純国産墓石に近い物を中国で作る

純国産墓石を中国で再現する。

またこういう内容を書くと嫌われると思いますが、最近の私のテーマになります。

実は、純国産墓石の多くは加工をつけて作らない。

そういった前提で作ります。

国産の加工料金は高く、僅かな加工でも高額です。

その為、古いお寺等を見て回ると解るのですが、国産に拘って作ったお墓の多くは加工が余りついていません。

又、純国産加工に一目で解るようにするなら石の組み方にも拘らなければなりません。

特に、沢山の加工をつけてしまうと、関東辺りだと見た目が中国加工に見えてしまいます。

そこで、私の考えたのは私自身が墓石屋経験が永いので国産加工で作った図面を結構な数持って居ます。

その図面を元に中国で加工する。

その加工をする工場は「真壁で修行した職人がいる」「日本人の指導員がいる」「日本人の職人から指導を受けた事がある職人がいる」「日本の老舗の石材店の仕入れ先になっている」

その辺りを中国の工場からピックアップ。

文字に関してもメイドインジャパンの文字彫刻ソフトを使っている業者を選ぶ。

これで、加工は中国で行いますが「技術は日本の技術」で制作した、純国産墓石に近い、中国加工の墓石が作成できます。

真壁小目辺りや大島で作って見るのも良し、 クンナムやインドPAN等の高級な石材で作って見るのも面白いかもれません。

もし、ご関心がございましたら石の坊までお問合せ下さい。

最近20万円台から30万円台のお墓が充実してきました。

最近20万円台から30万円台のお墓が充実してきました。

都営霊園で2㎡以下ならコミコミ22万円から作れますので是非お安く墓石を建てたい方はご相談下さい。

激安墓石の相談は石の坊まで

墓石は安い石材を選んでも良いんです! 

都営霊園での案内会や事務所での面談が盛況です。

そこで、最近良く、吸水率や品質を気にするお客様が結構います。

中には、図鑑やインターネットで細かく調べる方も居ます。

ですが、個人的に言わせて貰うと「そんな事気にしても仕方ありません」

お墓の場合は本来は「石の品質よりも実は立地」に左右されます。

家で考えて下さい。

川の傍に家を建てたら湿気が凄いでしょう?

海の近くに家を建てたら塩害が凄いでしょう?

石の品質に拘るのは「そういった場所」ならではと思います。

そういった場所で建てるなら、気にする必要もあります。

実際に当社でも九十九里や安孫子等で建てる場合は石の提案を厳選します。

ですが、そういった物の影響を受けない地域なら「どんな石を選んだって問題はありません」

但し、その石本来の状態を知った上ならです。

例えば、水を吸う石の代表に上げられる G614だって普通にお寺や霊園に建っています。

G645も同じです。 あえて選ぶ必要はありませんが、大手石材店が物凄い数を販売したので沢山建っています。

そして、その多くのお墓は普通に使われています。

水を吸った後の姿を見て気にならないなら…少なくとも東京近郊なら何の問題もありません。

当社の場合は、実際に現場で水を吸ったG654やG614をお見せする場合もあります。

「これの事なの? これ位なら全然気にならないよ」という方もおれば「やっぱり水吸うんだね」と気にする方も。

つまり、「これの事なの? これ位なら全然気にならないよ」というお客様にはG614だってG654だって悪い石ではなくなります。

逆に「やっぱり水吸うんだね」というお客様には良くない石になります。

自分にとってのベストの石は石材店のお勧めではなく「本当に自分が気に入った石」です。

アドバイスや情報に左右されるのではなく、本当に自分がその石が好きなのか考えて見るのも必要です。

写真は実際に外柵に使用されていたG654とG614です。

高額な墓石って必要なのでしょうか?

高額な墓石って必要なのでしょうか?

