都営八王子霊園、都営小平霊園 小芝生墓地の追加!

新作墓石プランに 八王子霊園と小平霊園の小芝生墓地を載せてみました。

安いようで高い、高いようで安いのが芝墓地です。

石を使う量が少ないから安い..そういう反面、物流費や彫刻賃は同じに掛るから安くない、そういう特徴の墓石です。

なのでどの位安くなるか検証してみました。

八王子霊園で15万円 小平霊園の小芝で14万円で施工可能です。

小さくてもやはりこの位は掛かってしまいます、ですがその反面、使う石が少ないので高額な石を使っても安く施工可能です。

小芝生なら20万円、八王子霊園の芝墓地なら30万円も見て置けばかなり高級な石で作れます。

当社 新作墓石プランに具体的な内容がかいてありますので良かったらご覧ください。

都営霊園用、新作墓石 販売開始

都営霊園用の新作墓石を販売開始しました。

今回のテーマは「再現」です。

色々なパターンの墓石を再現しました。

こんな墓石を見た事ありませんか?

これは良く老舗の石材店が作るデザインの墓石です。

石を節約してG623で安い会社で80万円位、高い墓石店だと100万円~110万円で販売されている物です。

それを再現したらどの位の金額で作れるのか?

石の坊で作ればG623だけでなく、3種類の石から選んでも…何と37万円です。

これで消費税以外全部含んでいます。

シンプルな墓石が好みならきっとお好みに合うはずです。

この墓石は大手石材店で好まれる縦長洋型です。 

それをインド黒の新YKDで作って…何と57万円…インターネットの激安石材店で、安い石を使っても60万円~ 50万円~ の時代に インド黒の共石で57万円。

インド黒の共石でこの価格…そして背の高い洋型の存在感..価値ある一品です。

そして最後はこれです。

民間霊園にあるゆとり墓所、ガーデニング墓所を更に石を使わないデザインで.リーズナブルに押さえました。

その結果3㎡で 墓石 新YKD 外柵G688で作って、何と51万円です。

3㎡で51万円..オリジナル墓石でガーデニングタイプ..好きな人には答えられないと思います。

都営霊園の新作墓石はこちらをご覧ください。

ここ一か月物凄く忙しくプログの更新が出来ませんでした。

ここ暫く、契約ラッシュでプログの更新が出来ませんでした。

やはり、都営霊園で2㎡までのお墓が総額23万円で作れるプランは凄い人気です。

この商売をはじめて、此処まで忙しかったのは久々の経験です。

今の世の中、お金はセーブ出来るなら押さえるに越した事はありません。

このデザインで満足できるなら、余分にお金をかける事は無いと思います。

私、自身の考えでは、墓石店らしくないかも知れませんが「お墓にお金はかける必要はない」と思います。

これは霊園に顔を出しているから、良く思うのですが例え、庵治石やスエーデン黒で作っても供養しない人は供養しない物です。

逆に安い石で作っても供養する人はしっかり供養します。

個人的には安い石で作っても今の墓石は昔と違ってしっかりとしています。

使う事に関しては充分です。

だったら、高額な石を使わないで、安い石でも構わないから、少しでも時間を作って「お墓に足を運ぶ事」の方が重要だと思います。

個人的に、「どんな安い墓石であっても大切に掃除して使っている人」を見ると思わず顔がほころびます。

無理して高いお墓を建てて老後の資金を切り崩すより…安い墓石を選んでしっかり供養する..そういう事が必要だと思います。

墓石の施工実績と激安墓石、格安墓石の施工実績は全くの別物です…ご注意下さい!

