ブラジリアンホワイト(ムーンホワイト)、原石が入りました。

今回は、凄く希少なブラジリアンホワイトの原石が入りました。

この石の特徴は御影石でありながら、まるで大理石の様な石目の石です。

ここ暫く、流通が難しかったのですが、また入って来ました。

キリスト教や芝墓地に凄く映えますので…是非この機会にお考え下さい。

本当に真っ白な石で墓石を建てたいなら是非ご検討下さい。

また少量ですがクンナムが手に入りました。

また、僅かですがクンナムが手に入りました。

今回も信頼のダイヤモンドマーク、別名タミンマーク付きです。

しかも、小さい原石なので安く出して頂けましたので…格安で販売させて頂きます。

都営霊園ならデザインによりますが、2㎡クラスで80万円台での購入も可能かと思います。

 

 

都営霊園でインド材を安く建てたいなら石の坊までお問合せ下さい

 

墓石が急激に値上がりしそうです。

これから先、墓石の値段はうなぎ登りに上がるかも知れません。
下の文面は中国より9月位にきたメールですが…依然として中国は電力不足。
その影響がとうとう墓石の価格にも反映されてきました。
今迄は、もうすぐ上がりますから…そういう話でしたが。
とうとう、金額が上がり始めました。
2㎡位の墓石一式で5~6万円。
もし、墓石を少しでも安く購入したいのなら、今直ぐ動いた方が良いのかも知れません。
石の坊 様へ
 いつもお世話になっております。価格の変動でお客様にご迷惑をかけること
になりまして、申し訳ございません。9月28~30日及び10月4日~7日の
電気制限で大変でしたが。工場もお客様の急ぎ物件を発電機で自社発電で何とか
して急ぎ物件出しました。そして、お客様も諸事情も理解いただいて納期も余裕持たせて
本当にありがとうございます。しかし、7日電気制限終わって、8日~16日
電気制限を追加しましたが。このような予告なしの電気制限は多分旧正月まで続くと思いますが。
ただ、納期を伸ばして現在難題を解決できないと思いますが。今後は自社発電長期化になります。
一回か二回の電気制限で工場は自社発電しても、自分ところでコスト吸収して請求しませんが。
これから発電機での発電は長期化になり、工場の電力面コストは4倍ほどたかくなりますが。
また、工場の生産能力も相当落ちますが。発電で長時間の稼働も無理だと思いますが。
例えば、昔は電力で工場12時間稼働して生産可能でしたが。現在発電機で6~8時間ぐらいで
もう精一杯かもしれませんが。長時間の稼働により発電機故障率も高くなりますが。なので、
工場生産時間を短縮して毎週の生産量を激減になります。
工場のランニングコストも変えずに、生産量が落ちましたら、昔の計算の才当たり生産コスト全部崩れますが。電気制限より
こちらの生産コストは大変なので、価格高くなる原因になります。
現在全体的仕事減っている中、競争も激しいし、値上げもしたくないのに、工場もコスト高になり、行け続けられませんが、どうぞ、ご理解のほど
よろしくお願いいたします。
いつもお世話になっております。
添付中国語の文書は電気制限解除の知らせです。
昨日発表されたばかりです。その知らせの内容は
大体下記通りに訳しますが。
10月の一ヶ月間の電気制限で電力会社は電力不足問題
解決して、当面では大きな成果を果たしたそうです。
11月1日より電力制限を解除しますが。
これから、また制限するかどうか電力使用状況により
様子を見ながら判断しますが。