この時期お墓のお参りで必要な物。



今の時期にお墓参りや納骨の際に必要な物。

それは水です。最近寒い日が続いていて、案外、霊園やお寺の水道が凍っています。

ここ暫く、納骨で 多磨霊園や八柱霊園に行っているのですが、午前中だと

かなりの確率で水道が出ません。

お参りなら ペットボトル2本でも大丈夫ですので、水の持参をお勧め致します。

地方の方は当たり前のように持参していますが案外、都営霊園のお参りの方は持参しなくて困っている人が多くいました。

最近お墓が安くなったせいか薄い基礎が増えてきました。



最近、都営霊園で工事をしていると薄い基礎工事が増えてきました。

以前は工事をしますと案外深い基礎が多かったのですが、最近は当社が基礎を掘ると横のお墓が薄い場合も多いです。

正直言いまして、都営霊園なら、当社のように尺基礎まではしなくて良いと思いますがせめて半分の15㎝は欲しい所です。

ですが、最近では墓石の安売り戦争のせいか8㎝や5㎝、場合によっては基礎工事が無い。そんな基礎も増えてきました。

正直いまして横の墓石工事をするだけで、5㎝や8㎝だと崩れる可能性があります。

先日は横に基礎が無いお墓の工事をしたのですが養生しないと崩れそうで怖かったです。

せめて安くても15㎝の基礎は作った方が安心だと思います。

ただ、当社は尺基礎に拘っていますが、、、、

都営霊園の納骨やお参りは冬場は午後がお勧めです。



都営霊園の納骨やお参りは「午後」がお勧めです。

その理由としましてまず、この時期朝早くに都営霊園に行くと水が凍結していて出ない事があります。

私は午前中の納骨の場合は気を付けてポリタンクに水を入れて持っていくようにしています。

又、トイレに入ると水が出ないせいか流してない状態もしばしみます。

そして、何より10時位になると区画によっては霜が解けてきて沼地のようになります。

その為、この沼地の様になっている道路からお墓に行くのでお墓が泥だらけになります。

私も、実はこの泥に足をとられて転んで拝石を落としてしましました。

運よく欠けなかったから良かったのですが欠けていたらと思うと怖くてなりません。

又、法事の際にお客様が転びかけて手をついて焼香台をひっくり返す事もありました。

敷石も凍っていて滑って危ないです。

写真は、先日の多磨霊園の舗装されていない道路の様子。

実は写っている靴も納骨前はピカピカでした。

泥だらけで嫌な思いをするより、午後にお参りした方が良いかも知れません。

クンナムEは偽クンナムなんですか?



「クンナムEは偽クンナムなんですか?」最近、その様な質問を受けました。

そこで、その方への回答に少し付け加え書いてみようと思います。

昔し、「クンナム」と呼ばれていた石は日本には1種類しかありませんでした。

その後にクンナムEが入ってきました。

そして、その時、最初に日本にあったクンナムの石を「本クンナム」

その後に入ってきたクンナムEを「偽クンナム」と呼んでいた時期がありました。

確かに名前だけ聞けば「偽物」と取られるかも知れませんが、実際の石の金額は
クンナムEも元からあったクンナムも殆ど変わらなかったと思います。

そう呼ばれていた時期がある。それだけです。

もし、偽クンナムという言葉を使うのであれば「最初のクンナム(本クンナム)は実際に
もう流通していない」

ので、今だとすべてのクンナムという名前の石は偽クンナムという事になると思います。

ただ、この話しはもう30年以上も前の話で「関東の研修会」で聞いた話しです。

地方によって、もしくは専門家によって見識が違う方もいます。

ちなみにEという丁場がインドには無いという方もいますが、Eは丁場ではなく採掘会社の名前です。

昔は丁場ではなく、「売り込んだ会社」が名前をつけていました。E(会社名は悪用されるといけないので書きません。)という会社が採掘したクンナムという意味が正確です。

ちなみにこの会社は今でもクンナムと名前がつく石を2種類発掘しています。信頼のおける会社です。

ちなみに「イースト」とはちがう石です。ただ、当時は知識が少なく、平気で図鑑にもクンナムE(イースト)と書いてありましたので、間違えていても仕方ないと思います。実際に大手石材店勤務の私もEとイーストを混同していました。

ちなみに、石自体もそっくりです。

「偽クンナム」というと嫌な感じにとれますが、実際の石質は退色の殆ど無い良い石です。

又、高級な石なので安心です。ただ、偽物も多いですが、、、、

 良い石かどうかなら、クンナムEであれば退色の少ない

良い石です。