個人的には余り必要ないような気がします。

都営霊園あたりを暇な時に見て下さい。

万成や庵治石で建っているお墓もありますが、やはり多いのは真壁石です。

しかも、じっくりみて見ると 青みがなく白い石が多いです。

稲田石を見ても錆が出ている物が多くあります。

昔のお墓ですから今みたいに磨きも良くないし、施工だってモルタルではっつけているだけです。

中国から石を取る前の事ですから、当時の事情を考えると今は高い真壁石辺りが安い石だったはずです。

これが気候が大変な地域なら別ですが東京辺りなら、恐らく品質なんて気にならないと思います。

だって、民間霊園辺りだと標準がG623で、墓石だってG614、G654と水を吸う石が普通に建っています。

最近、よくお客様で吸水率や強度を気にする方が多く居ますが….正直言いまして、都営霊園辺りなら気にする必要は無いと思います。

但し、水を吸った状態の石を見て気にならないなら、という条件がつきますが…

正直言いまして、「国産の石は人を選ぶと思います」

例えば、真壁石..沢山のふが入っています。 このふを見て..わびさびを感じられる人のみが購入するべきです。

    稲田石もそうです、この石目を見て感動する人が購入するべきなのです。

    大島を見て、AG98辺りと比べても見抜く事が出来て、この石目を素晴らしいと感じる人が購入するべきなのです。

ですが、名前ばかりを気にして色々調べる癖に、「現物を見て感動すらしない人」にはまさに猫に小判…購入するべきではありません。

見る目を持たない人には「ただの石にしか見えない」のですから。

子供は素直です。 色が綺麗な方が良い墓石に見える事が多いです。

せっかく無理して 大島や庵治石で建てても子供や石を余り知らない人から見たら「インド黒」の方が高額に見えます。

せっかく、石善の大島特級で建てているのに、お孫さんに「黒い方がカッコ良い」と言われてしょげているお爺ちゃんがいました。

墓石の良さは万人全てに解るものではありません。

車のフェラーリや家でいう豪邸とは違い「周りで価値を解ってくれる人は少ないのです」

例え庵治石で建てたって解らない人にはただの「さざ波だった子汚い石」に見えるかもしれません。

だから、思うのです…高額な石で決める前に「その石の価値は貴方にとって本当に必要なのか」真剣に考えて下さい。

見栄で高額な石を購入するより、安い石でも沢山お参りしてあげた方が故人も喜ぶと思います。

お墓を購入する年齢の方にとってお金は大切な物です。

無理して高額なお墓を購入するより「老後の生活にゆとり」を持たせた方が良いかもしれません。

だから、私はお勧めを聞かれた時「何でもお勧めです」と答えています。

本当に、その高額なお墓は貴方にとって必要なのでしょうか?

安い墓石を購入して、子供に車をかってあげる、お孫様の学費を援助する、他に大切な使い道があるかも知れませんよ?

高額な墓石を購入する前に一度考えて頂きたいのです。

外柵の天板なのか墓石の芝台なのか?

