多磨霊園での出来事!

前日、多磨霊園で完了届けを出しに行ったのですが、

立札の回収前に雨が降っていたので立札がドロドロでした。

ちなみに立札はこれです。(これは晴れていて綺麗な状態)

作業着が汚れるのも構わず、車が汚れるのも構わず、そのまま抱えて回収しました。

正直言って服も車のシートも泥だらけです。

そして、管理事務所に札を泥だらけのまま渡そうとしたら

「汚いまま渡されても困る、ちゃんと水道で綺麗にしてから帰して」と職員さんから注意を受けてしまいました。

確かに立札は汚く汚れています。

土がついたままカウンターに置かれたら汚いと思います。

社会人の常識から考えたら綺麗にして返すのが常識です…ですが..

多磨霊園の規定にはこの様なルールがあります。

読み辛いので書き出すと

霊園内で作業を行う際に水を使用する場合は、施工業者で準備する。
霊園内の水道設備の使用は禁止。

とあります。

つまり、本来は業者は水道が使えないのです。

実は、私、数年前に立札が汚れて汚かったので洗った事があります。

ですが、運悪く自転車に乗った監視人に見つかって怒られた事があるのです。

立札が汚く、抱える時に汚かったので洗っていたら、「業者は水を使えないよ」と言われまして、「札が汚いので」

と説明したら、「ルールで決まっているから、今日は良いけど次からは駄目だよ」との事。

さらに世間話しがてら話したら「管理事務所で掃除するからそのままで良いんだ」そう言われました。

それ以来、服が汚れても仕方ない、車が汚くなっても仕方がない、そう思い 数年間 札は洗わないで返していました。

そこで、その事を伝えたら。

次に注意を受けたら「〇〇さんが札を洗う際には水道を使って良いって言っていた」と伝えて貰って構わないからね。と

正直言って凄く助かりますが大丈夫なのかな? 

とりあえず、次は洗って返してみよう..そう思います。

今回は墓石には直接関係ありませんが、案外、都営霊園ってその時によって見解が違う事があります。

その為、私は墓石の工事で判断に困る事があれば、直接管理事務所に行ってお話しを聞く様にしています。

管理の方と話す事によってベストな答えが出る事もあります。

これが「都営霊園専門店」の当社の強みです。

インド黒 PAN 期間限定でお安く販売致します。

最近、素性の良いクンナムが手に入りにくく探してました。

ちゃんとしたクンナムの目はしているのですが…前の仕入れ先が持っていたような「目が覚めるような石に出会えていません。

クンナムを探している最中に..お安くインド黒のPANを出してくれる業者を見つけました。

それ程大量の石を持っている訳でなく、80才前後の材料が採れる原石を複数持っている状態です。

その原石の分に限りお安く提供して貰える事になりましたので、興味のある方はお早めにご連絡下さい。

高級な PAN(パン)格安で建てるチャンスです。

興味がある方はお早めにご連絡ください。

高級な石もお安く提供させて頂きます。

墓石の問い合わせは石の坊まで

カロートについての考察

これも良く、最近お客様から聞く話ですが….

リフォームの相談を受ける時に「カロートの交換はしないんですか?」

その様なお話しを聞く事が多くなりました。

「都営霊園の場合はしなくて良いケースが殆どですね..」

そのように回答すると「えーっ他の墓石店では交換は必要だと言われたんです」

正直申し上げまして、これは他の地域の石材店が参入してきた弊害です。

何故なら、都営霊園でお墓を建てた会社の殆どは「カロートだけは頑丈に作るからです」…ほぼ例外なく。

御影石で作る会社が殆どですし…その多くの会社は大体低くても 30㎝の高さは確保しています。

また、コンクリートカロートでも「こんなの作ったら壊すの大変だろう」そんな物ばかりです。

例えば

これで90年前のカロートなんですけどどうですか?

墓石の引っ越しのお仕事でやむなく壊したのですが、綺麗じゃないですか?

このカロート壊して取り出すのに実に4時間掛かりました…丈夫でしょう?