最近、当社に現地案内のお問合せが良く来ます。

その殆どのお目当ては「新世代墓石」の23万円の墓石~50万円以下の墓石の案内依頼が多いです。

そして、殆どのお客様の第一声が「えっ彫刻費まで全部入っているんですか?」「基礎代金も入っているんですか?」と驚かれます。

他社のネットの激安墓石の販売店の一部では「文字彫刻が金額に入っていない」「基礎代金が入っていないのだそうです!」

正直申し上げて…それじゃセット価格じゃない..そう思います。

それはさて置いて、お客様の多くが 23万円~50万円以下の墓石の見学を望むのは「建っている本当の姿を見たいから」というご要望からです。

当社以外にも 20万円代、30万円代の墓石の販売店がありますが、「実際に建墓した物を見せてくれない」会社が多いという事です。

そこから、お客様がお話を進めた所「赤字商品だから案内は控えて貰いたい」という会社。

「実は、HPには載せて居るけど…こんな物作った事が無い」という会社。

様々です。

実際に、私が都営霊園でみて見ると、他社のHPの激安墓石のデザインが余り建っていません。

そして、そういった会社のHPを見ますと..高額なお墓の写真ばっかりで、肝心の激安墓石の写真が1枚も載ってなかったりします。

何が言いたいのかと言うと…高額な墓石は作っているが…本当は激安の墓石や格安の墓石を作った事が無い..そういう墓石店が意外に多いのです。

実際に私と親交のある老舗の石材店は…「このご時世だから載せているけどさぁ..作った事ないし、余り作りたくない」そう言っていました。

案外、墓石は沢山の経験がありますが…激安墓石の製作はした事が無い…そんな石材店も多く居ます。

そう考えたら、案外 激安墓石の製作の経験不足..そういう石材店も多く居ると思います。

当社はお得感がある石材に拘って作っています…もし、拘りがございましたら 石の坊までお問合せ下さい。

まごころという言葉は余り使わない方が良い!

最近、「まごころ」を前面に押し出している会社がいます。

先日千葉県の石材店とお話した時です。「うちはまごころを込めて墓石を作っているから高いんだ」そのように言っていました。

思わず言ってしまったのは「本当にまごころを込めたなら墓石は安くなるはずだよ」です。

まごころの意味は辞書によると「他人のために尽くそうという純粋な気持ち。偽りや飾りのない心。誠意。 」

とあります。

私個人の考えでは 

1.品質の良い墓石を安く提供

2.その為に仕入れ先を厳選

3.信頼できる工事を行う

そして…利益を少なくする。

これが 墓石で他人に尽くすという事だと思います。

ですが、どうでしょうか? 例えば、同じような努力しても高額な利益をとっていれば、それは「他人の為に尽くす」では無いと思います。

営業して売っている以上そこには利益がある訳です。だから絶対に「他人のために尽くそうという純粋な気持ち。」ではない筈です。(当社も含んで)

