インド山崎 インド黒山﨑 わざわざ使う必要はありません。

最近メールでこの様な問合せを頂きました。

インド山崎やインド黒山﨑は石目の違いがあると聞いたのですが 石の坊さんではどうですか?

そのような質問がありました。

一応、当社の取り扱いは 「インド山崎中目(緑が強く目が少し粗い)」 「インド山崎小目(緑が強く目が細かい)」 これはインド山崎を好む人の多くが緑が強い物を好んでいた為そちらを中心に入れています。

そして、インド黒山﨑..これが案外難しい..今迄、インド山崎を好む人は緑の強い物を好んでいたのに..黒が強い物.? 何で?という感じです。

相見積の関係で、黒がわりかし強い物を入れています。

案外、色々な色合いがあり、墓石店の話もお店によって違うので悩む方も多いと思います。

どうすれば良いか悩むかと思います。

ではどうすれば良いのでしょうか?

簡単です..インド山崎やインド黒山﨑以外の石を選べばいいんです!

インド山崎やインド黒山﨑は入ってきた当初「予算が少なくM1-Hが購入できないお客様が選ぶ石」としていわれていました。

ですが、原価で比べるなら、石塔1本あたりなら数万円差です。

品質に拘り、インド山崎やインド黒山﨑で悩むなら、M1-Hという石に変えれば良いんです。

ちょっと金額は上がりますが、その価値はあると思います。

しかも、この石なら歴史があるのでそう失敗は無いと思います。

下記の写真は M1-Hの墓石の写真です。

綺麗でしょう?

もし、石で悩むなら 石の坊までご相談下さい。

真壁石…良い石は此処まで青いんです。

本日は多磨霊園で納骨をしてきました。

この墓石をみてどう思いますか?

 

 

どう見ても純国産加工にしか見えないと思います?

ですが、これ中国加工の真壁石なんです。

なぜここ迄日本の加工を再現できているのか?

それはこの石を加工した中国の工場には日本人の指導者がいるからなんです。

更に、更にです。石も 凄く青々して綺麗ですよね..

解りにくいので拡大します。

凄く青いのが解かると思います。

真壁石は青い石が上質とされていてここまで青い石は今だと国内加工で頼んでもなかなかありません。

実際に、石材見本で頂いた 真壁石の青手の石材見本と比べても遜色はありませんでした。

そのような良質な石が何故中国にあるのか?

それは工場によっては大きな原石を購入して売れずに残っている事があるからです。

日本の石に関して言うなら、古ければ古い程石目の良い石に当たる可能性が高くなります。

この石の出どころは 旧真壁町、今の桜川市にある有名な採掘場でした。

大量に購入した為に個別にはつきませんが、証明書つきの原石。

ただ、この手の証明書は絶対では無いのでお客様にはお話ししていません。

ですが、検品の時に見たら、「どう見ても青手」しかも建込みの職人も「これ青手でしょう?」という位。

つまり、プロが見ても青手に見える石なのです。

余りに良質な石なのでお客様につい饒舌になってしまいました。

石の仕入れで重要なのは「信頼関係です」 値切ってばかりの会社や酷い事言う会社に誰が最高のサービスをしようと思うのでしょうか?

当社は安く販売していても 仕入れ先や職人には値切りません。

そして大手のように末締めの翌々月払いなんて酷い事はしません。

一番相手が喜ぶ先払いをしています。

そしてかなり多くの墓石を発注しています。

こういった信頼関係こそが「良い商品」を仕入れ出来るコツだと思っています。

そしてこういう「明らかに違いが判る石を入れて貰った時」に努力が報われたそう思うのです。

国産墓石の問い合わせも石の坊までご用命ください

 

 

墓石の販売の全国展開…最終的にはかなりの問題が起きる可能性があります

今回のお話は墓石の全国展開です。

実はこの課題には昔から沢山の会社が挑んできました。

ですが、今現在でもネットを中心にしている会社でのみにしか対応していません。

そして、その販売している会社の多くは凄く人数が多くいる訳ではありません。

そこに問題が起きる可能性が秘めています。

関東を例に見て下さい。

大手石材店も多数あり、中には上場している企業もありますが、その多くは全国展開はしていません。

精々が支店のある周辺の営業を頑張っているに過ぎないと言っても過言じゃないでしょう。

中堅会社だと精々が一都三県+αです。

その理由は何かあった時に困るからです。

実際に、東日本大震災の時どうでしたか?

