「国産墓石」と「純国産墓石」の違い。国産墓石の表記について


「国産墓石」について今回は書いてみようと思います。何故こんなプログを書くかと言うと茨城の知り合いの石材店からメールを頂いたからです。最近、インターネットやチラシで「国産墓石」と表示して販売している会社が増えてきてました。一般の方からしましたら、「国産墓石」なのだから、作っているのは「日本」だろう。そう思われるかも知れません。ですが、実は「国産墓石」と表示されている石の大部分は「中国加工品」です。「えっ中国加工だったら国産墓石とは言わないんじゃない?」そう思うと思います。 「国産」の意味を辞書で引くと「自国で生産・産出すること。」となります。墓石の例で見ます。まず「日本の石ですから日本で産出しています。」では生産については「生活に必要な物資などをつくりだすこと」とあります。「墓石に使う石材は勿論日本の石材丁場から切り出しています。」その為に「生産している」という事になります。結果として「中国加工の国産墓石は問題は無い」という事になります。実際に当社でも中国の「日本の石材に強い商社に良い石がある」時には「中国加工の国産墓石」も販売しています。ですが、それはちゃんと「中国の加工工場で加工します。」と伝えて販売します。そうしないとお客様が混同してしまうからです。 又、全部の工程を日本でするものは「純国産墓石」として販売。「純国産」という表記であれば加工も全部日本で行わなくてはなりませんので安心できます。 又、「純国産墓石」について知らない石材店、、、結構いるんです。そんな石材店の場合は「加工も日本ですか?」と確認するのも一つの手だと思います。ちなみに100万円前後での見分け方は「中国加工の国産墓石は加工が沢山ついた物」「国内加工の国産墓石は加工が少ない物」になります。ちなみに「純国産墓石」なら「日本の商社の産地証明(場合によっては採掘地記載)+工場の加工証明」が付きます。 「中国加工の国産墓石は」中国商社の産地証明か自社の産地証明がつきます。この辺りで見分けると良いかも知れません。写真は「純国産墓石」の写真。余り加工がついてないのが解ると思います。「純国産墓石」も「国産墓石」もお客様のニーズに合わせてどちらも激安価格にて販売しています。国産墓石のご用命なら石の坊まで
。「純国産墓石」も「国産墓石」もお客様のニーズに合わせてどちらも激安価格にて販売しています。国産墓石のご用命なら石の坊まで

