墓石の営業マン 給料は幾らなのか?

墓石の営業の給料って幾らなのか? 気になりませんか? 実は結構会社によってまちまちです。厳しいノルマのある会社とノルマが無くのほほんとした会社によって違います。ちなみに私の勤めた会社や知り合いの会社だと、(あくまで平社員、役職者じゃない立場)年収270万~1780万(歩合を含む)の年収まであります。どちらかと言うと展示場や霊園待機の営業より、電話営業主体の墓石店の方が高額です。一番高額な歩合をくれる会社は私の知る限り、東京の新宿にあります。大変厳しくノルマをこなさないと怒鳴られたり、罵声を浴びるのは当たり前です。激昂という物凄い剣幕で怒られるのがあるのですが、これをやられると大の大人が泣きます。そんな会社皆辞めるでしょう?実は思ったほど辞めません。何故なら歩合が高く、営業能力のある者には天国だからです。「何しろ一ヶ月の給料が100万」位が普通で、月給70万なら「お前稼いで無いな」と哀れみを買います。そのかわり、皆んな遅くまで仕事は当たり前です。休みもなかなか取れません。ですが、お金と割り切るならこれはこれで良いかと思います。何しろ、頑張れば5年で一戸建てがキャッシュで余裕で買える位お金が溜まります。ただ実際はお金が溜まりません。何故なら周りに集られるからです。例えば庵治石で契約を取ってかえるとします。契約金額が1200万だとします。(大体これで歩合33万~250万位、会社によります。) 会社に貴社すると、部長をはじめ自分の所属する部隊?の仲間が待っています。「庵治石おめでとう」「幾らになった」と皆が褒め称えてくれます。ですが、、、ここからが地獄、、「君の為に席を設けといたから」(これは契約者が払います。)安い会社だと寿司か焼肉、、歩合の高い会社になるとその後キャバクラをおごります。20人位に。ほら無くなっちゃった。又上下関係もそういった会社は厳しく、先輩に逆らいにくいです。ですが、その代わり「後輩のジュース代はもとより、昼飯までおごります。」しかも余り安い物を奢ると「ケチ呼ばわり」されます。これに飲み代が入るので、高給の割りにお金が溜まりません。 年収が1400万なのに月末にはお金がありません。貯金も無いなんでだ。でした。 ちなみに安い給料の仕事だと「霊園や展示場の待機」の仕事があり、待ちの営業になります。こちらは月に来たお客の契約までする仕事で25万位、ただ名前と住所を聞くだけなら、20万位です(営業アシスト)ただ、厳しい会社と違い自由な時間が多く、一番楽な会社は「お客が来なければ本を読んでいても構わない」なんて所もあります。 これほど、待遇や金額に差がでる仕事も珍しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です