都営霊園で安くお墓を建てたい方に当社が出来る事。


それは「知恵を絞る事」です。 当社の場合はHPで買いてある通り薄利多売でお墓を販売しています。ですが、その激安価格であってもまだ手が届かないお客様もいらっしゃいます。そんなお客様に私が出来る事は知恵を絞る事です。まず、最初に「お客様が譲れない事を聞いて」→「どうにかここまでは頑張られる。そういう金額を聞いて」→「それに近づけるように漫画を描きます。」そしてそれを才(材料費)の計算をして、更に強度を計算して商品化します。つまり、一人一人に対してベストなお墓デザインを提供していきます。最近では小平霊園で1件、八柱霊園で2件、多磨霊園で1件、なかなか難しいお客様に会いました。 そうすると私は何をするか、、、それは漫画を描きます。ちなみに、この「漫画を書く」と言うのは本当に漫画を書くのではなく、「お客様の欲しいだろうというお墓を既存の考えにとらわれずに一から考える事です。」デザインを鉛筆で書いては何度も消しゴムで消して修正する、その姿を見て、昔しの墓石店の人は「あいつ又漫画を書いているよ」そう比喩しました。(私の周りの石材店だけかも知れませんが) 絵を書いて、どの位の寸法なら見栄えが良いか、又その寸法で大丈夫なのか? それが出来る人間が初めて「オリジナル墓」に対して拘りを持てる。そう先輩たちに教わってきました。実はこの作業が私には楽しくて仕方ないのです。なのでお客様の無茶ぶりが実は「楽しくて仕方ない」のです。そして、お客様の要望に叶ったお墓を実現できた時や、他の墓石店ではまず出来ないだろうという物が実現した時に達成感を感じます。 半分趣味で仕事をしているからこそ、利益を無視した商売が出来ているのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です