真壁石…良い石は此処まで青いんです。

本日は多磨霊園で納骨をしてきました。

この墓石をみてどう思いますか?

 

 

どう見ても純国産加工にしか見えないと思います?

ですが、これ中国加工の真壁石なんです。

なぜここ迄日本の加工を再現できているのか?

それはこの石を加工した中国の工場には日本人の指導者がいるからなんです。

更に、更にです。石も 凄く青々して綺麗ですよね..

解りにくいので拡大します。

凄く青いのが解かると思います。

真壁石は青い石が上質とされていてここまで青い石は今だと国内加工で頼んでもなかなかありません。

実際に、石材見本で頂いた 真壁石の青手の石材見本と比べても遜色はありませんでした。

そのような良質な石が何故中国にあるのか?

それは工場によっては大きな原石を購入して売れずに残っている事があるからです。

日本の石に関して言うなら、古ければ古い程石目の良い石に当たる可能性が高くなります。

この石の出どころは 旧真壁町、今の桜川市にある有名な採掘場でした。

大量に購入した為に個別にはつきませんが、証明書つきの原石。

ただ、この手の証明書は絶対では無いのでお客様にはお話ししていません。

ですが、検品の時に見たら、「どう見ても青手」しかも建込みの職人も「これ青手でしょう?」という位。

つまり、プロが見ても青手に見える石なのです。

余りに良質な石なのでお客様につい饒舌になってしまいました。

石の仕入れで重要なのは「信頼関係です」 値切ってばかりの会社や酷い事言う会社に誰が最高のサービスをしようと思うのでしょうか?

当社は安く販売していても 仕入れ先や職人には値切りません。

そして大手のように末締めの翌々月払いなんて酷い事はしません。

一番相手が喜ぶ先払いをしています。

そしてかなり多くの墓石を発注しています。

こういった信頼関係こそが「良い商品」を仕入れ出来るコツだと思っています。

そしてこういう「明らかに違いが判る石を入れて貰った時」に努力が報われたそう思うのです。

国産墓石の問い合わせも石の坊までご用命ください

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です