雨の日のお墓の施工や難しい施工について


雨の日のお墓の施工について良く書かれています。殆どの内容は書かれておりますが、他の方が書かれていない内容について今回は書いてみようかと思います。雨の日のお墓の施工をしている多くの墓石店は「自社で施工職人」を抱えている会社です。よく考えて下さい。 施工用の職人を3人会社で抱えていたとします。もし、梅雨などで天候が崩れ、雨が降り続く日が1週間あったらどうでしょうか? 月給で給料を払っているので「遊ばせる訳にはいきません。」その結果、「雨でも仕事してね。」そうなってしまいます。当社の様に「外注で職人に施工を依頼している場合はどうか?」職人も雨の日に作業をしたくないので「しっかりと休み」をとります。「天候が悪い時にはしっかりと仕事をしないで貰いたい。」その為に納期として3か月頂いております。そうする事によってより良い日に施工をして頂けます。ですが、、、「それでも、何が何でも雨の日に施工をして貰いたい。」そういった場合はどうなるのか、、、まず引き受けてくれても「職人さんへの支払いが割り増しになります。」 実は過去に数回、勤め人時代も含んで、雨の日の施工をした時があります。お客様のご希望や納期のせいでその日にするしか無かったのですから仕方ありません。 その1例が 「易者絡みです。」 易者の先生に占ってもらった結果、、「9月11日(すいません日時は適当です。)にお墓を建てると運が開けるから、絶対にこの日に施工して下さい。」そして、建墓予定日近く 私「あの、9/11には大雨になるというお話しですが、それでも建てますか。」 お客様「その日を過ぎると3年間お墓を建てたらいけないらしいので絶対お願いします。」 職人「流石に暴風雨じゃ無理だよ。」 仕方ないのでこの職人からの紹介で「特殊工」にお願いしました。実は「他の職人が出来ない仕事ややりたがらない仕事を完璧にこなす職人がいます。」ただ、金額がむちゃくちゃ高額です。 雨のケースの時は何と石を屋根付きのトラックで運んできました。そして、特殊なパックで包んできて(スーパーの魚等に近いです。)そして現場にサーカスで使うテントの小型版を設置。大体近くのお墓を含んで15件くらいまで広がっていました。そして専用ヒーラー(?)を石に挟み込んで充分乾燥させて施工してきます。 そして接着にはセラミックボンドに更に特殊薬品を入れて施工。最初から最後まで一切雨に触れずに施工。又ヒーラー(?)を挟んでいたので湿気すらなく施工。まさに神業でした。ただ、金額は通常同じ工事をするなら10万そこそこの職人への支払いに対して払った金額は確か36万円。特殊な事をお願いするという事は金額が掛かるという事です。この職人は実は千葉にいるのですが依頼条件の一つが「絶対に写真を撮らない事。」これは技術を盗まれたくないからだそうです。腕は良いけど高額すぎて普通じゃ使えません。 ちなみに、このエピソードは勤め人時代のエピソード、、この後私に待っていたのは、「始末書と部長の激高」でした。  当社、石の坊に置いての失敗は写真のお墓です。実はこのお墓を建てた霊園、昔しは重機を使って良かったのですが、、、しばらく前から「重機は一切使ってはいけなくなってました。」たしかに周りのお墓を見ると、、芝台が割ってあったり、8寸角だったりしました。なのに、写真の様な大きな墓石で契約してしまいました。しかも黒御影、、100キロを超えるパーツ多数、これは人工を増やせば対応できますが、一番恐ろしかったのは「700キロのパーツ」と「400キロのパーツ」がありました。職人から「物理的に出来ません。」との事でした。そしてまたもや「特殊工」の出番。ちなみにこの二つのパーツを特殊なワイヤー入りの帯で4人で持ち上げて載せて去っていきました。時間にしてものの1時間。ちなみにこの方も写真撮影不可でした。金額は、、、書きませんが「信じられない位高かったです。」それでも、思いっきりサービスしてくれた金額。正直、当社のお墓4件分以上の利益が飛んでいきました。  結論からいうなら、「雨の日の施工や特殊な施工でも難なくこなす凄腕の職人はいる。」ただし、高額すぎるのでまず、使えない。そんな所でしょうか? 

総額30万円 税込み総額324000円のお墓をリニューアルしました。


以前よりホームページで販売していました、30万円のお墓をリニューアルしてみました。幾ら30万円とはいえ、もう少し高級感が欲しかったからです。最低限必要な物加味した上で、出額なども付けてみました。この金額で、墓石代金、積み立て代金、標準彫刻代金、戒名彫刻2霊、基礎工事代金(尺基礎13ミリ鉄筋入り) ステンレス花立 香皿つき。しかも都営霊園の工事申請、初回納骨手数料もサービス。 石は今現在は3種類から選べます。本当意味での激安価格のお墓が欲しいのなら石の坊まで都営霊園での施工なら絶対の自信があります。 その他にも税込み50万円以下のお墓のデザインも2種類ご用意、是非お問合せ下さいませ。

お墓のレンタルがありましたが、、、どうなのでしょうか?

最近、マスコミやインターネットでお墓のレンタルという物を見かけました。一件画期的なシステムに見えて、お墓もここまで来たのか、そう考えたのですが、、、一番安い1.0㎡で月々2900円で15年契約、、、それって2900円×12×15=522000円~って事。しかも払い終わっても自分の物にならない。今だと安いお墓なら30万円台から販売されているのでちょっと高いかも知れません。実はこれれと同じような物は20年近く前に売り出された事があります。その時は永代使用料も込みで30年間で70万円程度、、、ですが思ったより不評で売れませんでした。又都心部では小さいお墓に限り通常のお墓を購入して、永代供養を認めて貰えるお寺もあります。 お墓の再利用が出来るようにならないと本当の意味でのレンタルは出来ないような気がします。