範囲の広い商売をしていた会社の多くは「放置状態」でした。

そりゃ、やっぱり「自分が施工したお墓の修理」が優先になります。

また、社員も「近くのお墓から修復に周ります」

ここまで大きな話しでなくても、近くのお墓であれば相談された時に「それじゃ暇な時に見に行ってきます」で済んでしまう事が殆どです。

ですが、これが遠くになれば「ちょっと待って下さい」になる訳です。

最初のうちは沢山の地域を扱っていても差ほど問題は起こりません。

また建込み屋さんが協力してくれれば「代わりに見るから」「後は引き受けた」なんて事もあるかもしれません。

ですが地域が増えていくにつれその管理はおざなりになります。

実際に当社も以前は 群馬 茨城、長野、山梨、静岡までは行っていましたがやはり遠くはおざなりになり気味になりました。

まして、地域によっては水害も多く、定期的に修復しなくちゃいけない地域もあります。

ですが、100件なら如何でしょうか?

まだ、対応できますね…

1000件になったら

もうアップアップかも知れませんね…

2000件になったら

人を雇わないと対応できないでしょうね…

ですが、この件数は会社が続いていく限り..無制限に増えていきます。

そして、最後は管理しきれなくなります。

これが、大手ですら余り全国展開しない理由です。

「だけど、墓石が建った後は、その地域の墓石店が管理するから大丈夫」って言われたよ!

「ちょっと待って下さい! その後を頼まれた墓石店には、貴方が信用した社員は居ないんですよ!」

「下手すれば職人会社で施工は得意だけど..石の知識が無い…そんな会社かも知れませんよ!」

正直申し上げて、安いお墓ならそれで良いかも知れません。

ですが、技術や人柄やその会社の技術に惹かれていたんなら…困った事になるかも知れません。

だって別の会社なんだから! 全く違う事を言うかも知れないんですから。

そういう事をしないで真面目な会社程、ちゃんと管理ている会社程、将来的に管理しきれず困った事になります。

確かに全国展開すれば、お金が沢山入るし、地域密着の時より遙かに仕事は増えます。

ですが、人を増やしたり対応していかにと管理しきれなくなります。

これは真面目な人、真面目な会社の方程陥ります。

その結果対応しきれなくなるのです。

私は、石材店の社長の友人が多数います。

その中でやはり、「東京に進出したいんだけど」と相談を受けた事があります。

その方達の多くに伝えた事は「地元で食えないなら仕方ないけど、その店舗を畳んで東京に来た方が良いよ」です。

実際に本当に畳んで東京で頑張っている墓石店はあります。

やはり近くに居るからきめ細かな対応が出来ると地元の信頼を勝ち取っています。

もしかした、物凄い人で対応ができる、もしくはちゃんと出来る会社もあるのかも知れません。

ですが、大手で出来ないかった事が果たして出来るのでしょうか? 凄く心配です。

実際に自分達は出来ませんでした。

その結果が「都営霊園専門店」です。

これなら地域が密着しているから「素早い対応が可能です」

それでも数が増えていくと…結構大変で仕事が重なります。

墓石販売の全国展開..多分問題が起こるのは10年以上先かもしれないし20年先かも知れません。

その時を考えると少し怖い物があります。

多磨霊園での出来事!

前日、多磨霊園で完了届けを出しに行ったのですが、

立札の回収前に雨が降っていたので立札がドロドロでした。

ちなみに立札はこれです。(これは晴れていて綺麗な状態)

作業着が汚れるのも構わず、車が汚れるのも構わず、そのまま抱えて回収しました。

正直言って服も車のシートも泥だらけです。

そして、管理事務所に札を泥だらけのまま渡そうとしたら

「汚いまま渡されても困る、ちゃんと水道で綺麗にしてから帰して」と職員さんから注意を受けてしまいました。

確かに立札は汚く汚れています。

土がついたままカウンターに置かれたら汚いと思います。

社会人の常識から考えたら綺麗にして返すのが常識です…ですが..

