本当の墓石の激安店とは安い価格で品質が良い墓石を作る事!

墓石のデザインを考える際に良く考える事があります。

それは、その墓石が本当に喜ばれるかどうかです。

実際にもし、この商品があったとしたら自分は買おうかどうか?

そこから考えます。

更に言うなら…実生活での私は凄くケチです。

その為、ケチな私が『これなら欲しい』そういった商品をコンセプトにデザインを考えています。

例えばこのデザイン。

石の坊の中で2番人気のデザインです。

実際にカラー図面と写真を見るとその良さが解ると思います。

本当のケチとは『安い物を安く買うのでなく』『良い物を安く買うのです』そんなケチな私だからこそ…墓石も同じコンセプトで『良い物をお安く提供しています。

良い墓石を格安で購入したいなら石の坊まで問い合わせ下さい

本当にお得な墓石とは安物を安く買うのでなく『良い墓石を安く買う事です』

最近、当社を含み『激安』『格安』を打ち出す墓石店が増えてきました。

良く相見積もりになるのですが…結構酷い内容も多くあります。

お骨が4個しか入らなかったり、腰石を低くしたり、実は石が凄く小さかったりするものが多いです。

サービスを良くして、人件費を削らなく、利益を落とさない。

その結果、削るのは職人の費用と、材料費です。

実際に、その安い墓石が幾らで作れるのか、試しに作って売り出し品にしたら30万円代で販売が可能でした。

それなら、ちゃんとした墓石店が作る150万円前後の墓石が幾らで作れるのか…検証した所。

大体50万円でした。

下の図面は実際に私が大昔に勤めていて当時180万円で販売されていた墓石を再現したもので

58万円で販売しています。

カラー図面とCAD図面を載せてみました。

石をふんだんに使い、最高級型なのが解ると思います。

格安で良質な墓石を作りたいなら石の坊までご連絡下さい!

墓石の詳細な見積もりは出せない!

偶に当社の見積もりを見て、もっと詳細なお見積りが欲しい。

そういうお客様がいます。

ですが…ある意味、問屋に近い墓石店ではこの詳細見積りを作るのが難しかったりします。

簡単に言えば、原石代金+加工賃+文字彫刻代金+物流費=これが墓石の代金。

職人への支払いが基礎代金+積み立て代金。

これに利益と経費を足した金額、これが本当の墓石の見積書になります。

それじゃ、それをそのまま書くと、お客様に解りにくい見積もりになります。…一般的な墓石店とは別の見積りになると思います。

かなり多くの墓石店は『見栄えの良く見える見積もり』に作り替えます。

その為、100パーセント正しいお見積りの作成はかなり多くの墓石店で恐らく出来てないと思います。

私は、その書き換えが勤め人時代から苦手なので詳細見積は得意じゃありません。

その代り石や施工はしっかりとご説明いたします。

写真やデーターや見本をしっかり見て説明を聞くのが一番です。

安くて良い墓石は石の坊までお問い合わせください!

今回も逆の話を書いてみました。基礎について!

今迄基礎の重要性を書いてきましたが、今回は逆の話を書いてみます。

まず、これを見て下さい!

これ古い外柵の下部分なんですが、なんとなく可笑しいと思いませんか?

実はこの外柵基礎が無いんです。

どういう事かと言うと、ただ砕石を叩いただけの上に載っているだけです。

それじゃ問題が起きているのか?

実は起きてないんですよ!

しかもこのお墓、昭和20年代から建っているので実に70年間以上も沈み込む事なく建っています。

更に言うならこのお墓12㎡という大きな墓所で、墓石は尺角という大きな墓石が建っています。

どうりで地元の墓石店が『基礎なんて5センチから8センチで充分』という訳ですね。

事実掘って見ると、15センチ掘るのも大変な位地盤が固かったです。

石の坊で尺基礎(30センチ)以上が一応の目安で作りますが、確かにこういう場所なら浅い基礎でも問題はないのかも知れません。

しっかりした基礎のお墓なら石の坊で、経験を沢山積んでいます。

利益固定制だからこそ高級な墓石も安く建てられます!

石の坊のお客様の多くは60万円以下の墓石を望む方が多いです。

ですが、その反面…高級な墓石を幾らで作れるのか?