最近は忙しく


激安墓石店に移行してから、中国の工場視察に余り行けなくなりました。関西の石材店の社長や千葉の石材商社の社長に誘われているのですが、今回も見合わせる事になりそうです。利益を削るという事はその分、時間が無くなる事。最近はそう思えるようになりました。幸い、友人の商社や石材店が情報を教えてくれるので今の所困りませんが、、、この数年、東京近辺の墓石の事情はここ暫くでずいぶん変わりました。大手石材店でも今まで、120万円で販売していたお墓も今では一番安い石限定ですが、WEBの石材店に頼まなくても、大手石材店で勘違いしてない石材店やおかしな営業に捕まらなければ60万円台で手に入れる事が出来ます。石の坊の当初の金額が60万円前後で充分激安と言われたのが夢のような思い出です。今ではとうとう、激安墓石と言えるのはやはり40万円以下の価格だと思います。お墓に対してお金が掛けられない人がそれでも沢山います。まだ、当社の様な30万円台でお墓を建てる激安価格の墓石店が必要なのだと痛感しました。 激安墓石の事なら 石の坊まで

墓石を黒く染め上げる薬品


良く一部で話題になっている「墓石を黒く染める薬品」について今回は書こうと思います。実は20年位前に中国の工場見学に行った時に山西黒に薬品を塗っている作業を見た事がありました。当時、特に山西黒という中国産の墓石がすぐに茶色く変色するというお話しがありました。その後、元々の山西黒は茶色い石だと解ったのですが、元々茶色い石に塗っただけで真っ黒な綺麗な石にしてしまう薬品。どんな物か興味がありました。一度気になり手にして見たかったのですが、今回「試しに手に入れて見ました。」残念な事に税関にでも引っかかってのでしょうか、届いた時には外側のビニールに緩衝材が破られていて更に悲しい事に漏れて出ていました。まぁ実際に使うのではなく、「どんな物か知りたい。」それだけだったのでこれでも良いのですが、、、物凄い薬品です。 御覧の通り、真っ黒な液体です。ビンが割れていて到底使い物にはならないのですが、こぼれている物をボロキレにつけて 古い石材見本を磨いた所、まるで新品の様に綺麗になりました。 多分一番近い物だと靴磨きの液体に近い感じがしました。 こういう液体は偽装品とかでなく、「メンテナンス品」とて販売して頂けたらなと思います。ただ、これ普通に販売してくれません。どうしても見たいと言ったらフィルムケース1本分だけ特別に送ってくれた物です。ですが、旧真壁町の役物師とかリペア職人は持っていそうな気がします。 まぁ知的好奇心が満たされたのでこれで良しと思います。 ただ、新品の墓石に使うのは言語道断ですが、もし、これが補修用の薬品として日本で出回ったら、凄く良い物だと思います。最も、そんな事になったら、新しい墓石が売れなくなるので、きっと「日本では販売されない。」と思います。ちなみに送ってくれた商社も「うちでは使ってないし、付き合いが無い工場から特別に貰ってきたから、二度とは送れない。」そう言われました。ただ、「包丁って料理にも使えるけど、凶器にもなる。」こういう薬品も「偽装」に使うのでなく、「古い墓石のリペア」として使えるなら凄く良いような気もします。

国内の石材商社を使うという事。


たまに石材店の中で「品質管理の為に国内の商社を通しています。」そのように言われる方が結構おります。ですがこれはどうなのでしょうか?言っていることは半分は正しいですが、半分は間違っています。 例えば、この会社が施工を自社でしないなら、「石の仕入れも他人任せで施工も下請け。」それはいわゆるブローカーになってしまいます。ただ、もし、職人を抱えていて施工を自分でするならそれは立派な石材店です。だって、トラックを走らせて一生懸命お墓を建てているのですから、そりゃ「石の発注から仕入れなんて出来ません。」ただ、国内の商社から石を仕入れるのと、足を運んで信頼できる海外の商社から仕入れるのであれば、個人的には足を運んで海外の商社から仕入れる方が品質の良い物を仕入れられる気がします。だって、工場の雰囲気から何から「自分の目で見られるのですから。」活気がある工場で加工しているのか? 目が死んだ魚の様な従業員の工場なのか?その判断が出来ます。そして新しい石材の発掘もする事が可能です。あと国内の商社を通して石を仕入れると、確かに楽ですが、その分、同じ石で仕入れ値が2割~4割高くなります。何しろ、G623が中国で日本円で才辺り5800円位だった時に日本の商社の仕入れ値が8600円だった時もあります。これは金額の差より石自体に%を掛けているので、高級な石材程、海外商社と日本商社では差が開きます。写真の外柵はスエーデン黒のボナコートです。墓石部分はスエーデン黒のエボニーで制作しました。高級石材であればあるほど、海外の商社の方が安くなります。ただ、国産の石、それも高級な物の中でも最高品質の物は流石に日本商社に軍配が上がります。なので両方を使い分ける技量も石材店には必要だと思います。高級石材~激安墓石まで何でもこなせる、それが石の坊の目指す物です。もっとも薄利多売なので高級な墓石でも安かったりします。