多磨霊園の規定にはこの様なルールがあります。

読み辛いので書き出すと

霊園内で作業を行う際に水を使用する場合は、施工業者で準備する。
霊園内の水道設備の使用は禁止。

とあります。

つまり、本来は業者は水道が使えないのです。

実は、私、数年前に立札が汚れて汚かったので洗った事があります。

ですが、運悪く自転車に乗った監視人に見つかって怒られた事があるのです。

立札が汚く、抱える時に汚かったので洗っていたら、「業者は水を使えないよ」と言われまして、「札が汚いので」

と説明したら、「ルールで決まっているから、今日は良いけど次からは駄目だよ」との事。

さらに世間話しがてら話したら「管理事務所で掃除するからそのままで良いんだ」そう言われました。

それ以来、服が汚れても仕方ない、車が汚くなっても仕方がない、そう思い 数年間 札は洗わないで返していました。

そこで、その事を伝えたら。

次に注意を受けたら「〇〇さんが札を洗う際には水道を使って良いって言っていた」と伝えて貰って構わないからね。と

正直言って凄く助かりますが大丈夫なのかな? 

とりあえず、次は洗って返してみよう..そう思います。

今回は墓石には直接関係ありませんが、案外、都営霊園ってその時によって見解が違う事があります。

その為、私は墓石の工事で判断に困る事があれば、直接管理事務所に行ってお話しを聞く様にしています。

管理の方と話す事によってベストな答えが出る事もあります。

これが「都営霊園専門店」の当社の強みです。

墓石のネット販売の全国展開…問題が起きたら大変です! 当社が都営霊園専門店な訳

何故、全国展開が出来るのでしょうか?

その仕組みからお教えしますと、

「石の輸入や仕入れだけ」をしてその地域の協力施工店に工事をお願いしているからです。

ここまでは、別に良いのですが、「問題は販売が終わった後の対応やメンテナンスはそのまま協力施工店に移る」そうです。

確かに、これなら簡単に全国展開が出来るでしょう、ですが問題点は山ほどあります。

1、施工管理がしっかりできているのか?

  施工を「その地域にある建込み会社」にお願いしているからその会社や職人の技術がまばらになります。
  その結果、同じお墓を同じ会社にお願いしているのに、仕上がりは一定ではなく、良く出来た墓石工事の物から粗悪な墓石工事までまちまちです。

更にこまめに施工を見に行かないでお任せなので「HPでは綺麗な工事をしている」のに職人が手を抜く様になり粗悪な工事になっていきます。

更に、メンテナンスや納骨も建込み業者が行う事になる場合が多いのですが、彼らは工事はプロですが中には法事事には携わらないという会社もあります。 結果、満足な法事が出来ないケースもあります。

(先日、多磨霊園で 焼香台の意味も解らない方が納骨をしていて、焼香台も用意しないのかと住職から怒られていました)

2、責任問題が難しい

  一般的な石材店は窓口は一つです。
  その為、問題が起きたら「責任をとるのはその会社です」 この辺りは本来は一緒なのですが….
  「当社は石の輸入がメイン、だから施工した会社に文句は言って下さい」「いや施工で無く石が悪かったんです」と揉めるケースがあります。

  案外「当社は石を販売しているだけ」と逃げるケースもあるようです。 施工まで全部責任を負って貰えるのか? その辺りまで聞いた方が良いと思います。

3、直ぐに対処をしてくれない

 なぜ高いお金を払って地元の石材店で購入するのか?
 それは何か起きた時に対応が早いからです。
 実際に、東日本大震災の時には茨城や群馬で沢山の墓石が倒れました、その時に地元の石材店で購入した墓石は直ぐに修復がされましたが
 他の地域から購入した墓石の修復は後回しでした。

 これは極端な例ですが、例えば地元の墓石店で購入すれば、「じゃぁ明日にでも見てきます」で対応できてしまいます。

ですが、これが全国対応だと…電話を掛けたら、女性社員が出たり、営業が出たり..対応に1か月以上掛る事も。

実は石の坊も少し前まで関東近県対応で、東京、埼玉、千葉、神奈川、茨城、群馬、長野、山梨、静岡までまで対応していました。

ですが、やはり何か起きた時に駆けつけてあげたい、その理由から「都営霊園専門店」になりました。

 

  
  

