都営霊園のルールには各霊園事にルールがあるので注意が必要です!またそのルールは変わってしまう場合もあります。

都営霊園の場合は作り方や寸法にルールがあり、そのルールの仕様通りに作れば基本的に良いのですが…それ以外にも各霊園事に独自に決めたルールがあります。

そのルールは管理事務所で聞かないと解らないという難しさがあります。

例えば、上のお墓です。

7年前には普通に「施工届け」を出して多磨霊園で作れたお墓ですが、今現在は作れません。

今この墓石を作ろうとして「工事申請」を出すと申請の段階で落とされます。

多分、この写真を見るだけで、多磨霊園に詳しい石材店ならその理由が解る筈です。

ですが、都営霊園に詳しくても、多磨霊園に詳しくないと???になります。

ですが6年以上前には普通に工事申請で通っていて…多磨霊園でも数墓建てています。

ですが、今はこのお墓は「多磨霊園」では建てられないのです。

ですが…「染井霊園」「谷中霊園」は問題無く建てられます。

実は、久しぶりに先日、当社でも図面の訂正を指示されました。

簡単な訂正なので直ぐに対応しました。

このホームルールは実際に建てた事が無いと解らないので、都営霊園で墓石を建てる際には、「都営霊園」に詳しい石材店に頼まないと大変な事になります。

都営霊園の墓石は石の坊までお問合せ下さい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です