高級石材も実は結構販売しています。

良く、激安の墓石店は安い石材ばかり販売している、そう思われるかも知れないですが、実は、石の坊の場合は「高級石材」も結構沢山販売しています。その理由は高額販売している石材店の614の価格でインド黒が建てられたりするからです。又、どんな石材を購入いただいても工場のランクから全部説明致します。その為、クンナムEレベルの石で年に十本以上、スエーデン黒レベルで年に3本~5本、国産大島で年に1~2本位はでます。 M1-Hやインパラブルークラスも結構販売しています。 特に最近多いパターンは他社の「インド山崎」の金額でM1-Hやクンナムが買えるんだと感動して購入して下さるお客様が増えてきました。 実際に都営霊園の現地案内をしても「高級石材も多いね。」と言われるお客様も多いです。 安い石を安く販売するのは個人的には本当の激安墓石店では無いと思います。高級な石材をも薄利で販売するのが激安の墓石店なのだと思います。 意外かも知れませんが、当社が文京区にあるせいか、六本木や青山や成城、田園調布の方からの墓石の建立依頼も多く受けています。高級墓石も石の坊にお任せ下さい。 (写真はクンナムEを美術工場レベルで加工した物です。)

最近また一件ご契約をお断りしてしまいました。


これはごく、最近の事でしたが物凄く文字に拘りのあるお客様に出会いました。当社の場合は「オリジナル建墓」を売りにしているので拘るのは問題は無いのですが、、、一番困るのは、拘るのに「こちらのお願いを聞いてくれないお客様」です。写真は某霊園の壁墓地のプレートでお願いしたことです。普通に●●家と彫る方が多く、通常は字体と文字の大小位にしか拘りません。 ですが、このお客様の場合はまず、そこから拘りがあり、現地案内の時に文字のバランスを見られました。その中から「当社制作の物で一番文字の配置が好みの物を選ばれ、この大きさと配置でお願いしたい。」その様に言われるのです。 ですが、この文字は実はそのお客様が用意した文字なので、通常の彫刻屋さんの文字の中にありません。お金の追加も極力したくないというので、中国の文字工場にお願いして「(番号)と同じバランスと似たような文字を選んで作成してと頼みました。」 本来は当社の場合は文字が決まらなくてもご契約をするのですが(ちょっとした物なら何でもサービスしてしまうので)この方の場合は「拘りがありそうだな。」と思い「文字見本を見て気に入って頂けたらご契約しましょう。」とこちらから延期。完成した文字見本をお見せすると、文字のバランスが好みで無いと言われます。具体的には「文字の中の1文字のみ大きさを変えて下さい。」と言うのです。「バランス的におかしくなりますよ。」とご提案すると、「それを決めるのは貴方でなくお客の私だから」まぁそうなのですが、文字工場に聞いて見ると可能だけど、数ミリ小さくした所で原稿には反映されないから「指示書で寸法を指示して欲しい。」そう言われました。そのままお客様に伝えると「反映されたものが見れないんだ。」と、「数ミリの差だと反映がされないので、そのままの原稿で数字のみの指示になります。」と説明。「それじゃ怖くてお願い出来ない。」その様に言われるので、「それであればご自身で用意して頂ければそのまま彫るので、作成してくれませんか。」「安く文字を書いてくれる書家の先生がネットでいますので正面文字のみ作成されては如何ですか。」そんな感じのやり取りをしました。「文字が嫌いなのでなくバランスだけなんだ」と言うので私の方も少し考えて上記の写真の様な物を作成して見ました。文字が嫌いで無いならこんな感じで寸法指定すればお客様の好みのバランスになると思ったからです。 