の図面を他社に持ち込んでお墓を作って、しかも当社にクレームを言うなんておかしいと思います。」今回の件で1番悪いのは「倒れるのが解っていて基礎も無いお墓を作った石屋(さすがに土を掘って納骨室を埋めて墓石おくだけは酷いです。)」ですが、お客もけっして良い人ではないと思います。修復したいから見積もってと言われましたが、お断りしました。「だって流石に他社の保証書のついたお墓の修復は怖いので」一応「保証書を掲示して、差額修理を依頼してみては」とアドバイス。そして「うちのお墓で無いので、その墓石店と話し合って解決して下さい。」と言って受話器を置きました。正直つかれました。(図面は今回のお話しのお墓と同じ図面のお墓です。)