限りなく国内加工(日本加工)に近い中国加工のお墓

写真の墓石をみてどう思われますか?

石屋さんであればこの墓石を見て「国内加工のお墓だ」そう思われる筈です。

そして、芝台を1枚物を使ってこの厚さの施工は大変だそう思うと思います。

なにせ、この芝台の厚みは20㎝を越えています。

実は、大変拘りのあるお客様の墓石で念密な打ち合わせで作った墓石なのです。

その時のお話しで国内加工に近い墓石デザインがご希望だったので、日本人の指導員がいた実績のある工場で制作しました。

しかも、その指導員は茨城の旧真壁町の出身です。

つまり、ここの職人は限りなく日本の職人に近い技術を持っています。

何しろ何年にも渡り、日本の技術者から教わり、その技術を物にした人なのですから、そしてそこの顧問には未だに日本人がいます。

その為話が早く「真壁で作ったようなデザインで良い?」で話が済みます。

全部の写真も載せようかと思いましたが、最近はこのプログを石屋さんが見ていて真似られる事も多くなりました。

そこで重要な所の写真だけお載せします。

もし、日本加工風の墓石が希望であれば石の坊までお問合せ下さい。限りなく日本加工に近い中国加工の墓石も作成可能です。

激安墓石店を行うという事!

本当の意味で激安墓石店を行うという事は高額な物を購入してくれる上客をも普通にしてしまう事です。

例えば、「国産墓石で200万円位でお墓を作りたい」そういうお客様に80万円位の見積もりを出す。

これが出来て、本当の激安墓石店と言えると思います。

 ちなみに当社だと2㎡で墓石のみですが「庵治石」を使って100万円前後のお墓や、墓石だけですが大島を使って100万円代のお墓もあります。

いずれも予算は350万円の方に100万円代のお見積りを持参しています。

90㎡(9メートル×10メートル)のお墓で凄く豪華な作りのお墓に他社が2000万~3000万円のお見積りのなか630万のお見積りを出した事も。

本当の激安墓石店とは、目玉商品だけ安くして誤魔化すのではなく、総ての商品が安く買えるお店の事だと思います。

本物の激安、墓石は石の坊までお問合せ下さい。

敷石の厚さが2㎝ 怖く無いのかな!

今迄は高級な墓石を作っていた石材店が急に激安墓石店に代わる…そういうケースがあります。

そういった、石材店の場合は、安くて丈夫なお墓を作るノウハウを持って居ないそのようなケースも多くあります。

最近、見たケースでは敷石が2㎝なんて物もありました。

2㎝という厚さは、大きな部材だと簡単に割れる厚さになります。

実際に作るとしたら、割れないように細かく石を斬るしか本来ありません(そうすれば見栄えはともかく壊れにくくなります)

ですが、大きなパーツで切ってしまったら…正直怖い物があります。

こういう、壊れるお墓を掴まされない為には、「HPを細かく見て行く必要があります」 特に格安墓石や激安墓石をHPで批判しているくせに、自社が激安墓石を急に販売し始めた業者は、経営的に圧迫されていて資金繰りが旨く行っていない可能性もあるし、激安墓のノウハウが無く、耐震計算もしないで壊れやすいお墓を建てる可能性もあります。

変な会社に当たらないように努力する事も必要です。

とうとう都営霊園で23万~のお墓をつくりました 石の坊

都営霊園、現地での案内会実地しています!

都営霊園の現地での案内会、案外、激安の墓石店では行っている会社が少ないです。

ですが、実際のお墓の良し悪しは「現物を見ない事には解らない」と思います。

安いからってカタログだけで決めたり、営業の口車で契約をすると痛い目にあったりします。

こんなに小さいの? カタログと違ってこんなに酷いの..契約したらもう終わりです。

そこで、石の坊では実際に都営霊園で待ち合わせて、本物のお墓を見て貰い検討して頂いております。

基本的にその場での契約はしておりませんので安心してご見学頂けます。

実際に30万円台で建っているお墓も多数ありますのでご覧いただけます。

都営霊園を激安価格で建てたいなら石の坊まで

ここ暫く更新しなかった理由

ここ暫く、墓石の情報も含み投稿していませんでした。
正直いって書きたい事や情報が山ほどあるのですが…何故か更新すると
GOOGLEでヒットが下がります。
直ぐに復活するので…問題は無いのですが、暫く様子を見てHPを作り替えたらどんどん更新をしますので今暫くお待ちください。

お墓の事ならなら石の坊までご相談下さい。

最近お墓が安くなったせいか薄い基礎が増えてきました。



最近、都営霊園で工事をしていると薄い基礎工事が増えてきました。

以前は工事をしますと案外深い基礎が多かったのですが、最近は当社が基礎を掘ると横のお墓が薄い場合も多いです。

正直言いまして、都営霊園なら、当社のように尺基礎まではしなくて良いと思いますがせめて半分の15㎝は欲しい所です。

ですが、最近では墓石の安売り戦争のせいか8㎝や5㎝、場合によっては基礎工事が無い。そんな基礎も増えてきました。

正直いまして横の墓石工事をするだけで、5㎝や8㎝だと崩れる可能性があります。

先日は横に基礎が無いお墓の工事をしたのですが養生しないと崩れそうで怖かったです。

せめて安くても15㎝の基礎は作った方が安心だと思います。

ただ、当社は尺基礎に拘っていますが、、、、

G623で才単価が28000円、まだそんな業者が居るのですか?

最近、お客様からご相談を受けているのですが、その方は努力家で何件も相見積をしているそうです。



当社でも、昔は行っていた地域なのですが、恐ろしい事にその地域だと良心的な石材店で

G623で1才(約30㎝立方の大きさ)辺り、28000円なのだそうです。

しかも一社だけでなく、数社相見積を取っての金額だそうです。

正直言いまして、「ボッタくり価格」です。半額でも少し高いかなと思います。



例えば、当社で施工している「総額35万円のお墓」上がその図面です。これ消費税以外全部入っています。

材料としましては15才は使っています。しかも石材費だけではなく、この金額には、彫刻費、基礎工事、工事申請、初回納骨手数料も込

どうでしょうか? 35万円ー彫刻費ー基礎工事ー工事申請ー初回納骨手数料ー石材積み立て代金=材料費と考えたら1万円にも満たないのが解ると思います。

正直いいまして、余裕で半額でお墓を建てる事ができます。

「でも、近くに良心的な価格の石材店が無いんです。」 近くで探す必要はありません。近県でも普通にお墓は建てて頂けます。

近くに無ければ、隣の県の墓石店に聞きに行く。その判断も必要です。