結局、面倒臭くなったのか「最初のままで良い」に。次に引っかかったのは「建立者名」です。ここを伸ばして欲しい。との事でした。ですが、普通に考えて文字を間延びさせるのはおかしく見える可能性があります。これも文字工場に確認した所「可能だけど、おかしなバランスだからクレームをつけない条件なら」という事に。そのまま伝えると、これも「それじゃ怖くて出来ない。」そこで、もし宜しければ「文字の彫刻だけ日本にしますか」と提案します。勿論割り増しが掛かります。ですが、真壁に腕の良い彫刻屋さんを知っているので石だけ仕入れて「そこに彫刻を依頼」して直接お客様とやりとりさせれば良いか。そう判断しました。ですが、「それじゃせっかく石の坊さんで安く買えるメリットが減る」との事。次に当社から「当社でなく、ご要望通りのお墓を作れる会社をご紹介しましょうか?」と提案。
(勿論、紹介料なんて貰いません。)先輩の石材店で、元が文字彫刻屋さんからスタートした石材店があったのでそこを紹介しようと思いました。がそれも嫌だと言うのです。 そして最後が「妥協するしかないのかな。」、、これを聞いてしまったので、、、失礼かと思いましたがお断りさせて頂きました。 お墓は一生の買い物です。だから「妥協はして欲しく無いのです。」だって、100%の望むお墓が手に入る方法があるのに、、それを妥協して欲しくない。嫌な言い方かも知れないが、そこを妥協したら、「いつか自分のお墓に対しての愛着が持てなくなる。」そう思いました。当社は安いのでそのまま契約すれば良いのかも知れません。ですがここまで「妥協して契約して頂く」とその行きつく先は「あの石屋に頼まなければ良かった。」に繋がります。 実際にこの方の場合は実は神奈川なので霊園案内1回、自宅訪問2回しているので結構利益的にもきついのですが、気分を害するのも覚悟してお断りさせて頂きました。もし、拘りの墓石、妥協しないお墓を作りたいなら石の坊まで激安価格で対応させて頂きます。

当社の苦手な事。


当社の苦手な事、、、それは「標準的なお墓」になります。 写真の和型を見て頂けると解るかもしれませんが、お客様から特別に頼まれなければ、和型の場合は 最高級型(香箱 切り出し亀腹 水垂 経机香炉、 独立花立 水鉢)が標準になります。そこに周りとの兼ね合いでスリンを付けたりします。 洋型に関しても同じように豪華な作りになります。30万円のお墓はそこまでできていませんが35万円以上のお墓では極力豪華に作っていきます。ただ、悲しい事にお客様の中にはシンプルな物を好むお客様もおります。そういったお客様に高級型が見栄えだけでなく、水捌けが良くる事。サービスでつけている、丸面取りは欠けにくくなるという説明が案外苦労します。それと言うのも大手石材店の営業や中堅会社の営業の中に「飾りだけで何も効果が無い。」そのように説明している営業がいるからです。 墓石を高額で販売している会社の中には三点加工(香箱 切り出し亀腹 水垂)を付けるだけで墓石金額の30%アップとか、加工賃で30万円取っている会社もあります。そういった会社の営業の中にはお金が無いお客様に逃げられないように、金額のアップが見込めないお客様に「標準でも充分大丈夫です、高級型って飾りだから特に必要がないんです。」そう説明をする営業がいます。 そういう営業からお話しを聞いたお客様に図面を見せると「高級型」の価値がわかって貰えなく、価値が解って頂けません。その説明に時間が凄い時に3時間かかる場合もあるし、最後までそんな物要らないと言い切るお客様も、、、個人的にはせっかくサービスしているのですから、最高級型のままで建てて頂きたいのですが、、、、最高級型のお墓を激安価格で建てたいなら石の坊まで