外柵の天板なのか墓石の芝台なのか?

墓石の一番下の部分、外柵で言うと一番上の部分。

このパーツについて大きく石材店によって見識が変わってきます。

墓石の芝台だという石材店と外柵もしくはカロートの天板だという石材店がいます。

どちらが正しいのかと言うと….正直どちらも正解です。

そしてどちらの石に合わせるのかも実はどちらも正解です。

その理由としてはお寺や霊園等墓石が高かった時代に「とりあえず外柵まで建てましょう」そういう販売をしていました。

そうする事により境界をしっかりさせるようにしたわけです。

そしてお墓は誰かが亡くなった時かお金に余裕のある時に建てましょうと提案します。

そういう石材店からすれば「外柵は作ったけど、墓石はまだ決まっていない状態なので 石は外柵に合わせるしかありません」

その為、このパーツは外柵の天板となります。

逆にこの部分を芝台という石材店は、「そもそも昔しカロートは地下で埋まっていただけだし、墓石のパーツだよ、普通別々にたてないだろう」と言い 墓石合わせになります。

実はこれ、大手石材店どおしや加工工場どうしでも見解が違うのでどちらも正解です。

ただ、怖いのが純国産墓石の加工店でどちらか一方を信じていて、他の組み合わせは「邪道だから作らない」そういう方もいます。

先日もこの件でトラブルが….私自身はどっちでも良いけど加工工場が「これは天板だから墓石に合わせるなら他に当たってくれ」と言い出しました。

腕の良い職人なんですが頑固です。こちらの工場での加工は出来ません。

他をあたるか、断るしかありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です