高級な石材を使っても 石の量を押さえれば安く作れる。

墓石に対する拘りは人様々です。

デザインに拘る方や石の質にこだわる方色々な方がおります。

拘りの墓石を作りたい、だけど予算が…そんな方はデザインと品質に拘りながら「石の量を節約」すれば良いんです。

例えば、当社で35万円で販売している墓石はデザインは拘っていますが、使っている石の量は少ないです。

その為、インド黒の最高峰の一つ PANで作っても60万円なんて掛かりません。

下は実際にインド黒 PANで製作した墓石です。

どうですか?

車で例えるなら高級車みたいな風格があると思います。

都営霊園のオリジナル墓石を安く作りたいなら石の坊まで…驚く程安く墓石が建てられます。

特に最近は インド黒PAN 日本大島を安く建てる事に自信があります。

これが45万円 税込み総額49万5千円の墓石です。

この下の写真の墓石がHP記載の45万円(税込み総額49万5千円)の墓石になります。

都営霊園で施工で2㎡以下ならこの金額で全てコミコミ価格です。墓石は北大黒で外柵はG688。

墓石に詳しい方なら良く解る、実績がある石です。

老舗が良く作るデザインで墓誌迄しっかりついています。

ネットで安いという石材店も大抵の墓石店は50万円以下のお墓は余り力を入れておりません。

当社は他の会社では予算が合わない、そんな方の為の墓石店です。

もし都営霊園で検討しているけど、予算が合わない。

そういう事が御座いましたら、是非当社石の坊までご相談下さい。

これが八王子霊園総額15万円(税込み16万5千円)の墓石になります。

こちらの墓石を見て頂いて如何でしょうか?

都営の八王子霊園にて税込み16万5千円で建てている物です。

旧規格のサイズですが水垂れ加工に銀南面加工まで施しております。

これが工事申請まで全部入ってこの価格になります。

芝墓地や小規模墓所は石を余り使わず、建込みの仕事も1日で完成します。

飛び切り良い石を使っても30万円なんてかかりません。

もし、芝墓地をご検討するのであれば「材料費が掛からないから安く作れる墓石」それを念頭に置いて考えた方が良いと思います。

もし八王子霊園で墓石を考えなら石の坊までお問合せ下さい。

恐らく皆さんが安いと思っている墓石店よりお安く施工が可能です。

総額25万3千円の墓石と総額38万5千円(税込み)のお墓が凄く人気があります

ここ暫く、忙しくプログの更新が遅れていました。

忙しいと言いましても、直ぐに仕事に繋がる話ではなく、コロナの為に自宅にいる方がが多い為でしょうか、メールのやり取りが多い状態が続きました。その中で結構多いのが、本当に23万円でお墓の完成まで全部出来るのか?

そんな内容が多かったです。

結論から言うと「出来ます」

2㎡までのお墓であれば この金額には

石代、彫刻費、戒名彫刻2霊、基礎工事、ステンレス花立香皿代金、更に会社によっては別請求の工事申請代金3520円も含んでいます。

消費税だけ別なので総額25万3千円で完成可能です。

下のお墓が正にそのお墓になります。

 

ちなみに当社の一番人気のお墓は35万円の墓石で下の図面の墓石になります。

こちらは税込み38万5千円になります。

4種類の石から選んで頂いてこの金額で完成まで可能です。

悲しい事に、今だに「墓石だけで彫刻や建込み代は別なんでしょう?」そう言う問合せもありますが、本当にこの金額だけで完成致します。

悪質な他社の営業に「そんな金額では出来ません」とか「工事費が多分入っていません」何て言っている方が居ると聞いています。

騙されない様にご注意下さい。

本当に安く墓石を建てたいなら 石の坊までお問合せ下さい。都営霊園で2㎡以下なら20万円台~30万円台の他社にない本当の激安墓石があります。

 

 

値引き交渉後の図面変更…全てが無効になる事もあります。

先日の事です、インド黒PANが凄く気に入られていましたが、予算が無いというお客様がいました。

しかも当方が引いた図面も気に入って頂いたのですが、石がインド黒PANで凄く石を使ったデザインだったので予算が出ませんでした、当社は元から薄利多売なので値引きは一切しません。