気になるなら高圧洗浄でも掛ければ凄く綺麗になるし、私個人で考えれば「このままでも充分良いかな」そう思います。

ちなみに、私個人で納骨した一番古いお墓は、明治時代の物でしたが「全然問題は無かったです」

確かに蜘蛛の巣とかありましたが、恐らくお掃除をしただけで、このカロート位綺麗になります。

良く、墓石のリフォームを頼むと、「カロート交換した方が良い」「この部分の交換が重要なんです」と強調する業者がいます。

はっきり言って

「予算が無いなら交換しないで充分だと思います」(見ないと解りませんが)

少なくとも私が見た中で交換が必要なケースは100件に一回あるかないかです。

正直壊すのが大変なんでカロート交換も頼まれれば 当社の「墓石交換リフォーム 35万円プランに10万円程足さなければなりません」

気になるなら45万円も出せば可能ですが..正直、物凄く丈夫に昔の頑固な職人が作った物なので勿体ないです。

中には本当に芸術的な物すらあります。

新しく墓石を作るなら、材料費の差額 3万円も足せば、御影石のカロートにはできるのでその選択もありです。

実は当社でも「打ち込み式カロート」を使ったデザインもあります。

ですが、これは 尺基礎を打っていないと作れない構造なので..布基礎で御影カロートの方が安くつきます。

ただ、この打ち込み式カロートも新しい墓石店ではなじみがないと思いますが..関東の伝統的な作りの一つ。

前回の 東日本震災で壊れにくかった作り方で、震災後、ねじれが起きにくいと一部の地域で有名になった方法なんです。

つまり、昔から壊れないお墓の作りとして有名な作りです。

まぁ、見栄えだと、御影石の納骨管に軍配はあがります。

それにですね…

都営霊園の 八王子霊園や新座市営霊園他、多くの都営霊園や市営霊園の多くは「最初から自治体がカロートを設置して、その殆どが コンクリートカロートなんです」

つまり、こういう墓所は最初から御影石のカロートが選べません。

八王子霊園の昭和40年代の墓石の納骨もしますが、案外綺麗です。

少なくとも、東京近辺のお墓で、手抜きで作られた墓石以外のカロートなら、コンクリートだろうが御影石だろうが

まず、交換する必要はありません。

ただ、それでも綺麗な方が良い…そう思ったら交換しても良いとは思います。

それでも金額は10万円も掛からず、8万円位でしょうか?

ただ、個人的には、お客様のご先祖様が高いお金を掛けて作ったのだから、残してあげたい、そう思います。

ちなみに、私の実家の墓石は90年位前の物でカロートは稲田石。

親類の墓石のカロートはコンクリートで100年位の物。

問題は起きていません。

但し、ここまでの情報は「都営霊園限定です」他の地域は、独自の考えで作っていますので違うかも知れません。

ちなみのコンクリートを薦めている訳ではなく「コンクリートでも何も問題が無い」そういう意味ですよ。

但し、丘カロートなら100%御影石が良いですが地下カロートならどちらでも。

リフォームならお金の節約の為に交換しなくても良い…そんな感じです。

都営霊園のリフォームなら 石の坊まで

皆が心配する墓石の薬品について

良く、安い黒御影やインド黒は薬品を使っている…そう言う石材店がいます。

確かに20年近く前にはとんでもない薬品が使われていました。

それこそ、茶色の石を黒くするような薬剤を使っていたし、山西黒の様に茶色に近い石黒くを染めたりしました。

それこそ、ドブ漬けまでしていた時代もあります。

ですが、これは過去の事です。

今現在はというと、ワックスのような薬品を使っているだけです。

薬品を使っている石と使っていない石を見比べて見ましょう

どうでしょうか? 向かって左側 油有り という石が薬品を使った石。

向って右何も書いてないのが薬品を使っていない石です。

見た感じどうでしょうか?

余り差がなく感じませんか?

但し、我々プロが見たら 油有(薬品を使った)の石の方が若干光沢があります。

だけど、そんなに極端には変わらないと思いませんか?