墓石の一番下の部分、外柵で言うと一番上の部分。

このパーツについて大きく石材店によって見識が変わってきます。

墓石の芝台だという石材店と外柵もしくはカロートの天板だという石材店がいます。

どちらが正しいのかと言うと….正直どちらも正解です。

そしてどちらの石に合わせるのかも実はどちらも正解です。

その理由としてはお寺や霊園等墓石が高かった時代に「とりあえず外柵まで建てましょう」そういう販売をしていました。

そうする事により境界をしっかりさせるようにしたわけです。

そしてお墓は誰かが亡くなった時かお金に余裕のある時に建てましょうと提案します。

そういう石材店からすれば「外柵は作ったけど、墓石はまだ決まっていない状態なので 石は外柵に合わせるしかありません」

その為、このパーツは外柵の天板となります。

逆にこの部分を芝台という石材店は、「そもそも昔しカロートは地下で埋まっていただけだし、墓石のパーツだよ、普通別々にたてないだろう」と言い 墓石合わせになります。

実はこれ、大手石材店どおしや加工工場どうしでも見解が違うのでどちらも正解です。

ただ、怖いのが純国産墓石の加工店でどちらか一方を信じていて、他の組み合わせは「邪道だから作らない」そういう方もいます。

先日もこの件でトラブルが….私自身はどっちでも良いけど加工工場が「これは天板だから墓石に合わせるなら他に当たってくれ」と言い出しました。

腕の良い職人なんですが頑固です。こちらの工場での加工は出来ません。

他をあたるか、断るしかありません。

文字の部分が欠けて見える文字

「作って貰ったお墓の文字の上の部分が欠けているか、剥離しているんですが」

そのようなお電話を頂きました。

作ったばかりのお墓で先日自分でも完了届の前に欠けは一通りチェックしました。

その時には全く気が付かなかったので、そんなはずは無いと思いお話ししました。

ですが、そう見える原因は調べなければなりません。

建込みをお願いした職人にも確認しましたが

「確認した時には気が付かなかったよ」

と言われ、文字原稿を見たら…元からその部分が欠けて見える原稿でした。

文字のゴムつけもチェック…うんゴムつけの段階で 頂いた原稿のかすれをしっかり表現していました。

つまり、頂いた原稿そのものにかすれがあり、そのかすれの表現が欠けに見える…そういう現象でした。

写真が実際のゴムつけの写真、この段階でしっかりと反映されているのが解ると思います。

「ああ欠けて無くて良かった」 やっとホッとした瞬間でした。

和型墓石 特別セール 好みが合えば凄くお得です。

先日、多磨霊園のお客様の為に引いた図面です。

日本風の墓石がお好みのお客様様に引いた物なのですが、好みでは無かったみたいでした。

加工を見て頂くと解るのですが限りなく日本加工に近づけています。

実はこの墓石の図面を引いてくれた方は日本人の指導者について勉強した人にお願いしました。

その為、雰囲気は正に日本加工そのままに見えると思います。

しかも、余り予算が無いと言う方だったので工場や職人に交渉して安くして貰ったので好みが合えば凄くお得です。

墓石は何とインド黒 新YKD+ 外柵は評判が高いG688です。

この墓石は3㎡より大きいのですが何と税込み77万円で提供する予定でした。

本物のインド黒を使ってこの価格です! 絶対にお得です。

(しかもこの墓石のデザイン納骨管を大きく使っているのでお骨も8個入ります)

勿論、現物を作った訳ではありませんので、「このデザインに限り」大サービスで販売します。

図面や打ち合わせに時間を沢山使ったので何とか商品にしたいそういう思いがあるのでサービスします。

多分、1.5㎡から同じようなデザインで作れます。

真壁石と稲田石で作って日本風墓石にアレンジしたりしたらカッコよいかも知れません。

ともかく、このデザインベースであれば思いっきりサービスしますので「和型墓石が好きな方」はチャンスです。

多磨霊園は元より都営霊園なら簡単な修正で建てれます。

本物が解る方にお勧め!

