納骨手数料について

偶に『納骨手数料』って何でしょう?

こう聞かれる事があります。

勿論、この金額は『お骨を納骨室に納めるお金』業者が貰うお金です。

大体の相場が3万円~3万5千円で行っている会社が多いです。

しかも、最初の納骨は『自分の会社』でやって下さい。

そういう会社が多いです。

当社では少しでも安くしたいとご要望があり『当社で購入したお客様に限り 1万5千円で受けて貰える職人を紹介しています』

これは当社ではなく、職人に直に払って貰っています。

この金額は…そうです原価なのです。

間に私が入る事によって生じるお金を無くすために『納骨.文字職人』に直に頼んで貰っています。

勿論、これは利益をとらない話なので『当社で作った方のみ』の特典です。

この1万5千円で

墓石の清掃 ←

花筒の設置や飾りつけ

納骨室の開け閉め

コーキング

こんな作業をしています。

ですが、当社の場合は『予算が無いし、納骨は楽そうだから自分でやりたい』そういう方もおります。

実際に慎重に出来る方なら、簡単な構造のお墓が当社は多いので自分でやって頂いても構いませんし、可能です。

まぁ、コーキングも今はDIYが流行っているので簡単です。

 

ただ、一つ、此処で考えなくてはならないのは『清掃』です。

初めて建った墓石の清掃は何時行うのでしょうか?

これは一般的なお話しですが、都営霊園の場合多くの業者は『完了届け』を出した後ではなく、『納骨』の時に行います。

この理由は3つあります

作ってすぐでは墓石用の耐震ボンドが完全に乾きっていないから触らない方が良いという実質的な考えがあり、水は使わない方が良いからです、その為簡単な、からぶきしかできません。

お寺等で墓石になるのは『魂入れ』してから、それまではただの石という考え。

折角、掃除しても納骨の日までにまた汚れるから。

等です。

そこで考えて貰いたいのは『納骨を自分でする』という事はこの掃除を自分で行わなくてはならないと言う事です。

納骨を業者に頼む場合は『心を込めて綺麗に掃除します』その時間はお墓によって違いますが大体30分から1時間です。

勿論お金を貰っていますから、職人は凄く丁寧に磨き上げます。

納骨する時にこの手間を惜しまない人はご自分でやれば、無料です。

ですが、折角だから綺麗な状態で納骨したいと言う方は職人に頼んで下さい。

その辺りの住み分けだと思います。

※私の知っている方は、最近出来た充電式の高圧洗浄機で掃除していました。

こんな方は.納骨を職人に頼む事は必要なさそうですね。

 

私のお勧めは『『初回のみ頼み』簡単に見えたら2回目から自分で』です。

最初位は頼んで全部やった方が気が楽だと思います。

自分でやる場合は『バケツ、雑巾、スポンジ、洗剤』などのご持参をした方が良いと思います。

 

 

 

 

「ふ」について②

国産墓石「ふ」

もう少し「ふ」についてのご説明をいれておきます。

この写真を見て如何でしょうか?

よく見て頂くと「黒い点」が竿石に幾つも入っているのが解ると思います。

これも「ふ」です。

勿論、黒以外に白もありますが、白は写真に写りにくいです。

花立のかさの上だから洋型の竿石にあたります。

これが綺麗だと思うかが、恐らく色々な面での分かれ目になります。

海外産の墓石より日本の墓石に良く現れます。

特に茨城県産の真壁小目や中目に現れ、この「ふ」の入り方こそが特徴です。

(写真は別の石)

結構沢山の「ふ」が入っていても、その事を良く知っている方は

「良い『ふ』が入っていますね」

「本当に一目でわかる素晴らしい墓石だわ」

と逆に喜ばれます。

国産の墓石にはこの「ふ」が入る物が多くあります。

嫌いであれば、インド黒などの黒御影を選ぶなど絶対に入らない石も選べます。

ただ。こう言った石目の「詫びさび」を楽しむのも、墓石の楽しみ方です。

国産墓石でお考えの方はご参考下さい。

 

 

 

 

 

「ふ」について

本日、お客様より墓石に丸い跡があるというメールと写真を頂きました。

その写真がこちらの写真になります。

この位の写真だと解りません。

拡大すると、

こんな感じです。

これは一体なんなのか?

「ふ」と昔の石やさんが言っていて、今では黒点に含まれて呼ばれるようになりましたが古い石屋さんは『ふ』と呼んでいた物です。

実は、この『ふ』日本原産の石材に出るもので茨城県の石材や福島県の石で良く出る種類の物です。

(都営霊園の昔の偉人のお墓で明らかに数千万~億の墓石にもあります)

言い方を変えれば、日本産の比較的価格の高い石によくでる石目なのです

石材によってはこの「ふ」が入ってないと中国産の偽物に限りなく近くなる、種類の石も多数あります。

石屋である私から見たら、この『ふ』という物は、その石の特徴でこの「ふ」も含んで石の良さである。

そう言えます。

例えば茨城産の真壁石、茨城の辺りで話せば「これがあるから真壁小目んなんだ~」

そういう石材店の社長も多く、その価値が解らないと昔なら「だったら614(中国産の安い石)でも買えば」と冷たくされた事がありました」

今回は吹雪系の石で正面部分で1か所小指の先位のがあるだけです。

これは「ふ」が少なく、更にこれがあるからこそ、吹雪らしさが出ているので、石屋さんや吹雪が好きな人なら確実に良い石なのですが、中国材の安い石にはでないので「ふ」の良さは解らない方には解らないかも知れません。

ただ、お客様が少し気にしていましたので心配です。

ちなみに「ふ」が無数入っている国産墓石が欲しい方…幾つかの石材(日本)で探せるかも知れません。

宜しければお問合せ下さい。

 

 

 

 

特売のスターギャラクシー 追加

特売 墓石

此方がB級品スターギャラクシーの商品です。

見本で作成した物で、こちらの商品を更に特売価格で販売します。

B級品の理由は金のチップが少ない事。

逆をかえせば、普通のインド黒という事であれば凄くお得です。

インド黒の墓石を安く買いたいと言う方は必見です。

限定1名様

お問い合わせは 石の坊 まで

インド材 B級スターギャラクシー セール

 

以前に品質が悪い『スターギャラクシー』のお話をしましたが、実はこの度、僅かながらこの原石を購入しました。

何故質の悪い石を購入するのか?

確かに、金のチップも少ないし、色も良くない。

ですが、

 

 

安いんですよ…凄く!

確かにスターギャラクシーとして見たら良くは無い、ですがインド産の黒御影なのに、中堅所の白御影と同じ金額ならどうでしょうか?

絶対にお得です。

数量限定無くなったら終わりのセールです。

黒御影に手が出ない…そんな方、ぜひこのチャンスをお見逃しなく。

安いスターギャラクシーは石の坊まで『B級スターギャラクシー』とご連絡ください。

墓相学の本を手に入れました。

最近では余りお客様が気になさらなくなりましたが、お墓関係の学問で『墓相学』という学問があります。

これは『こんな風にお墓を建てれば運が開けます』『こんなお墓を建てたら不幸が起きます』という感じにお墓の吉凶の学問です。

実はこれについて書いてある本は少なく、多くは絶版になっているので、なかなか目にしません。

偶々、古本屋で見つけたので、買いました。

これで3冊目です。

 

墓相

 

もし『運が開けるお墓のデザイン』が気になったら石の坊までご相談下さい。