ですが、図面や予算に合わせて、工場や職人と話しをしてどうにか、予算より僅かに高い位の金額でどうにか落ち着いて、図面や見積もりが完成したのですが…

ここから図面変更が入りました。

ここからが実は問題なのです。

職人や工場が《価格を確定した》のは既にお客様に提出した図面のお墓のみなのです。

そこから図面に手を加えるのは《他のお墓》になります。

つまり別物になってしまいます。

限界まで安くなったお墓の場合は《特別に安くなる》そういうケースが多く《次は認められない》可能性もあります。

新しい図面になった時点で、無効になるケースが多くあります。

ご注意が必要です。

都営霊園のホームルールがかなり進みつつあります。

都営霊園は、基本的に建てられる物は共通なのですが、最近では、その霊園事に、微妙なルールが出来ています。

実際にもう「八柱霊園」では普通に建てているデザインのお墓が「多磨霊園」では一か所手直しが入りました。

逆に「多磨霊園」では普通の事が「八柱霊園」では駄目だった案件もありました。

また、「青山霊園」では書類を出せばOKですが、他の霊園では書類どころか、その工作物じたい認めないという物もありました。

案外、このホームルール自体、知らない石材店があります。

実際に

「これは霊園のルールで建てられません」

その様にお客様に説明をした所、

「他の会社が建てられると言ったから、そちらにする」

と言う事案がありました。

そして、この業者が工事申請をしに行った所、見事にはねられたそうです。

かなり、業者の方は粘られ、担当の方と霊園を回り、「実際に、その図面で建っているお墓を見せて回ったようですが…

「確かに、私がこの霊園にわたが来た当初は、大丈夫でしたが今は違います」

そう言われたそうです。

都営霊園でお墓を建てるなら。

「ホームルール」と「昔はOKだったが今は駄目な物もある」この辺りを考えた方が良いかも知れません。

都営霊園のお墓は 石の坊 まで

 

 

 

都営霊園のルールには各霊園事にルールがあるので注意が必要です!またそのルールは変わってしまう場合もあります。

都営霊園の場合は作り方や寸法にルールがあり、そのルールの仕様通りに作れば基本的に良いのですが…それ以外にも各霊園事に独自に決めたルールがあります。

そのルールは管理事務所で聞かないと解らないという難しさがあります。

例えば、上のお墓です。

7年前には普通に「施工届け」を出して多磨霊園で作れたお墓ですが、今現在は作れません。

今この墓石を作ろうとして「工事申請」を出すと申請の段階で落とされます。

多分、この写真を見るだけで、多磨霊園に詳しい石材店ならその理由が解る筈です。

ですが、都営霊園に詳しくても、多磨霊園に詳しくないと???になります。

ですが6年以上前には普通に工事申請で通っていて…多磨霊園でも数墓建てています。

ですが、今はこのお墓は「多磨霊園」では建てられないのです。

ですが…「染井霊園」「谷中霊園」は問題無く建てられます。

実は、久しぶりに先日、当社でも図面の訂正を指示されました。

簡単な訂正なので直ぐに対応しました。

このホームルールは実際に建てた事が無いと解らないので、都営霊園で墓石を建てる際には、「都営霊園」に詳しい石材店に頼まないと大変な事になります。

都営霊園の墓石は石の坊までお問合せ下さい

 

 

多磨霊園の切図閲覧の注意! 個人の閲覧は「埋蔵施設使用許可証が必要」

つい先日の事ですが、お客様の家が霊園に近かったので、切図での寸法確認をお願いいたしました。1年前には現地確認、採寸をしたのですが、寸法が正しいかどうかを多磨霊園で、切図で再度確認をお願いした所…その結果は何と出来ませんでした!

その理由は個人の場合は身内や本人であっても、「埋蔵施設使用許可証」の原本を持参しないと切図は見せて貰えないとの事です。

コピーと免許証持参でも駄目だそうです…ご注意ください。

何故切図の閲覧を自分でするのか?

その理由は、それさえ押さえて置けば、「自分の区画番号を教えずに、石屋に見積もり」を依頼出来るからです。

多磨霊園で、間口1m×奥行き1.8m これだけ伝えれば、見積もり依頼ができます。

相見積をとられる方は、「区画番号を石材店に教えると嫌な思いするかも知れません」から相見積するのであれば、埋蔵施設使用許可証を管理事務所に持参の上、切図を見せて頂き、正しい間口×ただしい奥行きを自分で覚えて置いた方が得です。

ご注意下さい!

 

 

 

 

 

 

万成は本当に注意が必要です!

最近も良く万成のお問合せを頂くのですが…万成は昔に比べて良い石が無くなっています。

先日も伊豆の方が、当社が安いという評判を聞いたからと「万成」のお見積りを頼まれましたが…今現在の万成は昔の石程目の良い石はない様な気がします。

写真は昔の万成…今の石よりかなり発色が良いのが解ると思います。

余程、万成に思いが無い限りは使わない方が良いかも知れません。

 

 

 

 

 

 

 

ようやくこの業界も始動し始めたようです。

少し前まで、何処の都営霊園を見ても、人が余りませんでした。

それが、ぼちぼちとですが、お参りの人も多く見られるようになりました。

それと同時に、少し前まで工事申請に電車で行くと確実に座れたのですが、今は座れない事も多くあります。

平常時の戻りつつある、そういう実感もあります