安くてしっかりした墓石を作りたいなら石の坊まで激安価格で提供致します。

最近困るのが値引き交渉後の図面変更や長考です。

最近のお客様で困るのが値引き交渉の後での図面変更や、予算に納めたのに契約が長引く事です。

当社の場合は元から金額が他社に比べて安く販売しています。

その為、基本値引き交渉は受けません。

ですが、色々な事情で予算が無い方も多くいます。

そういった場合は中国の商社に交渉したり、職人にダメもとで聞いて見る場合もあります。

最近は、付き合いも長くなってきているので事情によっては引いてくれる事もあります。

その際には私も値引いて貰う為、事情説明とよいしょをします。

例えば

客「これ良いと思うけど予算が余り無くて..」

私「じゃぁちょっと頑張ってみます」

水面下で

私「お客様がこの図面でこの石の組み合わせが凄く気にいっているんですが予算が余りないんですけど、どうにかなりませんか?」

つまり、図面と石を褒める事からスタートします。

私「このお客様のお墓は是非ともそちらでお願いしたいのですが、、予算がないんだけど、〇〇さんの施工写真を見せたら気に入って、そちらに頼みたいと言うんだけど」

つまり「お客様が気に入ってけど予算が少し足りないからどうにかして」

そういう頼み方をします。

結果的に

中国商社「うちの図面を気に入ってくれたなら」

職人「そこまで言われたら」

と引いてくれる事もあります。

つまり「気に入ったからまけてね」がスタンスです。

そこで、せっかくサービスしてくれたのに

図面変更を頼むと、「うちの図面を気に入ってくれてたんじゃないのか?」となったり、

なかなか契約しないと、商社と職人から「あのお客様どうなった」と何回もせかされます。

値引きをしてくれるという事は 激安の墓石店ではまず無い事です。

墓石の値引き交渉は最後に買うのを決めてからの方が良いと思います。

図面変更と長考が原因で「あの値引きは無かった事にしてくれ」とか「その人に売るのは辞めてくれないか?」

そう言われる事も。

車だって値引き交渉の末、安くしてカーナビがサービスなのに「その場で決めなければ」次に同じ提案をしてくれるかどうかは解りません。

家は中古でも新品でも、その価格まで安くしたら購入するのが前提です。

値引き交渉するなら全部決まってから交渉して…予定の金額になったら、即契約それが理想です。

墓石 YB-6について

最近、墓石の相見積で YB-6という石の問い合わせを頂きました。

グレーの石だと言うので取り寄せてみた所、白みの多い黒御影でした。

確かにどう見ても黒い石です。

ですが、じっくり眺めていると他のインド黒よりやや色が薄めです。

商社の人に「何で勧めないのか聞いて見た所」 同じ位の金額ならYB-2の方がまだ黒色が強いからだそうです。

確かに、黒が濃い方を一般的な黒石が好きな人は好みます。

そう考えたら「インド産の黒が好きな人なら」新YKDかYB-2の方が好むかも知れません。

しかもYB-2や新YKDより若干安い位の金額。

ただ、色が薄い黒が好きな人が居たら(余り居ないと思いますが)良い石と思うかも知れません。

墓石の高級型が得意です

最近、物凄く疲れた事があります。

それは「思いっきり安く、最高の墓石」を提案したのに駄目だしがあった事です。

その方は、墓石の撤去(民間霊園)に費用を払い、更に都営霊園の永代にお金を使ったので予算が無い、そういう状態でした。

それなのに、都営霊園で3㎡以上の敷地なのです。

そして、墓石は黒御影が希望で、外柵の石もG688希望。
(どこかで調べたのかな)

最初に80万円台で提案したけど、費用的にきつい…らしい。

最終的に広告に使えるような立派な墓石を作るならと考え利益を考えずに提案。

そうしたら、図面変更を言われてしまった。

当社の事を気に入ったと言われて嬉しかったから…利益を度外視した見積もりだったのに…

普通に考えて インド黒の和型墓石で外柵が丘カロートでG688を使って70万円台は…利益は無いよ。

そのまま変更すれば契約になるのは解っていたけど…それが、何故か高級型を標準型に戻す希望。

石の坊では何も言わなければ高級型にサービスします。

これは私が勤め人時代に「お金が無いから高級型が買えずに、標準型を購入したお客様が多かった」事に起因します。

一番きつかったのは子連れの若夫婦が来た時に予算が無くG623(その霊園で一番安い石)で契約途中に

小さい女の子が「うちはお金が無いからこれしか買えないの?」そういった事です。

だから、当社の墓石は安くても基本的に高級型にするパターンが多いです。

せっかくの高級型を標準に戻すのは…苦手ですね。