本来の石屋はコロナでも休めない…と思います!

先日、多磨霊園に完了検査に行ってまいりました。

この時期、外出を控えた方が良い。

それは解っていますが、石材店の仕事の殆どは3か月前~石によっては5か月前に受けた仕事を今工事しています。

つまり12月~1月辺りに受けた仕事を今しているのです。

結構、5月まで休む、そう書いている石材店もおりますが、「建込み」の仕事は休めないので実質助成金は貰えないと思います。

だって「建込み」は休めませんし、納骨等で予定はずらせない、そういう人も多くいるのですから。

貰えるとしたら4月の売り上げが半額以下に下がった。

それだけでは無いでしょうか?

ただ、会社としては、余りコロナの影響は無いと思います。

殆どの石材店は路面店では無ければ、まず事務所面積に対して社員は他の仕事より少ないし

更に言うなら他の仕事と違ってお客様の来社は少ないです。

移動中の感染は難しいかも知れませんが、会社についてからは余り影響は出ないと思います。

そう考えるなら、墓石の商談等は余り気にしないで良い問題かも知れません。

勿論、コロナ対策はしっかりとしています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です