実は今は昔のように石の地肌の色までも変えてしまうような薬品は殆ど使われていません。

では今使われている薬品は何なのでしょうか?

実は、かなり近い物が身近にあります。

それはこれです

靴などに使われている液体ワックス(写真は無色ですがこれの黒タイプ)全く同じではありませんが、かなり成分は近いです。

液体ワックスを他の色の靴に使った所で多少汚くなりますが他の色になりません。

ですが、黒い靴に使ったら凄く綺麗になりますよね。

この靴に行っているような事を墓石にしています。

つまり、車や靴に治すなら、「ただワックスを掛けているだけ」です。

口に入れるリンゴだと過去に問題になりましたが、墓石なら問題は無いと思います。

正直言いまして、今現在は、黒御影ならどんな高級な石でも使っています。

PANだろうがPTKだろうが普通につかっています。

安い石だから使っているわけではありません。

高級な石だろうとスエーデンの石だろうと使っている会社が殆どでしょう!

ただ、その会社によって薄く使う会社と大量に塗る会社とあるのは事実です。

その位の差です。

ただ、拘りが本当にあるなら「石材店に薬品無しでお願いします」そう言う風に頼めば良いだけです。

実際に過去に 良質なインド材の一部に限り、当社は「この石は薬品を使わなくても経年劣化は殆どしない」と伝え販売していました。

ただ、今現在の石なら、やはりごく一部を除きワックスを掛けた方が綺麗です。

「車だってワックスを掛けてピカピカの方が綺麗ですよね」

ちなみに中国側に立って考えれば 薬品を使ってワックスを掛けるなんて手までしかありません。

「ワックスを掛けないで(薬品を使わないで)とお願い」すれば喜んで対応してくれます。

注意:これは当社がつき合っている工場の話で、他社の付き合いの工場も全部そうなのか解りません。
   
   未だに変な薬品を使う会社や「ワックス何て元から塗らない」「そんな対応していない」そんな工場もあるかもしれません。
 
あくまで石の坊の使っている工場はそうなんだ、そうお考え下さい。

インド材 神話はまだ崩れていません!

最近、お客様に言われた事があります。

「あの、腐ってもインド黒って言ってますが、他の石屋さんからインド材でも安心できなく、高額な石じゃないと安心出来ないと言われたんですが」

詳しくお話を聞きました。

「それ間違っていますね、インド材で良いのは昔から黒だけなんですよ、白御影は普通です」

簡単に言いますと、インドシーラーとかカラハリとかいう石は綺麗ですが元から水を吸う石の代表なんです。

水を吸う吸わないでいうなら654とかと何だ変わりません。

そんな事は30年前の石材図鑑にすら書いてあります。

インド材で良いのはあくまで「黒御影」だけの事です。

それで昔から「腐ってもインド黒」こういう言葉が大手石材店や老舗の石材店にはあります。

つまり、あくまでも「黒」と限定した場合優れている。

そういう事です。

良く悪い石の代表とされる石でも「インド産の黒」なら白影に比べたらずうっと上です。

例えば、品質が悪いと叩かれている クンナム8、それですら、ちょっと高い位の白御影と対比したら遙かに上質です。

当社は良く新YKDという石を使うのですが、「漆黒の黒」と呼ばれていて綺麗です。

ちなみに、この新YKDは元の状態もかなり良い石なので薬品を使わなくても充分綺麗なので過度に薬品は使いません。

ちなみに、高級な石だから絶対に薬品を使って無いとは言えません。

良く高級な石で有名なインド黒 PAN(パン)やPTR だって日本に出荷されているかなりの石は薬品を使っています。

こちらから注文をつけなければ薬品は必ず使っていると考えて間違いないです。

「当社は薬品を一切使ってません」そういう墓石のインド黒PANの墓石があったとします。

もし、近くに薬品を使って磨き上げたインド黒PANの墓石があったら多分色あせて見えます。

「当社は薬品を使って無い」そう言いきる墓石店があったら、薬品を使って磨き上げた墓石に比べて白ちゃけていたりくすんだりしている筈です。つまり、他社より見た目は汚い墓石を作っている筈です。

ですが、私は「くすんだインド黒PANややや白い感じのPTRを見た事がありません」そこから考えられるのは完全に使わないのではなく、量を抑えただけ、そう感じます。

だから、私はこう思います。

過度に石屋のいう事を信じるのではなく「自分の目を信じて下さい」と!