9寸角でなく8寸角…しかも背が低くて銀南面加工も無い…それは別物だよ。

そんな物で良かったのか..ショックを受けました。

以前、都営霊園のお問合せを頂いたお客様のお墓を偶然見てしましました。

たまたま、近くのお墓を工事申請した際にお施主様の名前が全く同じだったのでみて見たら偶然にも…お問合せ頂いたお客様でした。

ただ、個人的に驚いたのは、このお客様のご要望が

「周りのお墓が背が高いからそれに見劣らない位背を高くして欲しい」

「敷地が狭い分ゴージャスにして欲しい」

そういうご要望だった筈です。

そして、良い石を使って安く建てたい、そういうご要望だったので インド黒のPANで全部つくって98万円でお見積りを提出したお客様です。

勿論、相見積なので他社で建てるのは構いません…ですが建っているお墓は9寸角でなく8寸角 しかもスリンも外されていて銀南面加工もない。

明かに当社がお客様の理想を聞いて作った図面よりもシンプルなデザインでした。

最初からこんな感じのお墓で良いって言ってくれたなら、石を使う量が少なく、恐らくインド黒PANであっても70万円もしないで作れたでしょう。

実際に建っているお墓で比べれば9寸角と8寸角では物凄く大きさに違いがあります。

私の場合は悲しい事に「どうしてもお客様の要望を叶えて安く作る」そこに主観を置いています。

その為、「お客様を旨く説得してグレードを落とさせる」という仕事は苦手です。

今回のパターンは「商品力で勝っていたが、営業力で負けた」そのパターンです。

せっかく、手の込んだ作品なのに日の目を見ないのは悲しいです。

そこで、今回はこのお客様に引いた図面のお墓を売り出しに出す事にします。

予定としては インド黒PANで100万円以下、他のインド黒で更に安くする予定です。

地く HPで発表しますので今暫くお待ちください。

都営霊園の墓石プラン幾つか追加しました。

都営霊園の墓石プランを4つ追加しました。

今回の図面は実際に都営霊園で建っているお墓をお施主様の許可を得れ採寸した物や

中国の石材商社から提供して頂いた図面から検証して金額を出しました。

その結果、老舗の石材店が150万円で販売していた物が、石のグレードをアップさせて45万円で出来たり。

当社のライバル店で60万円位で販売している物が同じく45万円で販売できたり、インパラブルーみたいな高級石材で作っても50万円を切れたりしました。

更に4㎡のお墓を全部 インド黒で作っても…余裕で100万をきりました。

ただ、最近では実際に自分の作ったお墓がどの位でつくれるのか検証されるのを怖がって 激安の石材店でも図面を載せなくなる傾向にあります。

「同じものなら絶対に安い」そう豪語する石材店に当社の見積もりを持参しても「出来ない」と断れるケースも多いみたいです。

本当に安い墓石を作る石材店が増えて来たから、偽物の激安や格安を名乗っている石材店が苦戦しだしたのかも知れません。

都営霊園 新作 激安墓石プランは此処をクリックして下さい。

都営八王子霊園、都営小平霊園 小芝生墓地の追加!

新作墓石プランに 八王子霊園と小平霊園の小芝生墓地を載せてみました。

安いようで高い、高いようで安いのが芝墓地です。

石を使う量が少ないから安い..そういう反面、物流費や彫刻賃は同じに掛るから安くない、そういう特徴の墓石です。

なのでどの位安くなるか検証してみました。

八王子霊園で15万円 小平霊園の小芝で14万円で施工可能です。

小さくてもやはりこの位は掛かってしまいます、ですがその反面、使う石が少ないので高額な石を使っても安く施工可能です。

小芝生なら20万円、八王子霊園の芝墓地なら30万円も見て置けばかなり高級な石で作れます。

当社 新作墓石プランに具体的な内容がかいてありますので良かったらご覧ください。

三方根石が無いお墓があった。

先日、多磨霊園でリフォームの相談がありました。

そのご相談のお墓が向って左側なのですが、見ておかしいと思いませんか?

何と、境界に腰石も羽目も無いのです。

つまりどういう事かというと、前の部分だけ作って三方は他のお墓の物を使って、勝手に埋めてしまった。

そういうお墓なのです。

都営霊園にはこういったお墓が沢山あります。

下手にリフォームすると周りのお墓も壊しかねないので注意が必要です。

今年の久保山墓地は絶対に地元の方で購入した方が良いと思います。

本日、久保山墓地の調査に行ってきました。

今年当たった人の場所確認だったのですが..正直駄目です。

複雑な場所が多く、お寺や、お茶屋さんの私有地を通して貰えれば10分も掛けずに墓石を搬入できるのですが

流石に私有地をカートクレーンで通る程の度胸はありません。

しかも、場所によっては「重機の通行禁止」と石屋さんや茶屋さん、お寺様で書いてあります。

勿論、所有者は普通に通れるし、お寺だって指定石材店なら自由に通れます。

当社の場合は石の搬入の経路を確保するのも一苦労です。

そう考えたら、今年の久保山墓地は、この辺りに精通している地元の石材店を使った方が良いと思います。