墓石の施工実績と激安墓石、格安墓石の施工実績は全くの別物です…ご注意下さい!

最近、当社に現地案内のお問合せが良く来ます。

その殆どのお目当ては「新世代墓石」の23万円の墓石~50万円以下の墓石の案内依頼が多いです。

そして、殆どのお客様の第一声が「えっ彫刻費まで全部入っているんですか?」「基礎代金も入っているんですか?」と驚かれます。

他社のネットの激安墓石の販売店の一部では「文字彫刻が金額に入っていない」「基礎代金が入っていないのだそうです!」

正直申し上げて…それじゃセット価格じゃない..そう思います。

それはさて置いて、お客様の多くが 23万円~50万円以下の墓石の見学を望むのは「建っている本当の姿を見たいから」というご要望からです。

当社以外にも 20万円代、30万円代の墓石の販売店がありますが、「実際に建墓した物を見せてくれない」会社が多いという事です。

そこから、お客様がお話を進めた所「赤字商品だから案内は控えて貰いたい」という会社。

「実は、HPには載せて居るけど…こんな物作った事が無い」という会社。

様々です。

実際に、私が都営霊園でみて見ると、他社のHPの激安墓石のデザインが余り建っていません。

そして、そういった会社のHPを見ますと..高額なお墓の写真ばっかりで、肝心の激安墓石の写真が1枚も載ってなかったりします。

何が言いたいのかと言うと…高額な墓石は作っているが…本当は激安の墓石や格安の墓石を作った事が無い..そういう墓石店が意外に多いのです。

実際に私と親交のある老舗の石材店は…「このご時世だから載せているけどさぁ..作った事ないし、余り作りたくない」そう言っていました。

案外、墓石は沢山の経験がありますが…激安墓石の製作はした事が無い…そんな石材店も多く居ます。

そう考えたら、案外 激安墓石の製作の経験不足..そういう石材店も多く居ると思います。

当社はお得感がある石材に拘って作っています…もし、拘りがございましたら 石の坊までお問合せ下さい。

まごころという言葉は余り使わない方が良い!

最近、「まごころ」を前面に押し出している会社がいます。

先日千葉県の石材店とお話した時です。「うちはまごころを込めて墓石を作っているから高いんだ」そのように言っていました。

思わず言ってしまったのは「本当にまごころを込めたなら墓石は安くなるはずだよ」です。

まごころの意味は辞書によると「他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意。 」

とあります。

私個人の考えでは 

1.品質の良い墓石を安く提供

2.その為に仕入れ先を厳選

3.信頼できる工事を行う

そして…利益を少なくする。

これが 墓石で他人に尽くすという事だと思います。

ですが、どうでしょうか? 例えば、同じような努力しても高額な利益をとっていれば、それは「他人の為に尽くす」では無いと思います。

営業して売っている以上そこには利益がある訳です。だから絶対に「他人のために尽くそうという純粋な気持ち。」ではない筈です。(当社も含んで)

最近、営業でこのまごころという言葉を前面に押し出して、年寄り相手に高額な墓石を販売している会社がいるみたいですが…

本当は、同じ商品であれば、「安い見積もりを出した会社が本当に貴方にまごころを込めた会社です」

どんなに営業が下手でも、ぶっきらぼうに見えても「安い見積もり」をだした会社は..貴方に対してまごころを込めています。

その事を考えて相見積を見た方が良いと思います。

新しい石の取り扱い

ちょっと珍しい石の取り扱いを始めました。

右から スターギャラクシー  ムーンホワイト 639H です。

特に639Hは 新世代墓石でもそのままの金額で選べる石の一つにする予定ですので是非ご検討下さい。

スターギャラクシーとムーンホワイトもなかなか見られない石です。洋型だと凄く映えると思います。

一見の価値ありです。

本当に安い墓石…写真が無い会社にご注意。

ここ暫く、新世代墓石が好評で忙しくプログの更新が出来ませんでした。

今現在、現地案内や商談は2週間待ちとなっています。

その理由としてはやはり23万円という圧倒的な安さにあります。

他社だと結構安く書いていても「基礎や彫刻、据え付け」が別料金だったりします。

案外、総額(これ以上掛からない金額)で20万円以下は少ないです。

実際に売り出している石材店でも、理由をつけ購入させて貰えず、延々高いお墓を勧められる事もあるそうです。

安いお墓を売り出して居ながらその写真や施工例が無い会社には注意が必要です。

当社は本当に23万円 税込み248000円のお墓を多数建てています。

激安のお墓がご希望なら是非 石の坊まで