ちょっと足をお寺や霊園に運んでみてください。

今より悪い昔の技術で作ったお墓が沢山建っています。

そして、インド黒でもそれこそ、名前も知らない粗悪品の黒で50年、場合によっては100年以上前の物が建っています。

それをみて風情を感じるなら…気にする必要など一切ありません。

だって、その墓石は貴方がこれから建てる墓石より遙かに技術も品質も下なのですから。

ちなみに インド黒のPANは高級品ですが原価で考えるなら物凄く組級な訳ではありません。

小ぶりな墓石なら(墓石だけ)他のインド黒との差額は10万円もないでしょう

しかも、たまに小ぶりな原石が見つかればお安く販売も可能です。

石の名前? 品質が良いなら何でも良いんじゃないかな!

最近、良く 「石の名前っていい加減なんですか?」その様な事をお客様から聞きます。

勿論、私の答えは「はい、いい加減です」と答えます。

するとお客様は大体、雲った顔になるのですが…

付け加えで「だけど、一切気にする必要はありません、大昔からそうなので..」

例えば、そうですね 「山﨑」で考えてみましょう。

本当の「山﨑」は多分 日本の「本山﨑」だと思います。(元は山﨑でしたが山﨑の名前を他の石が使うのでこう呼ばれるようになりました)

それで!

中国山﨑

新山崎

河北山崎

インド山崎

インド黒山﨑

グレー山﨑(今は無い)

こんだけ「山﨑」という名前の入った石があります。

この中で私が見た感じでは本山﨑に似た感じの石は中国山﨑と新山崎だけで他の石は全然似てないです

良いですか?

「全然似ていません!」

「ええっ全く似ていません」

だけど、山崎って名前を付けています。

山﨑って名前がついていて紛らわしいですが気にしたら負けです。

例えば 河北山崎等はグレー系の石の中では品質が良い事で有名です。

またインド山崎も安くて丈夫でコストパフォーマンスは良いです。

インド黒山﨑は、最近なんか違う石が入ってきたので紛らわしいから当社では使いませんが…

その紛らわしい石だって実は品質は悪くありません。

そこで考えて欲しいのです…

石の名前だけを見て「偽物だから良くない」そういうのは可笑しいと思います。

そんな事言ってしまえば、山崎の石って言ったら「本山﨑」だけが本物..

そう言いだしたら..新山崎や河北山崎、インド山崎というメジャーな石も全部、偽物と言わざる負えなくなります。

「新」とつく事に目くじらを立てている墓石店もありますが…「新」とつく石は、似ている石だと考えれば良いと思います。

新山崎=山﨑と石目が似た石、そう考えて問題は無いと思います。

日本の墓石店も中国の商社も 新しい石が手に入り販売する時に過去にヒットしたり、メジャーになった石があると、それにあやかりたいが為に「新」や「ニュー」をつけて販売します。

しっかり、石目を見て、品質を教えて貰い自分が石目を気に入ったなら…それがお客様にとっての一番です。

墓石のネット販売の全国展開…問題が起きたら大変です! 当社が都営霊園専門店な訳

何故、全国展開が出来るのでしょうか?

その仕組みからお教えしますと、

「石の輸入や仕入れだけ」をしてその地域の協力施工店に工事をお願いしているからです。

ここまでは、別に良いのですが、「問題は販売が終わった後の対応やメンテナンスはそのまま協力施工店に移る」そうです。

確かに、これなら簡単に全国展開が出来るでしょう、ですが問題点は山ほどあります。

1、施工管理がしっかりできているのか?