最近、営業でこのまごころという言葉を前面に押し出して、年寄り相手に高額な墓石を販売している会社がいるみたいですが…

本当は、同じ商品であれば、「安い見積もりを出した会社が本当に貴方にまごころを込めた会社です」

どんなに営業が下手でも、ぶっきらぼうに見えても「安い見積もり」をだした会社は..貴方に対してまごころを込めています。

その事を考えて相見積を見た方が良いと思います。

新しい石の取り扱い

ちょっと珍しい石の取り扱いを始めました。

右から スターギャラクシー  ムーンホワイト 639H です。

特に639Hは 新世代墓石でもそのままの金額で選べる石の一つにする予定ですので是非ご検討下さい。

スターギャラクシーとムーンホワイトもなかなか見られない石です。洋型だと凄く映えると思います。

一見の価値ありです。

本当に安い墓石…写真が無い会社にご注意。

ここ暫く、新世代墓石が好評で忙しくプログの更新が出来ませんでした。

今現在、現地案内や商談は2週間待ちとなっています。

その理由としてはやはり23万円という圧倒的な安さにあります。

他社だと結構安く書いていても「基礎や彫刻、据え付け」が別料金だったりします。

案外、総額(これ以上掛からない金額)で20万円以下は少ないです。

実際に売り出している石材店でも、理由をつけ購入させて貰えず、延々高いお墓を勧められる事もあるそうです。

安いお墓を売り出して居ながらその写真や施工例が無い会社には注意が必要です。

当社は本当に23万円 税込み248000円のお墓を多数建てています。

激安のお墓がご希望なら是非 石の坊まで

今はコーキングは化粧みたいな物だと思って大丈夫です。

墓石のコーキングについて最近良く質問を受ける事があります。

「コーキングが切れたけど入れ直ししたい」「コーキングが剥がれけど大丈夫なのか?」

答えから言うなら最近のお墓であれば放って置いても大丈夫です。

昔ならいざ知らず、今はセラミックボンドで施工していると思います。

固まる前は怖いですが、固まってしまえばセラミックボンドであれば雨が入っても影響は受けません。

更に言うなら、石の組み方までしっかり設計されたお墓はボンドすら無くとも一部のパーツを除いて壊れません。

その為、最近ではしっかりと施工している建込み屋さんでは「化粧コーキング」「化粧ゴム」「化粧目地」と呼んでいる会社もある位です。

実際に解体撤去の仕事をすれば解りますが、コーキングした場所でも暫く経った墓石は水がはいっています。

ですがその状態でも、そのパーツを壊さず切り離すの(割ってしまえば別ですが)ならかなりの時間を掛けないと外せません。

その為、当社にコーキングの修復の依頼が来た場合は基本的に「見栄えさえ気にならないなら治さないで大丈夫ですよ」と答える事が多いです。

実際の所コーキングってただのゴムです、カッターで簡単に斬れる物です。..墓石の石は夏場には石の種類によりますが、目玉焼きが焼ける位熱くなる場合もあります。

また、冬場にはマイナスの温度になります。 

そんな状態に晒される物なので細かい所まで見れば、案外早いうちから剥がれや切れが出てくる場合があります。

時間が経ち汚いから全部入れ替えたい、こういう場合なら石屋に頼むのも手ですが、小さな物なら「クリアーコーク」を少量擦り付けたり、DIYが出来るなら、その部分だけ「同色のホームセンターで売っているコーキング」を上から入れるだけで充分ですし、気にならないなら「何もしなくても問題はおきません」

あくまで見栄えだけの問題そう考えても大丈夫です。

その為、当社ではコーキングの相談が来ると新しい作りのお墓なら「気にならないなら何もしないで大丈夫です」その様に答える事が多いです。

ちなみに、当社の場合は全部のコーキングの入れ替えは 2㎡ほどで全部剥がして入れ替えて7万円位。 簡単な修復で2万円程。

ただ、これすら個人的には勿体ない…そう思います。

(これは当社で施工したお墓の見解です、他社施工の場合は違う場合もあります、ご注意下さい)

最近、建築関係の方からの問い合わせがあるのですが…少し困っています。

最近建築関係の方から「お墓を作りたい」というお問合せを複数頂いているのですが、困っています。

大手の建築会社の人からは図面も何枚も作らされ、通常では使わない石材もどうにか使って欲しいという要望がありました。

その使う石材が、御影石ではあるのですが建材専用で墓石の商社では扱いがありません。

しかも調べたら、もう18年以上前に使われた石で現在はもう手に入らない。という話でした。

「絶対にその石が良い」という要望だったので、中国の商社にどうにか探してもらって、その石が手に入るなら「絶対に注文する」と約束したのに、いざ手に入ったら、メールも電話も通じなくなった。

他のお客様で、当社が広告に載せている30万円台の墓石で、「価格を押さえて複数の石を使いたい」そういう要望がありました。

何と1つの墓石で9種類もの石を使うデザインで、カラー図面もつくり、価格も抑えて30万円代後半で出したのに「今はやっぱり良いから」と断られる。

他のお客様では、

基礎の打ち方から、石の作り方までCADで制作…何とか話についていくとミリ単位まで細かい指定がある。

作った事がない物なので「その図面の整合性が解らない」し、自分の経験からは古い作り方で、使い勝手が悪いお墓の代表のような感じだった。

しかも、使っているCADが墓石では標準的な物で無いので「数字を落とし込んで作り替えなければならない」し、通常では考えられないような細かい注文なので

中国の工場に旨く伝えるのが難しい。 それを無理をいって図面や石のカットをしてして図面を作成するも 細かい変更がある。

工場が対応が難しいと回答があったので「日本工場で高くてもお願いした方が良い」というアドバイスもするも、駄目。

この様な状態がのお客様が多数続いています。

ちなみに、「基礎は俺はプロだから自分で打ちたい」や「CADで全部作成して、この通りに間違いなく作って」このタイプはむしろ大歓迎です。

普通の人が「出来る所はDIYするから出来ない所を作って」も大歓迎です。

無理難題を要求されて「クリア出来た」のに連絡がつかなくなる。

それは「墓石屋の範疇を越えている」だから断っているのにそれでも..

というのはちょっと遠慮したくなります。

三方根石が無いお墓があった。

先日、多磨霊園でリフォームの相談がありました。

そのご相談のお墓が向って左側なのですが、見ておかしいと思いませんか?

何と、境界に腰石も羽目も無いのです。

つまりどういう事かというと、前の部分だけ作って三方は他のお墓の物を使って、勝手に埋めてしまった。

そういうお墓なのです。

都営霊園にはこういったお墓が沢山あります。

下手にリフォームすると周りのお墓も壊しかねないので注意が必要です。