日本の加工と中国の加工の差

中国やインドの加工と日本の加工の差は、今現在同じ物を作ったら見分けがまずつかなくなりました。

特に中国でも技術の高い美術工場で加工したなら仕上がりは凄く綺麗です。

そんな中で、なんとなく見分けがつくのは加工の多さ少なさです。

日本で加工した場合、加工賃が高いので、シンプルで加工が少ない物が多いです。

逆に中国で加工した場合は、加工賃が安いので沢山の加工をつける墓石が多いのが特徴です。

写真は日本の加工工場の写真。

ほぼカクカクで加工が少ないのが解ると思います。

そこで石の坊で考えたのが、日本加工の図面を中国に持ち込んで作らせたらどうなるかでした。

加工を少なくするのですから値段が若干安くなり、日本で加工した物とほぼ変わりません。

こんな感じです。

もし、予算が少ないけど日本の石がご希望であれば、日本の石を中国で加工して、日本加工風にするのも有りかも知れません。

特に当社で加工をしている工場には日本人技術者も居ますからほぼ同じ物が作れます。

格安墓石は石の坊までお問い合わせください。

利益固定制だからこそ高級な墓石も安く建てられます!

石の坊のお客様の多くは60万円以下の墓石を望む方が多いです。

ですが、その反面…高級な墓石を幾らで作れるのか?

そういうお客様も実は多いのです。

意外にも24㎡や12㎡の建墓の依頼もあり、数は少ないですが庵治石でのお仕事や大島石での仕事も受けています。

特にインド材、クンナムやM1-Hの仕事は1年通して10件近くあり、他社より安いと好評を頂いております。

是非、お見積り依頼宜しくお願い致します。

加工が中国で良いなら庵治石で作ってもかなり安く作れます。

下の墓石は真壁石の高級品青手です。

インド材や国産墓石も石の坊までご相談下さい!

それぞれの墓石の良さについて

日本の墓石の良さと中国やインドの墓石の良さ。

良く、海外の墓石は悪いと一方的に書いているHPを見かけます。

ですが、実際にはどうなのでしょうか?

正直言いまして、海外の石や加工にはそれなりに良い所もあるし、日本の石や加工にはそれなりに良い所があります。

例えば、加工について比べるなら、沢山の加工を付けるのであれば、中国加工の方が優れています。

まず価格面、「日本の工場」で沢山の加工を付けるなら金額が高額になります。

俗にいう、三点加工(香箱、切り出し亀腹、水垂)を付けるだけでも価格は高くなります。

ですが、中国でこの三点加工を付けても価格は余り変わりません。

じゃぁ、中国の方が良いじゃない?

そうと言い切れない物もあります。

実は、日本のお墓の良さは、直線のカットの良さにあります。

古いお寺や霊園を見て回ると、実に加工がついて無いお墓を見ると思います。

この加工が余りついて無いお墓こそが日本の墓石の加工の良さです。

直線のカットの良さ、それこそが日本の加工の良さです。

ミリ単位まで計算されたカット、そこに美しさがあります。

日本の加工を望む場合は、加工はあえてつけずにせいぜい、頭の部分を撫でるだけ、その方が「日本の加工」の良さが出ると思います。

なので、加工を沢山つけるなら、海外の加工、加工を余りつけないなら日本の加工が良いと思います。

では、石については、公平で無いと思います。例えば、日本の石で安いと評判の真壁石や稲田石で考えてみて下さい。

これと、原価にして1/3位の墓石に使う海外の石を比べて「日本の石の方が優れている」そういうジャッジを下します。

どっちが優れているか比べるなら、「同じ位の金額で比べないといけないと思います」

真壁石の値段と同じ金額位の石なら、インド黒の安いクラスの石になると思います。

そういう比べ方をしていけば、同じ金額の石の中で必ずしも日本の石が一番には成らないと思います。

結局は自分の中で「一番の墓石」を探すしかない。

そう思います。

(写真は国内加工の墓石、加工があまりついて無いのが解ると思います)

国内加工も中国加工も得意です….墓石の事なら石の坊まで