  施工を「その地域にある建込み会社」にお願いしているからその会社や職人の技術がまばらになります。
  その結果、同じお墓を同じ会社にお願いしているのに、仕上がりは一定ではなく、良く出来た墓石工事の物から粗悪な墓石工事までまちまちです。

更にこまめに施工を見に行かないでお任せなので「HPでは綺麗な工事をしている」のに職人が手を抜く様になり粗悪な工事になっていきます。

更に、メンテナンスや納骨も建込み業者が行う事になる場合が多いのですが、彼らは工事はプロですが中には法事事には携わらないという会社もあります。 結果、満足な法事が出来ないケースもあります。

(先日、多磨霊園で 焼香台の意味も解らない方が納骨をしていて、焼香台も用意しないのかと住職から怒られていました)

2、責任問題が難しい

  一般的な石材店は窓口は一つです。
  その為、問題が起きたら「責任をとるのはその会社です」 この辺りは本来は一緒なのですが….
  「当社は石の輸入がメイン、だから施工した会社に文句は言って下さい」「いや施工で無く石が悪かったんです」と揉めるケースがあります。

  案外「当社は石を販売しているだけ」と逃げるケースもあるようです。 施工まで全部責任を負って貰えるのか? その辺りまで聞いた方が良いと思います。

3、直ぐに対処をしてくれない

 なぜ高いお金を払って地元の石材店で購入するのか?
 それは何か起きた時に対応が早いからです。
 実際に、東日本大震災の時には茨城や群馬で沢山の墓石が倒れました、その時に地元の石材店で購入した墓石は直ぐに修復がされましたが
 他の地域から購入した墓石の修復は後回しでした。

 これは極端な例ですが、例えば地元の墓石店で購入すれば、「じゃぁ明日にでも見てきます」で対応できてしまいます。

ですが、これが全国対応だと…電話を掛けたら、女性社員が出たり、営業が出たり..対応に1か月以上掛る事も。

実は石の坊も少し前まで関東近県対応で、東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、群馬、長野、山梨、静岡までまで対応していました。

ですが、やはり何か起きた時に駆けつけてあげたい、その理由から「都営霊園専門店」になりました。

 

  
  

これが新作墓石プラン 45万円なんです!

この写真のお墓が 最新墓石プランにある45万円の墓石です。

どうでしょうか?

好みは別れると思いますが、最高級の洋型墓石を作って下さい..そういう要望を叶えた一つのデザインだと思います。

他社の様に一切の騙しなし、消費税以外は全部入っています。

つまり、税込み486000円で2㎡までなら墓石が作れてしまいます。

豪華に安く、そうお考えならご検討してみて下さい。

本日完了届けに 多磨霊園

本日は、多磨霊園に完了届けを出しに多磨霊園に行って参りました。

当社で販売している 総額23万円で販売している、新世代墓石です。

どうでしょうか?

必要な物は全部ついてシンプル、正にそういう墓石です。

安くて使い勝手の良い墓石をお求めなら一考の価値はあると思います。

ちゃんと寸法を見ないと騙される事も多い!

最近たまになんですが「そちらより安くしてくれた会社があったからそちらで決めた」そういう話があります。

本当に頑張ってお見積りしたからそうそう負ける事も無いそう思っていたら..図面を見たら全くの別物でした。

当社が9寸角に銀杏面加工でお見積り出したのに、先方は8寸角で面取りすらない。

大きな洋型が良いっていうから76㎝幅の洋型でお見積りしたのに 先方は56㎝幅。

これじゃ値段で勝てる訳がありません…言葉巧みに酷い会社は「全く同じには出来ないから、少し手を加えました」 そう言って誤魔化してきます。

ちゃんとしっかり見ないと「改悪」されている事も多いです。

写真は実際に他の方に納めた洋型墓石の76㎝幅の洋型….こんな写真で見てもふんだんに石を使った高級な物というのが解かると思います。

56㎝幅とじゃ子供と大人位大きさに差があります。

図面をさらって流し見するのでなく、しっかりと墓石に使われている石の寸法や才数までみる必要があると思います。