そういうお客様も実は多いのです。

意外にも24㎡や12㎡の建墓の依頼もあり、数は少ないですが庵治石でのお仕事や大島石での仕事も受けています。

特にインド材、クンナムやM1-Hの仕事は1年通して10件近くあり、他社より安いと好評を頂いております。

是非、お見積り依頼宜しくお願い致します。

加工が中国で良いなら庵治石で作ってもかなり安く作れます。

下の墓石は真壁石の高級品青手です。

インド材や国産墓石も石の坊までご相談下さい!

都営霊園の場合は好きに墓石は選んで頂いて問題は無いです!

最近会ったお客様の多くの方が『安い石』は良くないのでは?

そう言われることが多くあります。

ですが、事、都営霊園に関して言うなら、問題は全然ありません。

水を吸う石の代表のG614が山ほど建っていますし、水は吸っていますがそれ以外問題は起きていません。

東京なので寒冷地でありませんので、特に問題なく建っています。

もし、問題があるなら、大手石材店や老舗の墓石店が石屋バブルの時に沢山建てていますから凄く問題です。

事実、埼玉や千葉の神奈川のもっと過酷な場所でも普通に使われています。

その為、都営霊園に限って言うなら、基本的にどんな石を使っても問題は無いでしょう。

一番お墓作りで大切なのは立地です。

立地が悪ければ…強固な施工が必要ですが、そうでないなら、工事基準さえクリアしていれば問題ないでしょう。

都営霊園の墓石なら石の坊まで

墓石の素材で迷ったら一番安い墓石を選べば良いんです!

墓石はどんな物を選べば良いのですか?

良くそんな問い合わせがあります。

私の答えは簡単で『自分の気に入った石で大丈夫』そう答えています。

だって、良くない石や問題のある石なら、真面な墓石店なら石材見本から外します。

もし、最初の見積で出してきた石や、広告の品で安い墓石を『良くない石』と説明する墓石店が居たら、悪質だと判断した方が良いと思います。

例えば、安い石の代表と言えばG623ですが、私が勤めていた墓石店では3000墓以上の販売実績があり、尚且つ、大手石材店なら万という単位で販売しています。

この石です。

ですが、殆どクレームなんて出ていません。

また、民間霊園の高級霊園に行くと、基本の料金が高いせいか、結構な数の墓石が安い墓石で建っています。

一番安い墓石も多く、拘る人でも元が高いから基本料金の5割増し位で落ち着く方が多いです。

つまり…民間霊園で墓石を建てているかたの多くは高い墓石を選びません。

そして、その安い墓石が数十年たっても問題が起きません。

昨今、円安や社会情勢で、金銭的に余裕がある方は少ないでしょう…

ならば、割り切って『一番安い墓石』を選ぶのも良いと思います。

浮いたお金で、欲しい物を買ったり、美味しい物を食べて。

故人への思いは立派な墓石より、沢山通って供養する。

その方が喜ぶと思います。

お得に墓石を建てたいなら石の坊までご相談下さい。

オリジナル墓石を安く作る

オリジナル墓石や他の方と違った墓石は高い!

そう思っていたりしませんか?

実はそんな事はありません!

オリジナルでも安く作れるケースは、本当は沢山あります!

材料が少なくなるようなデザインをすれば、石を節約した分だけ安く本来はなります。

ですが…実際は…

変わった墓石を作ると高くなる墓石店が多いようです。

その原因は、多くの墓石店はオリジナル墓石をつくると故意に利益を高くとるからです。

ちょっと悲しいですよね!

