嫌われつつある日本の石材業界

ここ暫く更新が遅れていて申し訳ございません。

2月までは異常な程に忙しくヒーヒー言いながら仕事をしておりました。

ですが、3月に入り納骨はあり忙しいのですが、新規のお客様が減り若干工事が暇になりました。

そこで又プログを書かさせて頂きます。

今回のの題材は中国の石材事情について書かさせて頂きます。

少し前までは中国の石材業者もそこから輸入をしている日本の石材業者も歓迎されていたのですが、

最近では余り歓迎されなくなりました。

実際の所までは解りませんが、中国関係の石屋さんの話では「環境破壊事業」として嫌われ始めている。

そう言うのです。確かに石を切り出すという事は切り出した後の土地は大きなクレーターになります。

土地を壊してお金にする。そう言っても過言ではないと思います。

中国は今裕福になりつつあります。

だから、少し前のように外貨獲得を旗印に、無理してお金を稼ぐ必要が無くなってきました。

そして日本は、昔に比べて石のお墓が減り、中国にとっては一番のお得意先ではなくなりつつあります。

これから中国は賃金もあがり、お墓作りみたいな仕事の人気はなくなり、石材はうなぎ上りに高くなると思います。

当社をとは言いません。ですが少しでも早くお墓を購入した方が絶対にお得です。

お墓の事ならなら石の坊までご相談下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です