大島石に対する考察。

最近、大島についてお話を聞きたいというお客様から問い合わせを頂きました。

頭の中で「あぁ大島かぁー」つい考えてしまいました。

実は大島が一番難しい。(私の中では)

例えば、幾つかの採石している業者に「大島特級」の石見本を貰うとそれぞれが違う目の石を送ってきます。

正直いってどれも特級なので悪い石ではないけど、好みは別れると思います。

先日、谷中霊園にて当社で建てた大島をお見せしたのですが、片方は綺麗だという感想だったのに、片方は余り好みではない。

そういうお話でした。

これが真壁石みたいに青々している石は良い石だという基準があれば良いけど、大島には特には無い。

やや茶色い感じの大島でも特級もあれば、青い感じの石でも特級もある。

仕方なく、当社では最近「青い感じと茶色い感じどちらが好みですか?」と聞いたり、一番高い物を特級としています。

「だけど、一番安い会社から購入する特級と一番高い会社から購入する特級でかなり差がある」そして石目も違う。

個人的には大島に関しては、幾つか石目を見て気に入ったのを購入するのが良いかも知れない。

又、特に「大島」に拘りが無く、似てれば良いのなら「中国材に似た石があるのでそれで良いかも知れない」

「絶対にこれが素晴らしい」そういう基準が難しい石だと思います。

今現在、8寸角1本 建てて300万円の大島は凄いと思うけど…それ以外なら、特級でも好き嫌いが本当に分かれる石だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です