石の坊でが原価固定制にしていますので…石を節約したり、墓石が小さくなればその分だけ安くなります。

上の写真や図面は見た目は立派ですが通常の洋型より石を節約しているのでリーズナブルです。

もし、オリジナル墓石に挑戦したいなら石の坊まで、ご相談歓迎します。

全額前金の良さ

当社では基本、全額前払いになっています。

こういう説明をすると驚くお客様や、まるで鬼の首でもとったみたいに『うちは全額後払いだから』『半金+半金』だから。

そう言われる墓石店が多い…

ですが、実はこの中で一番良くないのは…実は『全額後払い』の可能性があります。

お客様からしたら…凄く安心があるかも知れませんが、実はこの全額後払いが案外怖かったりします。

その理由としましては大きく2つあります。

1.お金を支払らってないから、墓石店側からのキャンセルがしやすい。

 これは実際にあった事ですが、7~8人位で施工部隊も自社で行っている墓石店で、HPの影響でお客で殺到した会社がありました。

 普段は年商で3000万円前後の会社が、爆発的にその時の年商が1億近くいったそうです。

 その時、何をしたかと言えば『墓石店側からのキャンセル』です。

 支払い前だから…そういう理由で利益率の低くお客様を後からキャンセルしたそうです…完成後払いはこういうリスクもあります。

2.腕の良い職人や工場の確保が難しく原価が高くなる。

 私は大手石材店や老舗の石材店でも役職についていた時がありますが、職人や商社、工場への支払いは本当に酷い物でした。

建築関係や職人であれば、解ると思いますが『末締めの翌々月払い』こんな地獄の様な支払いなんです!

例えば、8月5日に墓石を職人が建てたとしますよね?

    8月末が締め切りで10月の末までお金を払ってあげないんですよ!

    酷い話だと思いませんか?

 
だって、職人さんは、トラックのガソリン代から高速料金、生コン代金や部材費…全部持ち出しで最大3か月近く待たされるんです。

昔から親しい職人さんにもし、取引会社に我儘を言えるなら何をして貰いたい、そう聞くと 大体の職人さんは

『前金でお金が欲しい』

そう言われました。

その位、切実な問題なのです。

商社や工場は更に切実で、頼むだけ頼んで商品を納めたら…倒産した為代金が未回収なんて事も多々あるそうです。

これも『末締めの翌々月払い』の影響です。

その為、安心の為に『前金が理想』そう思っている会社が多いです。

ですが、そんな職人や商社や工場の希望を他所に

未だに『末締めの翌々月払い』よくて『末締めの翌月払い』の墓石店が多い状況です。

そういう状況だからこそ

『当社は全額前払い』その代り…しっかりした仕事をしなければ他社に変えるから。

そういう仕事が成り立ちます。

国内に置いても『前払い一括で支払います』そう言えば昔と違って大体の良い原石が手に入ります…

また中国も同じで、そういう会社に数少ない原石は回ってきます。

この辺りが、激安墓石店でも良い石が手に入るコツになります。

最後に…

私はそこそこ大きな墓石店時代に倒産を経験しています。

その時に一番大変だと思った事は墓石が建たない事です。

それは当たり前です…お金を下請けに払ってないんですから、当たり前の事です。

その時に痛感したのは…『もしお金を払っていたら墓石は建つのに』でした。

その為、石の坊は前金でしか対応しませんが、職人や商社工場への支払いは『前金』しかもお客様から入金があったら3営業日で支払っています。

このシステムの為に必要な事なのです。

墓石の事なら石の坊まで

最近、やたらと疑い深いお客様が来社します。

最近のホームページからの問い合わせでやたらと、工事の仕様を聞いてくるお客様が増えてきました。

なんでこんな事をしつこく聞いてくるのだろう…そう思って聞いたら。

競合していた墓石店が『あそこはしっかりした工事をしていないから安い』と説明したそうです。

HPの基礎の写真も『実は当社の基礎工事の写真を撮影して使っている』等といったそうです。

東京、千葉、埼玉あたりの施工は、有名な建て込み屋さんを使っていますし、何より老舗から大手石材店の施工をしている方です。

また、しっかりとした施工基準以上の施工で行っています。

『何でこんな事を言うんだろう』そう思ったら納得してしました。

相見積もりで良くぶつかる会社でした。

墓石を売りたい。

その気持ちは私も解ります。

人数が多いから『高く墓石を売らなくてはならない』

それも解ります。

ですが…嘘は良くないですよね。

先日もかなり細かく聞いてきたので…

当社の場合は『全てのお客様に工程ROM』をつけていますのでご安心ください。

※写真は尺掘った写真です。

そう説明しました。

心配だと言うので本郷の事務所で、実際に沢山のお客様の写真で説明して…

『これがつくなら安心だ』と無事成約に。

当社の場合は…会社まで来て頂ければ。

施工の仕様や…基礎の写真。

更に見たければ、当社提携工場の写真。

契約時に気になるなら…施工会社の名前とどんな職人なのかも伝えています。

納得いくまでご説明可能です。

ご安心ください。

本当に安くて良い墓石は石の坊までご相談下さい